これでショートカット可能。成長と成功のスピードを加速させた3つの習慣

パソコン人生をコントロールする
スポンサーリンク

「知識を増やして仕事で活躍したい」

「より良い人材になって評価されたい」

 

こんな風に考えている、ビジネスマンの人はいませんか?

 

この記事を読んでいるあなたは、きっと成長に余念がない、素晴らしい意識の持ち主だと思います。

自己成長するためには、たくさんの知識を吸収して、血肉にすることが大切。

 

ぼく自身、自己成長を追い求めています。

そのために苦しい思いもしてきたし、どうやって努力するのが正解なのか、考え込んだこともありました。

 

かいぞう
かいぞう

楽な方法はないと知りつつ、効率的に成長をしていきたい…!

 

こんな風に、知識を増やして成功したいという気持ちが強かったです。

その甲斐あって今では、成長するための効率の良い方法を知ることができ、毎日の自己成長を実感できています。

 

では、自己成長を加速させるためには、どのような行動をすれば良いのか?

それは、以下の3つの方法を抑えることから始まります。

 

  • アウトプットの質を上げる。頭ひとつ抜け出せる意見を
  • 読書量を増やす。経験や知識の吸収をショートカット
  • 挑戦回数を増やす。「失敗→改善」のサイクルを癖付け

 

この3つのことを抑えておけば、知識のインプットが捗り、アウトプットの質を高められます。

結果的に、成長や成功に繋がっていき、上司や先輩、後輩や取引先から認められる存在になれるでしょう。

 

この記事は「成長速度を加速させて、周りに認められたい」「効率の良い成長方法を探している」と考えている人に、読んで欲しいと思っています。

 

人生に、無駄な時間はありません。

少しでも早く成長や成功をするため、最短ルートで攻略していきましょう。

 

スポンサーリンク

アウトプットの質を上げる。頭ひとつ抜け出せる意見を

仕事

アウトプットの質にこだわりたい、そう思っている人は多いかと思います。

他の人とは違った意見を言うのは、勇気がいることですが、周囲から認められる大きなポイント。

ただし、やみくもに意見を言うだけでは、ただの「見当はずれな人」になってしまいます。

 

他の人とは違った視点で物事を捉え、説得力のある意見が言える人を目指しましょう。

 

そのために、しっかりした知識を身に付け、客観的な意見が言えるようになることが大切。

自分本位な意見を言うだけでは、ただの的外れな意見となってしまいます。

 

頭ひとつ抜け出した意見が言える存在を目指すため、違った視点で意見が言える人材を目指しましょう。

 

これで差がつく。違った視点で意見が言える人になろう

人と同じ意見を言うだけでは、周りと差を付けることができません。

ここで大切なことは「反対意見を言うことではない」ということです。

 

ただ反対をするだけなら、誰でもできます。

 

反対をするのではなく「別の意見を言う」ということを意識しましょう。

もちろん、賛成や反対をするだけの場合も必要ですが、違った視点で物事を考える癖は、付けておいて損はないです。

 

アウトプットの質を高める意識付けをするだけで、成長スピードを上げられて、周囲から認められやすくなります。

 

 

読書量を増やす。経験や知識の吸収をショートカット

読書

成長したいという人は、ぜひ読書習慣を付けましょう。

もし読書習慣がないなら、すぐに本を買って読んでください。

そして、読書習慣があるという人は、どんどんインプットを増やしましょう。

 

本には、先人たちの人生経験や、たどり着いた末の考え方などが詰まっています。

 

自分の人生経験から、物事を考えるのは大切です。

でも、それだけでは人生経験は足りないし、考え方も偏ってしまいます。

 

読書をすることで、いろんな人生経験をつまみ食いできるし、考え方の幅を広げることができます。

 

一番手っ取り早い。効率良く成長するために、読書習慣を付けよう

読書は、一番手っ取り早い成長方法です。

セミナーや勉強会に参加するよりも、手軽で、安い。

 

1日30分でも良いので、ぜひ読書習慣を身に付けてみてください。

 

自分が経験できる人生経験には、限りがあります。

足りない人生経験は、本の著者から学べば補えるのです。

 

読書を習慣化して、インプット量を増やし、成長速度をどんどん加速させていきましょう。

 

 

挑戦回数を増やす。「失敗→改善」のサイクルを癖付け

挑戦

アウトプットの質にこだわっている人は、挑戦を躊躇するケースがあります。

これは、失敗をためらってしまうからです。

 

断言しますが、失敗のない人生なんて存在しません。

 

アウトプットの質を高めるためには、どんどん行動して、ガンガン失敗し、そのたびに改善しましょう。

改善を繰り返すたびに強く成長できるし、そのたびに成功に近付きます。

 

行動してアウトプットの回数を増やすことで、結果的に質も高くなっていくでしょう。

 

とりあえずやってみる。改善の回数を増やして、アップデートを重ねよう

失敗がよぎって行動を躊躇するのは、とてももったいないことです。

それは、成功から学べることよりも、失敗から学べることのほうが多いため。

 

アウトプットしないと、アウトプットの質は高くなりません。

 

例えば、何かに挑戦しようと思うとき。

 

  • 失敗をしないように1年じっくり戦略を立てて、行動する
  • 失敗前提で1週間で行動し、失敗したら改善をする

 

この場合、明らかに後者のほうが成長と成功スピードが速いです。

 

失敗してなんぼ、そこから改善を繰り返すほうが、合理的かつ効率的に、成長できます。

早めに行動して、早めに失敗し、その都度改善をして自分をどんどんアップデートしていきましょう。

 

 

まとめ

仕事

以上の3つを習慣化すれば、成長と成功のスピードを、格段に上げられるようになるでしょう。

 

  • アウトプットの質を上げる。頭ひとつ抜け出せる意見を
  • 読書量を増やす。経験や知識の吸収をショートカット
  • 挑戦回数を増やす。「失敗→改善」のサイクルを癖付け

 

周囲の人よりも、早く成長したいという人は、日頃の習慣を見直してみてください。

きっと改善できるポイントはあるし、それを実行していけば人生により良いサイクルが生まれます。

 

大きなステップを踏む必要はなく、小さなステップを習慣化することが、成功への近道です。

 

周りに置いていかれないために、周りから一歩抜け出すために。

今一度、生活や仕事の習慣を見直して、自分をアップデートし続けられるように変えていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました