朝になると仕事に行けない。シチュエーションに合わせた10個の対処法

前向きに生活する
スポンサーリンク

「朝になると仕事に行けない」

「会社に出勤するのが苦痛でたまらない」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼく自身、朝出勤するのがとても苦痛でした。

最終的にはうつ病になり、朝起き上がることすらできなくなった経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

朝になると仕事に行けないのは、甘えのせいだと思って自分の体を誤魔化していました。

 

ですが今では、仕事に行けない原因を突き止めて、朝になってもしんどくない状況を手に入れています。

 

朝になると仕事に行けないのは「なんとなく」ではありません。

しっかり、理由や原因があるはず。

その理由や原因は、ちゃんと理解して解決しないと、大変なことになります。

 

ぼくのように、うつ病になるまで苦しんでしまう場合もあるので、十分注意してください。

 

この記事では、朝になると仕事に行けないあなたのために、原因や対処法について解説していきたいと思います。

 

  • 朝になると仕事に行けない理由
  • 朝になると仕事に行けない時の対処法

 

読んで頂ければ、なぜ朝になると仕事にに行けないのかがハッキリし、その対処法を知ってもらえると思います。

 

この記事は「朝になると仕事に行けない」「朝の憂鬱な気分をなんとかしたい」と悩んでいる人に、読んで欲しいです。

しっかり対策をして、朝になっても仕事で憂鬱にならない環境を手に入れましょう。

 

スポンサーリンク

朝になると仕事に行けないのは「甘え」ではない

悩み

まず、朝になると仕事に行けないのは、決して「甘え」ではありません。

朝になると仕事が行けないのには、しっかりとした理由があるはず。

 

これが仕事ではなく、遊びなら「行きたくない」とはならないですよね。

 

仕事に行きたくないと思うということは、嫌なことや不安なこと、気乗りしないことがあるからです。

そしてそれは、放っておくと病んでしまうかもしれません。

 

ぼくの場合、朝になると仕事に行けない状況を、必死で誤魔化して出勤していました。

そしてそのせいで無理がたたり、うつ病になってしまったのです。

 

最初はぼくも「自分は甘えているだけだ」と思っていました。

ですが結局、自分で自分の首を締めていたのです。

 

朝になると仕事に行けないのを軽く考えず、ちゃんと対処するようにしましょう。

決して甘えではなく、体や心が不調のサインを出しているからなのです。

 

朝になると仕事に行けない理由8個

寝る女性

朝になると仕事に行けない理由を、8個ご紹介します。

もちろん他にも理由はあると思いますが、代表的なものを抜粋しました。

 

①休み明けで仕事をする気にならない

月曜日の朝や、休み明けの日は、どうしても仕事に行きたくないと思ってしまいます。

たまになら、気分の問題かもしれません。

 

ですが、休み明けの度に毎回思うのであれば、慢性的に憂鬱な気分が残っている可能性があります。

ただの気分、で終わらせるのではなく、なぜそんなに嫌なのか、原因を突き止めたいところです。

 

結局は、仕事が楽しくなく、ワクワクしないからだと思います。

仕事が苦ではなく、お金を稼ぐことに喜びを覚えているのであれば、朝になると仕事に行けないという気分にはならないはずです。

 

②トラブルやミス、プレッシャーがある

トラブルやミス、プレッシャーなどの精神的負担、これがあると、朝になると仕事に行けない気分になるかもしれません。

当然ながらブルーな気持ちになるので、仕事に行くのが嫌になるのも納得です。

 

これも、慢性的なようでは注意が必要です。

 

例えば、ミスをした翌日などは、朝になると仕事に行けない気分になるでしょう。

ですが、なんでもない朝でも仕事に行けないのであれば、常にプレッシャーを感じているということになります。

 

そうなれば精神衛生上良くないですし、仕事のパフォーマンスも落ちてしまうので、注意が必要です。

 

③体に疲れが溜まっている

朝になると仕事に行けないのは、体に疲れが溜まっているせいかもしれません。

十分な休息が取れていなければ、仕事に行きたくなくなるものです。

 

無理をして出社をしてしまっては、体を壊す原因にもなってしまいます。

 

ただ疲れているだけ…と侮ってはいけません。

体の疲れが原因でミスをしてしまい、大きなトラブルになってしまう可能性もあります。

そうなれば精神的にもストレスが溜まり、体を休めるだけでは不調が治らなくなってしまうかもしれません。

 

ただ休めば良い…とは思わずに、疲れを溜めないような生活を心がけましょう。

 

④心にゆとりがない

朝になると仕事に行けないのは、心にゆとりがないせいかもしれません。

仕事が忙しかったり、スケジュール通りに運べていなければ、常に不安感を抱いてしまっていると思います。

 

仕事が終わった夜は平気でも、朝になるとしんどくなるということもあり得るのです。

 

心にゆとりがない状態が続いているなら、リラックスする方法を見つけ出す必要があります。

休日も忙しく遊んでいる人は、なおさら休養が大切。

 

しっかり心を休める時間を作って対処しなければ、毎朝のように仕事に行きたくないと感じてしまうかもしれません。

 

⑤職場の人と仲良くできていない

朝になると仕事に行けないのは、職場の人と仲良くできていないせいもあります。

人間関係の悩みは根深いので、しっかり原因解決をしなければいけません。

 

職場に信頼できる人がいない、相談相手がいないというのは、かなりのストレス。

 

もしも職場の人と仲良くするのを面倒だと思っている人がいるなら、考えを改めてみたほうが良いかもしれません。

職場の人間関係が良くなるだけで、仕事も捗るし、気持ちも楽になります。

 

例えば一人でも悩み相談ができる人がいれば、あなたの職場環境は良くなるはずです。

 

⑥上司が厳しい

上司が厳しいというのも、朝になると仕事に行けない理由に入ります。

パワハラを受けていたり、無茶振りをされたりしていると、朝気分が悪くなってしまいますよね。

 

理不尽で厳しい上司の元で働くのは、精神的にかなりこたえます。

 

ぼく自身、パワハラと激務を押し付けられて疲弊していたことがありました。

気合いで乗り切ろうと思ったけれど無理で、結局はうつ病になった経験があります。

 

部署移動や転職、退職を具体的に計画したほうが、将来の身のためかもしれません。

 

⑦残業が多い

朝になると仕事に行けないのは、残業が多いからという場合もありますね。

「今日も残業で遅くなるのか…」と考えるだけで、憂鬱な気持ちになるものです。

 

また、帰宅時間が遅くなれば、それだけストレス発散の時間もないし、睡眠時間も少なくなってしまいます。

そうなれば睡眠不足やストレスの蓄積になり、余計朝になると仕事に行けないと感じるようになるでしょう。

 

悪循環が始まってしまうので、なんとか残業を回避して規則正しい生活を送りたいものですね。

 

⑧仕事を好きになれない

仕事を好きになれなければ、朝起きるのもしんどいと思います。

朝になると仕事に行けないのは、熱中できていないからかもしれません。

 

もしも仕事が好きだったり、少しでもやりがいがあるのなら、朝になると仕事に行けないとはならないでしょう。

 

もちろん、みんなが仕事を好きではないと思います。

ほとんどの人は、働くのを面倒だと感じているでしょう。

 

ですが、朝になると仕事に行けないと悩むほど仕事が嫌いなのは考えものです。

退職や転職を検討して行動しなければ、一生そんな生活を送ることになってしまいます。

 

早めの決断をして、朝になると仕事に行けない状況から脱していきたいですね。

 

朝になると仕事に行けない時の対処法10個

寝る女性

朝になると仕事に行けないなら、対処法を知っておきましょう。

根本的に解決しなければ、なかなか心と体の不調は良くなりません。

 

しっかり原因究明をして対処法を実践し、朝になると仕事に行けない状況から脱していきましょう。

 

①有給休暇を使って休む

朝になると仕事に行けないなら、おもいきって休んでしまいましょう。

有給休暇があるなら使い、おもいきってズル休みしても良いかもしれませんね。

 

褒められたことではありませんが、ぼくも実際にズル休みをしてしまったことがあります。

おすすめは、ただ休むのではなく休日の過ごし方をしっかり計画すること。

 

  • やりたいことをリストアップする
  • 行きたい場所への旅行計画を立てる
  • 会いたい人に会う
  • 欲しい物を買いに出かける
  • どんな1日を過ごしたいかを考える

 

休むだけで家でゴロゴロしているのは、リフレッシュできません。

遊びに行ったり、買い物に行ったり、趣味に熱中する時間を作るようにしましょう。

 

休む目的は、しっかり心と体をリフレッシュさせることです。

 

例えばぼくの場合は、あまりお金をかけたくなかったのでスーパー銭湯でおもいっきりゆっくり過ごしていました。

このように、自分がリラックスできる環境を手に入れることが大切です。

 

朝になって仕事にいけないのは、きっと心が疲れているから。

ダラダラ過ごすのも良いのですが、できるだけ気持ちが安らぐ方法を探ってみてください。

 

②規則正しい生活をする

朝になると仕事に行けないなら、規則正しい生活を心がけてみましょう。

朝眠くて仕事に行きたくないという人も、多いかと思います。

 

夜早く寝て、朝早めに起きるという生活をしてみてください。

 

忙しい毎日を過ごしていると、夜寝るのが遅くなってしまいます。

貴重な夜の時間なので、寝るのがもったいないと感じてしまうかもしれません。

 

ですがそのせいで睡眠時間が確保できていないと、生活リズムが狂ってしまったり、睡眠不足でつらくなってしまったりします。

それだと、朝になると仕事に行けない気持ちになってしまうのも、無理はありません。

 

  • 家事をサボってみる
  • 睡眠時間をたっぷり取る
  • 帰宅後は早く寝ることに注力する

 

夜寝るのを早くするために、帰宅後の面倒を避けるのもたまには有効でしょう。

掃除や洗濯、料理はできるだけサボり、早く寝ることだけを目標に生活してみてください。

 

夜早く寝ることを目標に生活することで、朝になると仕事に行けない気持ちを和らげることができます。

 

③運動習慣を作る

運動不足になっていませんか?

軽い運動やストレッチは、体の調子を整えたりストレス発散の効果があります。

 

  • 気晴らしができる
  • 自信が回復される
  • 体が温まる
  • よく眠れる

 

それぞれの効果については、以下のサイトで詳しく解説されています。

 

運動 ~ストレス解消法~ │ 生活習慣病を予防する 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会
現代人にストレスを強く感じている人が多いのは、運動不足が原因だそうです。 「運動不足ではなく、仕事の忙しさに疲れているんだ。」「部下がいうことを聞かずに、すぐイライラしてしまうだけだ。」などという人がいますが、これらも運動不足からきたストレ ...

 

朝になると仕事に行けないのは、慢性的な運動不足により、披露やストレスが蓄積されているからかもしれません。

軽いウォーキングや寝る前のストレッチなどで、積極的に運動をしてみましょう。

 

特にデスクワークの人は、しっかり運動をしましょう。

ぼくも基本的にパソコンの前から動かない生活をしていますが、気晴らしの運動は欠かせません。

 

朝になると仕事に行けないのは、体が刺激を求めていて、ストレスを発散できていない可能性があります。

ジムや筋トレ、ヨガやピラティスなど、新しい趣味にもなるかと思いますので、ぜひ生活に取り入れてみることにしましょう。

 

④1日のご褒美を考える

朝になると仕事に行けないのは、直近の嫌なことだけに意識が集中しているからかもしれません。

なので、1日仕事を頑張ったご褒美を用意しておきましょう。

 

  • 映画を見に行く
  • ご飯を食べに行く
  • 友達や彼氏、彼女と遊ぶ

 

趣味や好きなことにどっぷり時間を使うのも良いですね。

仕事が終わって、ただ寝るだけの生活に嫌気がさしているなら、おもいきってストレスを発散するのも良いかと思います。

 

朝になると仕事に行けないのは、嬉しいことやワクワクが足りていないから。

なので意識的に、楽しい時間を作ってあげましょう。

 

仕事終わりに楽しみがあると、その日1日を気持ちで乗り越えられる場合もあります。

 

⑤精神科や心療内科を受診する

朝になると仕事に行けないのは、うつ病などの病気の可能性があります。

この場合は、一刻も早い対処が必要です。

 

精神科や心療内科を受診して、憂鬱な気持ちを取り除いていきましょう。

 

というのも、ぼく自身はこのパターンでうつ病を発症してしまいました。

朝になると仕事に行けないのは気合いが足りないせいだと思い込み、見過ごしていたんです。

うつ病になってしまってからは、朝どころか四六時中、憂鬱な気分に襲われるようになってしまいました。

 

  • 最寄りの心療内科や精神科を探す
  • 診察の予約をする
  • 診察時間内の受診が難しそうであれば、休暇を取る

 

注意点としては、早めに病院の場所をリサーチして、予約を入れておくこと。

心療内科や精神科は、かなり流行っているので、予約がなかなか取れません。

なので、何週間後かの受診になる可能性があるので、早めに予約をしておくことをおすすめします。

 

朝になると仕事に行けないのは、体や心が異常を訴えている可能性があります。

早めに病院を受診して、相談をしたり薬を処方してもらい、対処していくことが大切です。

 

⑥休職を検討する

朝になると仕事に行けないほど心が消耗しているなら、休職を検討してみてください。

症状が重いのであれば、しっかり体と心を回復させることが大切です。

 

休職の仕方がわからないのであれば、心療内科や精神科の先生に相談しましょう。

診断書を書いてくれる場合があるので、診断書を持っていけば会社も休職を受け入れてくれるかもしれません。

 

ぼくの場合は、朝になると仕事に行けない状態になってしまい、ドクターストップがかかりました。

強制的に休まされる形になり、一ヶ月ほど仕事を休職した経験があります。

 

  • 病院で診断書を書いてもらう
  • 会社に事情を話し、休職の許可をもらう
  • 休職したら好きなことに時間を使い、ゆっくり過ごしたりする
  • 休職期間中は勉強や自己投資は控え、心を休ませることに注力する

 

早めに対処をしなければ、うつ病が本格化してしまったり、回復に時間がかかってしまうかもしれません。

体と心の平穏を早く手に入れるため、休職をして英気を養ってみてください。

 

⑦転職情報をリサーチする

朝になると仕事にいけないなら、今すぐに転職情報をリサーチしましょう。

転職サイト、登録していますか?

 

転職情報を調べるだけで、心が休まる場合があります。

 

ぼくの場合は、仕事に行きたくない時ほど、しっかり求人広告を見ています。

自分がやりたい仕事を探している時は心が落ち着くし、明るい将来のことも想像できるので、とても効果的でした。

 

  • 転職サイトに登録する
  • 求人広告を見る
  • 理想の就職先を探す
  • 転職エージェントの話を聞いてみる
  • やりたい仕事や、できそうな仕事を探す
  • 生き生きと働いている自分を想像する

 

朝になると仕事に行けないのは、今の仕事や職場に不満があるから。

そんな状態を回避するためには、転職が即効性があっておすすめです。

 

一生、朝になると仕事に行けない毎日を過ごすのは、とてももったいないことです。

より良い環境に身を置くためにも、転職サイトに登録したり、エージェントと話をするようにしてみてください。

 

特に、転職エージェントと話をするのは効果的です。

自分にできる仕事は何か、どんな仕事の求人があるのかを、客観的に判断してくれます。

 

例えば「dodaの転職支援サービス」などは、無料で相談に乗ってくれます。

この機会に、転職エージェントと話をして、効率的に転職を進めてみましょう。

 

⑧退職して心機一転する

朝になると仕事に行けない、そんな日が頻繁に長く続いている。

それはもしかしたら、かなり限界を迎えているのかもしれません。

 

思い切って退職し、心機一転を図ってみるのも良いでしょう。

 

ですが、簡単に退職ができないという人も多いかと思います。

 

  • 終わらない仕事がある
  • 仕事が途切れない
  • 上司が退職を許してくれない
  • 退職の手続きがややこしい
  • 会社に縛られている

 

これらの悩みのせいで、退職自体が面倒に感じてしまう場合もあるかと思います。

いずれ退職しようと思っても、退職自体に障害があるなら、二の足を踏んでしまいますよね。

そんな時に、退職を肩代わりしてくれる人がいたら、便利だと思いませんか?

 

退職が難しい、面倒だと思っている人のためのサービス、実はあります。

それは「退職代行サービス」です。

 

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

労働問題弁護士ナビ

 

あなたの代わりに、退職の手続きをしてくれるサービスが、退職代行です。

面倒な手続きや会社とのやりとりは、退職代行の業者が行ってくれます。

もりとん法律に従って進めてくれるので、安心と安全は保証してくれているし、退職後もトラブルになることはありません。

 

朝になると仕事に行けないのに、無理やり出勤しているのは得策ではありません。

いずれ限界を迎えてしまい、不満や不安で押し潰される可能性もあります。

 

退職代行のサービスは、電話やメール、LINEで無料相談ができるので、ぜひ話を聞いてみることをおすすめします。

 

退職代行サービスの無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

⑨業務効率化を目指す

朝になると仕事に行けないのは、仕事がうまくいっていないからかもしれません。

そんな時は、業務効率化を目指してみてください。

 

  • 残業が多い
  • 仕事のミスが多い
  • 仕事がスケジュール通りに進まない

 

こんな悩みを抱えている人にこそ、業務効率化は効果的です。

上司に相談をしたり、仕事が早い人の仕事術をマネしてみるのも良いですね。

 

具体的な仕事効率化の方法については、以下の関連記事でも解説しています。

 

 

業務効率化ができると、次のようなメリットが期待できます。

 

  • 残業が減る
  • 上司からの評価が上がる
  • 仕事で成果が出せる
  • 仕事が楽しくなる

 

これらのメリットが実感できるようになると、朝になると仕事に行けないという悩みが解決に向かいます。

仕事のやる気が出たり、ワクワクして働けるようになるからです。

 

真剣に仕事を頑張ってみることで、解決できる悩みもあります。

朝になると仕事に行けないなら、逆に仕事を頑張ってみるのもひとつの方法でしょう。

 

⑩早起きをしてゆとりを持つ

朝になると仕事に行けないのは、朝のゆとりがないからかもしれません。

朝の時間、バタバタしていませんか?

 

朝ゆとりなく過ごしていると、仕事に行く前に体力や気力を使ってしまいます。

そんな日が続くと、どうしても「朝は忙しい」という意識が植え付けられますよね。

 

「朝は忙しい」という意識が植え付けられてしまったら、朝を迎えるのが嫌な気持ちになってしまいます。

そうなれば朝が嫌になり、結果的に朝になると仕事に行けないと感じるようになってしまうのです。

 

夜は早めに寝るようにして、朝の余裕をたくさん作りましょう。

 

  • 夜は早めに寝る
  • 朝食を豪華にする
  • 出勤に余裕が生まれるように早起きをする
  • コーヒーや紅茶など好きな飲み物を、ゆっくり飲める時間を作る

 

これだけでも、朝の気分は随分違ってくるものです。

朝になると仕事に行きたくないのは、朝の時間がバタバタしているからかもしれません。

 

いつまでも寝ていたいと思うのは、夜早く寝ることで解決されます。

少しでも朝の時間を快適に過ごすことで、朝になると仕事に行けない気持ちを和らげることができるでしょう。

 

【まとめ】朝になると仕事に行けないのは不調のサイン

仕事に行けない

今回は、朝になると仕事にいけない理由と、対処法をご紹介しました。

軽く悩んでいるつもりでも、放っておくと大きな悩みになる場合もあります。

 

心と体の不調、見逃さないでください。

 

朝になると仕事に行けないというのは、SOSのサインと考えて間違いないです。

今の状況を変えるために行動しなければ、いずれ行動すらできなくなってしまいます。

 

自分なりの対処法を実践して、朝になると仕事に行けない自分とは決別していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました