好循環が生み出せる。「行動」と「改善」を習慣にできる3つの考え方

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「行動しても、なかなか結果が出ないからやる気が失せる」

「どうせ結果が出ないから、行動する気が起きない」

 

そんな風に考えている、ビジネスマンの人はいませんか?

 

行動しないと結果は出ないし、仕事での成功はあり得ません。

でも、分かっていたとしても、行動するのには体力を使うし、勇気もいるし。

なかなか、行動って習慣にできないものですよね。

 

ぼく自身、なかなか行動できないタイプの人間でした。

めんどくさがったり、勇気が出ずに臆病になったり。

 

かいぞう
かいぞう

行動が大事!ってよく聞くけれど、何がどう大事なの?

 

そんな風に、モヤモヤと「行動できない毎日」を続けていました。

ですが今では「行動」と「改善」を繰り返して、小さな成功や大きな成長を成し遂げています。

 

なぜぼくが、行動を習慣にして成長することができたのか。

それは、以下の3つのことを理解し、実践を繰り返したからです。

 

  • その行動はなんのため?本質を見抜けば、行動が加速する
  • 行動と改善はワンセット。改善を目標にして、行動のハードルを下げる
  • 普通は失敗する。行動回数を増やせば増やすだけ、成功回数は上がる

 

この3つのことを意識していれば「行動」と「改善」を習慣にすることができます。

結果的に、仕事やプライベートで大きく成長し、結果が出せる人間になれるでしょう。

 

この記事は「行動を習慣にしたい」「成長していきたい」と思っている人に読んで欲しいと思っています。

行動できない自分にうんざり…、行動を習慣にして結果を出したい…、という悩みを解決していきましょう。

 

スポンサーリンク

その行動はなんのため?本質を見抜けば、行動が加速する

仕事

せっかく行動しても、継続できないという人は、多いと思います。

そして継続ができないと、次から新しい行動をするのが、どんどんめんどくさくなってしまいますよね。

 

行動を習慣にするためには「その行動にはどんな意味があるのか」を考えるようにしましょう。

 

意味を考える練習として「早起き」を例にしましょう。

早起きも立派な行動で、習慣にすると「忙しい朝にゆとりが生まれる」「活動時間が増える」などたくさんのメリットがありますよね。

こういったメリットを考えることこそが「行動の意味を考えて、本質を知る」ということです。

 

「早起きする」ことに意味があるのではなく「早起きして自由な時間が増える」ことに意味があります。

 

どんな小さなことにも、ちゃんと「意味」や「メリット」があるというのを理解すれば、やる気アップや習慣付けに役立ちますよ。

 

思考停での行動は意味がない。しっかり意味を考える癖をつけよう

前述したように、意味やメリットを知って「行動する」のは、とても大切なことです。

人間は、得をしないとなかなか継続できないものですからね。

 

思考停止して、盲目的に「やみくもに行動する」と、間違いなく継続できません。

 

「とりあえず行動する」のは良いことなのですが、ちゃんとその「行動の意味」も理解すること。

そうすれば、習慣にするメリットを実感できます。

 

意味を考えながら、メリットを感じつつ。

どんなに小さなことでも「なぜ行動するのか」「どんなメリットがあるのか」を意識して、行動を習慣化していきましょう。

 

行動と改善はワンセット。改善を目標にして、行動のハードルを下げる

仕事

行動をするということは「成長したい」「結果を出したい」からだと思います。

正直に言うと、行動をするだけでは結果は出ません。

 

「行動」は「改善」とワンセットなので、必ず「改善」もするようにしましょう。

 

そうすることで、成長できる良いサイクルが生まれます。

そしてそのサイクルに慣れていけば、継続も簡単になっていくはずです。

 

「行動」を第一目標にしてしまうと成長ができない…、なので「行動」をやめてしまう。

それを回避するために「改善」までを第一目標にしましょう。

 

そうすることで「行動」のハードルは下がるし「改善」までのサイクルが生まれます。

その結果「結果が出る」「成功する」などの成長を実感できるようになるでしょう。

 

行動はただの第一段階。肩肘張らずにまずはやってみよう

「改善」までが第一段階だと考えれば「行動」を大それたことに感じることはないと思います。

たかが「行動」なので、とりあえずやってみませんか?

 

肩肘張らずに、気軽に「行動」を繰り返し、修正点があったら「改善」すること。

 

「とりあえずやってみる」と考えると、かなり気楽になると思います。

そして「改善」が目標になると、その都度成長できるので「習慣化」にも役立つでしょう。

 

「行動」と「改善」をワンセットにし、習慣化することで、成長速度を加速させましょう。

 

普通は失敗する。行動回数を増やせば増やすだけ、成功回数は上がる

仕事

「行動」に慣れていないうちは「失敗」を恐れてしまうと思います。

無理もありません、誰だって失敗はしたくないものです。

 

でも「失敗」はどんな凄い人にもあって普通のことだし「失敗」の数だけ成長できます。

 

例えば、プロ野球選手のバッター。

彼らは日夜トレーニングをし、人生を野球に捧げて努力していますが、どんなに素晴らしいバッターでも打率は4割を超えません。

つまり、最低でも6割は失敗しているのです。

 

どんなに努力をしていても、失敗回数が多いのは普通。

トップクラスの人でも、余裕で失敗を繰り返しているのです。

 

その代わり、たくさんの「行動」をして、その都度「改善」をして、確率を上げる努力は欠かしません。

 

行動回数と改善回数は、数で勝負です。

行動することに勇気を持って、どんどんチャレンジしていってください。

 

行動しないのは損。失敗の回数も、成功の回数も増やそう

行動を繰り返して「失敗の回数」も「成功の回数」も増やしましょう。

行動した回数が多い分だけ、成功のチャンスは生まれます。

 

たった一回の行動で成功しようとするのは、虫の良すぎる話です。

 

どんなに素晴らしい成功をした人間でも、失敗は付き物。

でもその成功を収めている人は、たくさん「行動」を繰り返しています。

 

「行動」を習慣化するということは、それだけ成功のチャンスが増えるということ。

 

失敗を恐れるのではなく、失敗しても普通だという意識で「行動」を習慣化していってみてください。

 

まとめ

仕事

以上の3つのことを理解すれば「行動」や「改善」を習慣化することが可能です。

 

  • その行動はなんのため?本質を見抜けば、行動が加速する
  • 行動と改善はワンセット。改善を目標にして、行動のハードルを下げる
  • 普通は失敗する。行動回数を増やせば増やすだけ、成功回数は上がる

 

「行動する」というと、とても大きなチャレンジのように聞こえます。

また「習慣にする」というのも、なかなか難しいと感じるでしょう。

 

でも、毎日の積み重ねで「行動」「改善」は習慣化することができるし、その結果として「成長」「結果」が見えてきます。

 

「行動」に必要以上にビビらず、それでも大切にしながら、毎日を過ごしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました