もしかしてうつ病?ストレスによる身体の痛みで生活に支障が出た経験談

前向きに生活する
スポンサーリンク

「風邪でも筋肉痛でもないのに、身体に痛みがある」

「整体に行ってもストレッチをしても、身体がだるい」

 

そんな症状に苦しんでいる人はいませんか?

 

ぼく自身、かなり身体の痛みに苦しめられていました。

整体やマッサージ、自宅での入念なストレッチ、どれを試しても、翌日にはまた身体の痛みに悩まされる…。

 

そんな苦しい時期を過ごしていました。

そしてその原因は「身体」の不調というよりも「心」の不調だったのです。

 

そう、ストレスが原因の「うつ病」のせいで、身体に痛みが出てしまっていました。

 

原因不明の身体の痛みに悩んでいるという人に、言いたいこと。

「少しだけでも良いのでうつ病を疑ってみてください」

 

ぼくの場合は、うつ病で療養をし、回復していくにつれて身体の痛みを無くしていけました。

この記事では、実際にぼくが感じていたうつ病の時の身体の痛みについてご紹介します。

 

  • うつ病で身体が痛くなるのか?
  • ぼくが実際に体験した身体の痛み
  • 身体の痛みで生じた影響
  • うつ病での身体の痛みの解消法
  • 就労移行サービスで働き方を変えるのがおすすめ

 

当てはまるという方は、心療内科や精神科の受診をおすすめします。

身体にまで症状が出てしまっているということは、それなりに進行してしまっている状態。

 

早めに環境を変えたり、病院を受診するなどの対処を取りましょう。

ぼくのようにドクターストップがかかる前に、何かしらの行動をしてくださいね。

 

スポンサーリンク

そもそもうつ病になって身体の痛みは出るのか?

うつ病

うつ病って、心とか脳の病気です。

なので、身体の痛みとは無関係のようにも思えますが、実は大いに関係あるのです。

実際に、ぼくもうつ病と身体の痛みの関係は、体験するまで知りませんでした。

 

精神的ストレスが原因で、身体に異常をきたす場合はある

うつ病が原因で、身体の痛みが伴うことは十分にあり得ます。

身体が痛いのが続くのであれば、まずは症状をお医者さんに話し、検査することが大切。

 

ですが、もしも検査に異常がなかったら?

その場合、ストレスやうつ病による身体の痛みと考えることができます。

 

ぼくの場合もそうでした。

実際に病院でたくさん検査をしてみたのですが、結局のところ検査結果に異常なし。

ぼくが受診した病院は、以下の通りです。

 

  • 内科
  • 整体
  • 歯医者
  • 眼科
  • 耳鼻科
  • 脳外科
  • 心療内科

 

結局、心療内科で症状を話し、原因を究明し、ストレスが原因のうつ病と診断。

仕事でのストレスがマックスの時だったので、納得の結果でした。

 

身体の痛みのせいで、ストレスに拍車をかけることもある

身体の痛みのせいで、心にも余裕がなくなります。

そのせいでうつ病に拍車がかかり、余計にストレスを感じてしまうこともあるのです。

 

ストレスで身体が痛くなる→身体が痛くて思うように活動できない→ストレスが溜まる

 

こういった悪循環のせいで、余計にうつ病が悪化してしまうんですね。

当時、この状況から抜け出すのにどうすれば良いのか、とても不安になっていたことを覚えています。

 

負のループは、放っておいても改善されないんです。

改善のための行動をしていかなければ、なかなか回復の兆しも見えないのが現実です。

 

無理なく働ける環境を探すのが、身体の痛みを取る方法のひとつ

ぼくの場合、仕事と人間関係のストレスのせいで、うつ病になりました。

結局ドクターストップがかかるまで働いて、退職してしまい…。

 

その後の生活にすごく苦労したので、同じ過ちは繰り返さないように心がけています。

 

今では、自分なりに無理のない働き方ができています。

そうして、身体の痛みと向き合うことも減り、なんとか日常生活も社会生活も送れるようになりました。

 

できるだけ無理のない働き方をするためにも、無料の就労支援サービスなどを受けてみてください。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

うつ病の時に悩まされていた体の痛み

落ち込む

ぼくが実際に、うつ病の時に感じていた身体の痛みについてご紹介します。

これについては、たくさん本やネットで情報収集をしました。

心療内科の先生にも話を聞いたので、間違いのない情報だと思います。

 

なお、症状の詳細については、以下のサイトでも解説されています。

 

からだの症状|うつ病とはどんな病気?|うつ病こころとからだ
うつ病は「こころ」だけでなく「からだ」にも症状があらわれることがあります。うつ病に伴い“からだが重い”という症状に悩まされたりからだの“痛み”を感じたりする場合もあります。「からだ」の症状では、眠れない、食欲が出ないといった症状等もうつ病の症状です。

 

頭が痛く、重く感じる

頭痛は、いつも悩まされていました。

頭のマッサージをしていたら、少し緩和されていたことを覚えています。

 

ですがしばらくすると、すぐに痛くなってしまいました。

 

頭痛薬を処方してもらったり、ロキソニンなどでなんとか日常生活を乗り切っていましたね。

ただしそれも、応急処置のようなもの。

 

結局ストレスの原因を取り除くしか方法がなかったので、マッサージと薬は手放せなかったのが辛かったです。

 

仕事のことを考えると、胃が痛くなる

元々胃腸があまり強くなかったぼく。

そのせいもあってか、ストレスを感じると胃が締め付けられるような感覚になっていました。

 

特に仕事のプレッシャーから、胃が痛くなることが多かったです。

 

で、うつ病が深刻化してしまった時には、仕事以外のプライベートなことでも胃が痛くなっていました。

例えば、友達から連絡がきた時もそうです。

 

返事を返すのにも胃が痛くなってしまう始末だったので、四六時中怯えるように生活していました。

 

お腹が痛くなる回数が多く、下痢になる

胃の痛みとは別で、お腹が痛くなり下痢が続いていました。

すぐにお腹を下すので、トイレがない空間が耐えられなかったです。

 

トイレのない電車はもちろん、バスや車にもおちおち乗れませんでした。

 

これも薬が必ず必要だったことを覚えています。

すごく不自由な生活を強いられていました。

 

ご飯を食べた後の移動が辛すぎて、お腹いっぱい食べるのに抵抗があり、朝食と昼食はほとんど食べずに生活していたこともあった程です。

 

首筋や肩が常にこって痛い

首筋や肩は、常に凝っていました。

入念にストレッチをしても、一時しのぎ。

 

整体に通い詰め、マッサージを受けてもその1日しか解消されませんでした。

 

原因がストレスなので、何をしても効果が長続きしなかったんですね。

これに関しては薬もなかったので、ひたすら耐えるしかありませんでした。

 

仕事の際は、こまめにトイレに行き、ストレッチを繰り返し、なんとか耐える日々を送っていました。

 

身体的な痛みは、働き方を変えないと解消されない

ぼくの場合は、薬やストレッチでごまかし、その場しのぎを繰り返しました。

そうこうしている内に限界がきて、退職を余儀なくされたんです。

 

そうなってからでは、また仕事を探すのにもひと苦労です。

 

一度退職してしまって、そこから転職活動をするのは困難です。

うつ病を回復させるのにも大変なので、そこに普通に転職活動が入ってくると、またストレスを抱えてしまうでしょう。

 

そうならない為にも、使える制度やサービスは駆使していきましょう。

無理のない働き方を目指すには、いろんな人の助けが必要です。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

うつ病の時の身体の痛みのせいで生じた影響

男性

日常的に起こる身体の痛みは、耐えがたいものです。

それだけで心に余裕がなくなるのも仕方ありません。

また、日常生活や社会生活にも支障が出てしまうのものです。

ぼくは実際に、以下のような影響を感じて、毎日とても疲れていました。

 

仕事に集中できず、ミスや納期遅れを連発

身体の痛みのせいで、仕事に集中できませんでした。

そのせいで大小のミスを繰り返し、信頼も失ってしまいます。

 

そして仕事のストレスに拍車をかけ、自分に自信もなくなっていきました。

 

失望されることも多かったと思います。

そんな自分がふがいなかったし、なんとか頑張ってみたけれど、結局ダメでしたね。

 

何をどうしたらミスがなくなるのか分からず、パニック状態になって、いつも焦りを感じていました。

 

休日に出かけるのが億劫になり、ほぼ寝て過ごす

身体の痛みのせいで、休日はほぼ寝て過ごしていました。

もちろん、たまに出かけてはいました。

 

ですが、仕事のことを思い出すとおもいっきり遊べなかったのが辛かったです。

 

なので、だんだんと休日は引きこもるようになっていました。

それで身体を休めて、なんとか身体の痛みを鎮めようとしていたんです。

ですがそうなると、ストレス発散の機会がなくなるし、運動不足にもなります。

 

悪循環を繰り返していた日々で、今思ってもかなりつらい時期を過ごしていました。

 

整体やマッサージに行き、お金を使いすぎる

身体の痛みをなんとか取ろうと、整体やマッサージに通い詰めました。

リラックスは確かにできるのですが、出費がかさみましたね。

 

ひどい時は、毎週のように通っていました。

 

保険の効く整体なら少しの出費で済みましたが、マッサージとなれば何千円とかかります。

それを毎週繰り返していたら、当然お金は飛んでいきますよね。

 

もっと有意義にお金を使いたいと思い、別のストレスを感じていたことを覚えています。

 

友達と遊んでいても楽しくない

身体の痛みのせいで、友達と遊んでいても集中できませんでした。

そして結局、友達と遊ぶこと自体を、遠慮するようになっていきます。

 

これのせいで休日出かけることも少なくなり、また悪循環が出来上がってしまいました。

 

ストレスが原因で身体が痛いのに、ストレス発散の術を自ら断ち切ってしまったんです。

ですが当時のぼくは、出かけることすらストレスに感じてしまっていました。

 

八方塞がりのような状態だったので、何をするのが正解なのか分からない日々を過ごしていましたね。

 

家族と過ごしていても笑顔になれない

家族に対して、笑顔になれなかったのが一番辛かったかもしれません。

家の中が、ぼくのせいで暗くなってしまうんです。

 

逃げ場と思っていた家の中でさえ、自己嫌悪の発生源となっていたんです。

 

頭痛や肩こりが常にある状態なので、やはり不機嫌にもなってしまいます。

仕事のストレスがあるから、なおさらです。

 

どうしても笑顔になれず、申し訳ない気持ちからさらにストレスを抱え込んでしまっていました。

 

うつ病の身体の痛みを取るには、環境を変えるべき

落ち込む

ぼくの体験談でもあるのですが、うつ病からくる身体の痛みを取るには、環境を変えるのが一番だと思ってます。

薬に頼って身体の痛みを取ることも、もちろん可能です。

 

しかしそれは一時凌ぎでしかなく、根本的な原因解決にはなってないんです。

 

なかなか環境を変えるのは難しいかもしれません。

勇気や気合いが必要なことでもあります。

 

ですが、行動をしなければ、身体の痛みを解消できず、うつ病が悪化してしまうこともあるのです。

 

人間関係を見直して、環境を変える

人間関係でストレスを感じる人は多いです。

そのストレスから、うつ病になったり身体の痛みを感じるようになってしまうこともあります。

 

交友関係や職場の人間関係は、勇気を出して改善していきましょう。

 

正直ぼく自身、うつ病になって人間関係をガラッと変えました。

そのおかげでうつ病は回復していったし、身体の痛みもなくなっています。

 

人間関係って、変えても良いんです。

いずれにせよ、ずっと同じ人間関係でいることなんて、うつ病じゃなくても無理なんですから。

 

思い切って人間関係を改善することで、身体の痛みが解消され、笑顔が増える毎日を送れるようになるかもしれません。

 

転職をして、環境を変える

転職のタイミングは、ぼくにとって後悔していることのひとつです。

うつ病と診断され、身体の痛みを感じる前の、もっと早い段階で転職を決意しておくべきでした。

 

転職をしない我慢をするよりも、転職をする勇気を選択しましょう。

 

早めの行動が、身を助けます。

うつ病になってからの転職でも、遅くはありません。

 

職場環境や仕事内容を変えるだけで、うつ病が回復することもあります。

ぜひ早めに行動をして、働き方や環境の見直しを図ってみてください。

 

環境が変われば、体調が回復することもある

人間関係の改善や転職など、環境を変えることで体調が回復することはあります。

うつ病や身体の痛みに悩んでいるなら、早めに行動しましょう。

 

うつ病が本格化してしまったら、動きたい時に動けなくなる可能性があります。

 

そうなってからでは、転職や就職をしようにもなかなかうまくいかないものです。

少しでも動けるなら、動けるうちに仕事を探してみてください。

 

普通に働けないかもしれない…と感じていても大丈夫です。

頼れる機関を利用して、無理のない働き方を目指して、うつ病を回復させながら仕事をしましょう。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

うつ病なのに環境を変えるのは大変なこと?

落ち込み

うつ病になってしまったら、環境を変えるのも大変と感じるかもしれません。

確かに、かなりの重労働です。

 

なので、専門の機関を利用して、少しでも負担を軽くしましょう。

 

うつ病や精神疾患に強い、就労支援サービスがあったら良いですよね。

そのような民間のサービスは、現に存在します。

 

ただでさえ大変な就職活動。

少しでも楽に進めて、将来長く働けるように、一度利用を検討してみてください。

 

自分ひとりの力で、環境を変えるのは難しい

環境を変えるのは、とても難しいことです。

これはうつ病じゃなくても、大変なこと。

 

だからこそ、みんな就労支援やコンサルを利用するのです。

 

ぼく自身は、利用しなかったことを後悔した人間です。

自分の判断でうつ病の過去を隠して転職活動をし、挙句失敗してしまいました。

 

そうならないためにも、事情に詳しい専門機関を利用することをおすすめします。

 

大変かもしれないが、耐えるのにも限界がある

就労支援サービスを利用したところで、大変そうと思うかもしれません。

ですが、おそらく自分で就活をするよりも、絶対に楽です。

 

何が楽かって、将来的に働き続けられる環境が手に入るからです。

 

今の環境のまま耐え続けるのって、非現実的じゃないですか?

もちろん、うつ病の過去を隠して就職をし、その後回復しながら働き続ける可能性は、ゼロではないです。

 

ですが、うつ病の過去を受け入れてくれ、それに見合った仕事をするほうが、遥かに現実的に稼ぎ続けられます。

 

現状に耐えるのではなく、未来を変える行動をしていきましょう。

そのために、就労支援を受けるのは、打倒な方法だと思います。

 

早めの行動は、未来の自分を助けてくれる

未来の自分を変えるには、現状を変えなければいけません。

正直、うつ病になってしまって身体が痛いのであれば、誰も現状維持は望まないですよね。

 

少しでも現状よりも良くしていきたいと、考えるはずです。

 

そのためには、少しの努力が必要です。

そしてもうひとつ必要なのは、支援してくれる人やサービス。

 

自分ひとりで、未来の自分を変えようと頑張らなくても良いです。

利用できるものは利用して、ショートカットで未来の自分を楽にしましょう。

 

うつ病は放っておいても回復してくれない

残念ながら、うつ病は放っておいて治る病気ではありません。

何かしらの変化がなければ、好転していってくれないんです。

 

特に仕事や人間関係でうつ病になってしまっているなら、なおのこと。

 

自分が変わることはできますが、他人を変えるのはとても難しいです。

仕事内容を変えることはできないし、上司の性格を良くすることもできませんよね。

 

なので、自分が変わる努力をしてください。

そしてそのために、自分を変える努力を支援してくれるサービス、これを利用していきましょう。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

うつ病の身体の痛みを取るためには、就労移行支援サービスを

働く

うつ病による身体の痛みは、ストレスの元を断たないといけません。

もしもそのストレスが、仕事や人間関係なのであれば、ぜひ「就労支援サービス」を受けてください。

 

うつ病などのハンデ「ありき」で仕事を探せる

就労支援サービスは、うつ病や精神疾患のハンデ「ありき」で仕事を探せます。

これは、普通の転職サイトでは活用できないサービスです。

 

うつ病の過去を隠さないでいいだけで、心の負担はかなり楽になります。

 

心の負担だけではありません。

働き方の改善や、お金の稼ぎ方、うつ病の回復にも役立つはずです。

 

隠す苦しみからも解放されるので、心にも身体にも負担がかからない仕事を、見つけ出せると思います。

 

理解のある職場を見つけることができる

うつ病を隠しながら働くのは、とても大変です。

ぼく自身、うつ病を隠して働いたことも、公表して働いたこともあります。

 

正直言いますと、うつ病を公表して働いたほうが楽でした。

 

良い言葉かどうかわかりませんが「大目に見てくれる」のが大きかったと思います。

事情がわかってくれている分、無理なく働かせてくれたのでとても助かりました。

 

うつ病を隠して働くのは、逆にとても大変です。

今後長く働き続ける環境を見つけたいのであれば、隠し事のない職場を見つけることが大切かと思います。

 

お金の心配が解消されるので、不安感を取り除ける

うつ病闘病中での、大きな心配事。

それは、お金のことだと思います。

 

金銭的に不安があると、心を落ち着かせることも難しいですよね。

 

ぼく自身、お金の心配がある程度なくなってから、うつ病は回復していきました。

もちろん安心するほど稼ぐのは大変だけど、生活できる範囲でお金が稼げるというのは大きいです。

 

ぼくの主治医の先生も、お金の不安を消すことは大事と言っていました。

無理のない働き方ができるようになると、きっとうつ病の回復を後押ししてくれますよ。

 

「働いている」という自信を取り戻せる

うつ病の時って、自身がなくなってしまっていると思います。

働けていない自分を情けなく感じたり、将来が不安になったり。

 

もちろんうつ病を回復させるために、十分な休養は大事。

無理に働こうとして焦る必要はありません。

 

ですが、もし無理のない働き方ができて、自信が取り戻せるなら。

自信がつくことによってメンタルは安定するし、うつ病も良くなっていくはずです。

 

ぼく自身、うつ病の時は自信喪失してましたし、劣等感が凄かったです。

ですが、働くことによって、その気持ちから立ち直ることができました。

 

転職をして働き方を変えて、自分に自信を取り戻す。

ブランクがあっても未来を諦めず、仕事を探してみる。

 

それこそがうつ病回復への道のひとつです。

働くということを諦めず、自信を持って毎日生活していきたいですね。

 

うつ病でも「働く」を諦めないための「就労移行支援」

うつ病や障害がある人のために、仕事や働き方の提案をしてくれるのが「就労移行支援サービス」です。

働くことを、諦めないでください。

 

ぼく自身、身体の痛みを感じてドクターストップがかかる程のうつ病でした。

ですが、働くことによってうつ病は回復したし、自信を持って日常生活が送れるようになっています。

 

自分で就活や転職活動をするのは、難しい…。

そう感じている人にこそ「就労移行支援サービス」を利用して欲しいと思います。

 

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

【まとめ】うつ病の身体の痛みは、我慢しないで行動に移して治そう

働く

今回は、うつ病の身体の痛みについて、ご紹介しました。

ぼく自身、すごく苦労した経験があります。

 

ですが、必ずうつ病は良くなります。

絶望的な時間を過ごしましたが、ぼくは日常生活も社会生活も送れるようになりました。

 

うつ病の時は悲観的になりがちです。

ですが、きっと良くなると信じて、毎日を過ごしてください。

 

そのきっかけとして、就労移行支援サービスを利用して、働きやすい環境を目指していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました