ゆとりを生む方法アリ。仕事の精度を上げるために絶対に必要な3つの事実

効率化させる
スポンサーリンク

「仕事の精度を上げたい」

「仕事の精度が低いせいで、信頼が薄い」

 

そんな風に悩んでいる、ビジネスマンの人はいませんか?

 

仕事で信頼されるには、スピードや精度が大切。

でも分かってはいるものの「精度が一向に上がらない」という人も多いかと思います。

 

ぼく自身、仕事の精度には、人一倍気を付けています。

それは、精度が悪い仕事をして上司から怒られたり、取引先から信頼をしてもらえなかった経験があるから。

 

 

このようなツイートをした通り、精神的なゆとりは良い仕事を生みます。

 

ぼくが、どのようにして「精度の高い仕事」ができるようになったのか?

それは、以下の3つの事実を理解したからです。

 

  • 仕事は「確認」と「改善」を済ませないと、完了したことにはならない
  • 期限ギリギリはNG。先回りで、精神的ゆとりを手に入れる
  • 無知はミスを生む。聞かないことを恥じて、無駄なプライドを捨てる

 

この3つの事実を理解しておけば、精度の高い仕事ができるようになると思います。

結果的に、仕事に追われる毎日を改善でき、上司や取引先の信頼を得ることに繋がるでしょう。

 

この記事は「仕事の精度が上がらなくて困っている」「仕事の精度が低い自分を変えたい」と思っている人に読んで欲しいと思います。

知っておくだけで得をする事実なので、明日の仕事から意識するようにしてみてください。

 

スポンサーリンク

仕事は「確認」と「改善」を済ませないと、完了したことにはならない

仕事

与えられた仕事をこなして、ひと段落…していませんか?

こなすだけでは、精度の高い仕事とは言えません。

 

仕事は「修正点がないかを確認し、改善できるところを直すまで」が仕事です。

 

「確実に仕事が完了した」と思っても、上司にミスを指摘されたという経験はありませんか?

それは、確認不足のせい。

どんなに完璧に仕事をこなす人でも、このような事態は想定できます。

 

「確認」と「改善」をめんどくさがらずに繰り返せば、仕事の精度は上がっていきます。

 

ひと通り終わらせた…これはただのひと区切り。完了までやり切ろう

仕事の完了は「確認」と「改善」の先にあります。

しっかりと「完了」までやり切ることが、仕事の精度を上げるコツです。

 

ひと通り終わらせて満足するのではなく、それはただのひと区切りであると理解しましょう。

 

ひと区切りすると、ちょっとした満足感が生まれますよね。

でも、そこからが仕事の精度を上げる勝負なんです。

 

精度の高い仕事をするためには「確認や改善もワンセットである」と、考えておきましょう。

 

期限ギリギリはNG。先回りで、精神的ゆとりを手に入れる

ビジネス

精度の高い仕事は、精神的なゆとりから生まれます。

そのため、期限ギリギリに仕事を終わらせるのでは、精度の高い仕事は見込めません。

 

仕事はどんどん先回りして終わらせ、待つぐらいの気持ちで構えましょう。

 

例えば、3日後が期限の仕事は、今日のうちに終わらせておく。

早めに取り掛かり対処しておくことで、精神的にゆとりを持って、仕事ができます。

 

余裕を持って仕事をするのは、仕事の精度を上げるコツのひとつです。

 

仕事をこなすのに精一杯では精度が下がる。余裕を持って取り組もう

仕事量が多くて仕事に追われているときって、ミスが増えませんか?

これは、余裕がない状態で仕事に追われているからです。

 

常に先回りして、期限まで時間的余裕がある状態で進めていくのが理想です。

 

もちろん、急に仕事が入ったり「明日までに仕上げてくれ!」と上司に頼まれることもあるでしょう。

そんな時でも余裕を持って対応できるよう、仕事をため込んでおかないのが大切です。

 

急な仕事にも対応でき、さらに精度の高い仕事ができるので「先回り」は絶対におすすめしたい仕事術です。

 

無知はミスを生む。聞かないことを恥じて、無駄なプライドを捨てる

仕事

知らないことを、知らないまま仕事を進める。

これでは、精度が高まらないのも無理はありません。

 

聞くことを恥ずかしいと思うことこそ、恥ずかしいことです。

 

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」と言います。

知らないことを聞けないまま過ごすと、知らないことだらけになってしまうので注意しましょう。

 

余計なプライドは捨てて「分からないことを素直に聞く」ことが、仕事の精度を上げるポイントです。

 

分からないことを放っておくと、大きなミスに繋がってしまう

仕事で分からないことが出てくるのは、普通のことです。

それを知らないからと言って、何も悪いことではありません。

 

ですが「分からない」「知らない」まま終わらせてしまうのは、悪いことです。

 

仕事の精度を上げるためには、分からないことを潰していくのが大事。

「分からないことを、分からないまま放っておく」と、大きなミスに繋がり痛い目に遭います。

 

疑問点や不明点は、上司や先輩にその都度確認し、コツコツと分からないことを減らしていきましょう。

 

まとめ

仕事

以上の3つの事実を理解していけば「仕事の精度が上がらない」という悩みを解決していけると思います。

 

  • 仕事は「確認」と「改善」を済ませないと、完了したことにはならない
  • 期限ギリギリはNG。先回りで、精神的ゆとりを手に入れる
  • 無知はミスを生む。聞かないことを恥じて、無駄なプライドを捨てる

 

仕事の精度を上げるのは、難しいようで実は単純です。

社会人としての基本を抑えておけば、自然と精度を上げられるでしょう。

 

しかし、ほとんどの人はこれを実践できていません。

その結果「仕事の精度が悪い」と悩んだり、上司や取引先に怒られることになるのです。

 

今一度、自分の仕事ぶりを見直して、改善をしてみてください。

基本を守れば、精度の高い仕事ができるはずなので、さっそく明日の仕事から実践していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました