こっちが大人になれば解決。職場の上司に怒られるなら実践したい3つの仕事術

考え方をレベルアップさせる
スポンサーリンク

「職場で円滑なコミュニケーションを取りたい」

「上司に怒られるのがつらい」

 

こんな風に、上司とのコミュニケーションに悩んでいるビジネスマンは、いませんか?

 

上司の評価は、企業に勤める限り付きまといます。

「職場や会社内での円滑なコミュニケーション」は避けては通れないだけに、悩んでしまうことも多いでしょう。

 

ぼく自身、上がらない給料に嫌気がさしたり、毎日のように怒られてコミュニケーションに悩んだ経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

「もしかして嫌われてる?」と、円滑なコミュニケーションが取れない自分にうんざりしたことも…。

 

そんなこんなで、円滑なコミュニケーションを取るために、いろんな関係改善策を模索。

 

悩んだ結果、仕事術やマインドのおかげで、上司に怒られる頻度を減らすことができました。

その仕事術やマインドとは、以下の3つです。

 

  • 具体例はExcelのスキルアップ。「仕事の速度不足」を対策
  • 風通し良く。柔軟に「相手に合わせる」という考え方を実行
  • 上司を手助け。負担を肩代わりして上司のストレスを減らす

 

この3つのことを意識すれば、上司から怒られる頻度が減らせ、円滑なコミュニケーションが取れるようになります。

 

上司から怒られる頻度が減らせば「社員として評価が上がり、給料が上がる」「従業員として精神的負担が減る」というメリットが期待できるでしょう。

 

「怒られるのを我慢する」よりも「職場での円滑なコミュニケーションのため」に、前向きに働けるようになると思いますよ。

 

この記事は「上司に怒られる自分を変えたい」「職場の上司と円滑なコミュニケーションがしたい」という人に読んでもらいたい情報です。

上司に怒られて、精神的にきつく、転職を考えている。

そんな自分を、少し楽にしてあげましょう。

 

スポンサーリンク

具体例はExcelのスキルアップ。「仕事の速度不足」を対策

仕事

たくさんの人が、仕事でExcelを使っていると思います。

このExcelをスキルアップして使いこなすだけで、上司から怒られる回数を減らせるでしょう。

怒られる回数を減らせれば、職場での円滑なコミュニケーション実現に役立ちます。

 

上司が怒る原因のひとつは「仕事が遅い」と思われていること。

 

Excelでの資料作成や業務効率化を目指せば「仕事が遅い」自分を変えることが可能です。

そして「仕事が早い」と思われれば、上司からの評価は自然と上がります。

 

結果的に、職場での円滑なコミュニケーションを、実現することができるはずです。

 

「仕事が遅い」を改善して、質の高い働き方を目標にしよう

「仕事が遅い」を解消すれば、上司が怒る理由を、単純にひとつ減らせます。

職場での円滑なコミュニケーションを実現するには、少しでも不安要素を減らすほうが良いですからね。

 

働き方自体に余裕が生まれれば、結果的に職場で円滑なコミュニケーションができるようになるでしょう。

 

この機会に、Excelで業務効率化をして、怒る上司を黙らせましょう。

 

職場で円滑なコミュニケーションを実現するためには、個々のレベルアップが必要です。

 

風通し良く。柔軟に「相手に合わせる」という考え方を実行

仕事

上司に怒られたとき、あなたはどんな態度を取っていますか?

人間ですから、ちょっとムッとしてしまったり、反発した態度を取ってしまうという事例もあるでしょう。

 

それでは円滑なコミュニケーションは実現しないし、職場の空気が悪くなってしまいます。

怒られたら、素直に「上司に合わせる」という大人の対応を心がけてみてください。

 

芯があって、責任感が強い人ほど、これが苦手です。

円滑なコミュニケーションのために、少し柔軟になってみてください。

 

この機会に「相手に合わせる」という、超便利なスキルを身につけてみてはいかがでしょうか?

 

社内でコミュニケーションを取らないのは損。大人になろう

ぼく自身、たくさん反発をして、職場の人から反感を買ってしまいました。

でも「大人になる」という考え方のおかげで、頑固な自分を変えることに成功し、円滑なコミュニケーションを実現させたれました。

 

「怒っている上司よりも、ぼくのほうが大人!」と思い込んで、反発したい気持ちをぐっと堪えてみましょう。

 

このスキルは、円滑なコミュニケーションが必要な場合、全てで役に立つのが魅力。

職場以外の場でも、役に立つことが多いと思います。

 

上司以外にも、先輩、後輩、同僚、お客さんなど…誰にでも通用するので、ぜひ身につけておくことをおすすめします。

 

上司を手助け。負担を肩代わりして上司のストレスを減らす

仕事

そもそも、上司と円滑なコミュニケーションが取れない原因は何なのでしょうか?

「元々怒りやすい性格」「ストレスが溜まっている」など、上司自体がストレスを抱えているケースが考えられますね。

 

では、あなたがそのストレスを取り除いてあげましょう。

 

上司のストレスや負担を肩代わりすれば、結果的にあなたが怒られる頻度も減るはずです。

あなたの評価も上がるし、上司の機嫌が悪い頻度も減ります。

職場のみんなも、円滑なコミュニケーションが取れるようになるはずです。

 

円滑なコミュニケーションのため、あなた自身が上司の仕事を手伝うようにしてみてください。

 

上司が怒る原因はストレス。協力して改善し、組織活性化を図ろう

上司のストレスを肩代わりするメリットは「怒られなくなる」だけではありません。

部下としてのあなたの評価は上がり、上司に認められるようになります。

 

これは結果的に、昇進や給料アップも見込める、おいしい案件。

 

上司自身も、相当なプレッシャーや責任感の中で働いています。

そんな時に、仲間である部下が良い仕事をしてくれたり、円滑なコミュニケーションをしてくれると、評価したくなりますよね。

 

結果的に、職場全体の円滑なコミュニケーションが実現し、気持ちよく働けるようになると思います。

 

上司がストレスを感じていそうなら、その問題解決をする仕事ぶりを見せてみましょう。

 

まとめ

仕事

解説した、以上の3つのことを意識して、上司とのコミュニケーション方法を改めてみてください。

少しの心境の変化や、スキルアップを頑張ってみることで、上司から怒られる回数は激減します。

そして、職場の円滑なコミュニケーション作りに、役立つはずです。

 

  • 具体例はExcelのスキルアップ。「仕事の速度不足」を対策
  • 風通し良く。柔軟に「相手に合わせる」という考え方を実行
  • 上司を手助け。負担を肩代わりして上司のストレスを減らす

 

日頃から意識や行動を変えてみると、上司からの対応も少しずつ変わり、評価や給料アップに繋がると思いますよ。

 

怒る上司を制すれば、職場での円滑なコミュニケーションが実現します。

 

そして、あなた自身のスキルアップや、評価アップに繋げられるでしょう。

そのチャンスをモノにするために、日頃の行動を改めたり、スキルアップのために勉強を始めたりしてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました