明日の自分が楽に。仕事のスピード感についていけないを解決した3つの具体策

効率化させる
スポンサーリンク

「仕事についていけない」

「周りのスピード感に負けて仕事をしている」

 

そんな悩みを抱えている、ビジネスマンの人はいませんか?

 

仕事は、淡々とこなすだけではなく、時には競争にもなります。

競争をするということは、悩みも生まれてしまうもの。

また、上司から厳しい評価をされてしまったら、自己嫌悪に陥ってしまうでしょう。

 

ぼく自身、劣等感の塊でした。

できると思っていた仕事がうまくいかなかった時、自分のふがいなさに絶望した経験もあります。

 

かいぞう
かいぞう

ノルマを達成できない、期限までに仕事が終わらない、同僚よりも仕事が遅い…など。

 

そんな経験をしたからこそ、自分が抱える劣等感の正体や、解消方法について深く考えました。

そしてその結果、仕事についていけない自分とサヨナラし、追い詰められても自分のペースで仕事をこなせるようになっています。

 

「仕事についていけない」悩みを解決した具体策は、以下の3つです。

 

  • 読書しまくって知識武装。本はコスパ最強の教材
  • とにかく仕事を先回り。早めの行動は、未来の自分を助ける
  • 周りと比べるのはナンセンス。自分の良さを徹底的に伸ばす

 

もしスピード感に悩んでいるなら、上記の3つを参考に行動を改めてみてください。

 

「仕事のスピード感についていけない」という悩みは、放っておいても解決しません。

毎日少しずつでも良いので、行動や意識を変えてみること。

そうすれば、劣等感や罪悪感を感じずに、伸び伸びと働けます。

 

そしてその結果、仕事のスピード感も上がり、上司や周りの人の評判も良くなるでしょう。

 

この記事は「仕事のスピード感についていけない」「仕事が遅い自分を変えたい」と思っている人に読んでもらいたいと思います。

ぼくのように劣等感を抱えたまま働き続けて後悔しないように、ちょっとずつ行動に移してみてください。

 

スポンサーリンク

仕事のスピード感についていけない人の特徴7つ

仕事

仕事のスピード感についていけないと悩んでいる人には、これからご紹介するような特徴があります。

逆に言えば、スピード感がある仕事ができる人は、以下の特徴をうまく対処しているので、テンポ良く働けていると言えるでしょう。

 

自分を客観的に見て、特徴が当てはまっていないかチェックしてみてください。

自分を観察することで、仕事のスピード感解消に役立つこともあります。

 

ひとつの仕事に対して時間をかけすぎる

仕事を丁寧にするのは良いことです。

しかし、時間をかけすぎてしまうと、スピード感のない働き方となってしまいます。

 

丁寧さよりも「速さ」を意識することによって、周りのスピード感に合わせられる場合もあるでしょう。

 

知識や経験が不足している

特に若手サラリーマンに多いのが、知識と経験の不足です。

しかし、転職が当たり前の時代となっている昨今、30代や40代以上のミドル世代でも、業界の知識や経験が不足していることもあります。

 

知識は本で吸収し、経験は他人を頼ったりするようにすると、スピード感を持って働けるケースもあります。

 

人間関係をおざなりにしている

他人を頼れない、人を使うことが苦手な人は、周囲のスピード感についていけないことが多いです。

そして逆に、仕事が早くスピード感のある人ほど、他人を巻き込んで働いたり、上手に頼るのが上手。

 

人間関係やコミュニケーションをうまく取れている人ほど、スピード感のある働き方を実現させることができます。

 

ルーティンや習慣が少ない

仕事のスピード感についていけない人は、その場しのぎで仕事をこなしている場合があります。

習慣やルーティンがないと、いつもゼロから仕事をする状態になってしまうからです。

 

習慣化できる仕事や、テンプレ化できる業務は、どんどん効率化をしてルーティン作業にしてしまいましょう。

 

完璧主義すぎる

完璧主義というと、働く上ではとても良い長所になります。

ですが、時にその完璧主義のせいで、スピード感をなくしてしまうこともあるのです。

 

完璧に仕事をこなすことよりも、早く仕事をこなすkとおに、少し重点を置いたほうが良いかもしれません。

 

真面目すぎる

真面目というのも、働く上では大切なこと。

ですが、仕事のスピード感に溢れている人は、良い意味で上手に手を抜けます。

 

真面目な自分を客観視して、手を抜けるところは上手にサボるようにすると、スピード感についていけない自分を変えることができます。

 

手の抜きどころがわからない

良い仕事をするためには、上手に手を抜くのが大事です。

上手に手を抜けるようになると、自然とスピード感のある仕事ができます。

 

なんでも一生懸命になるのは良いことですが、スピード感を重視したほうが良い仕事もあるということを、理解しておきましょう。

 

1. 読書しまくって知識武装。本はコスパ最強の教材

本

「仕事のスピード感についていけない」「劣等感を感じている」という人には、とにかく本を読みまくるのをおすすめします。

一ヶ月に一冊でも構わないし、もっと遅いペースでもOK。

とにかく、少しずつでも本を読み進めることを目標にしましょう。

 

「仕事のスピード感についていけない」と感じていたぼくは、圧倒的に知識が足りていませんでした。

知識がないのを自覚していたので、言動にも自信を持てず、劣等感を抱き、思い切った仕事ができないという悪循環。

 

読書量を増やせば、知識を得られるだけでなく、自信にも繋がります。

その結果、仕事のスピード感アップにも効果が出るようになるでしょう。

 

数千円で素晴らしい人生経験を得よう

ビジネス書や自己啓発系の本は、今でもたくさん読みます。

本は1000円そこらで買えるし、Kindleアプリで読めば、持ち歩く手間も省けます。

 

またぼくの場合は、Twitterやブログ、実際の行動でアウトプットも伴わせ、すぐに血肉にすることを習慣付けました。

 

本に慣れていないという人は、小説でも問題ないと思います。

要するに、他人の考えや人生経験を、自分の中に取り入れることが目的なのです。

 

自分に自信が持てないなら、他人の力を借りましょう。

仕事のスピード感についていけないなら、目の前の仕事を頑張るだけでなく、他からの知識も吸収すると効果的です。

 

 

2. とにかく仕事を先回り。早めの行動は、未来の自分を助ける

仕事

「仕事のスピード感についていけない」という悩みを根本的に解決するには、やはり働き方を変えるのが手っ取り早いでしょう。

明日の仕事、来週やらなければいけないこと、これをできる時に、先回りしてやっておきます。

 

例えば、

 

  • 明日送るメールは、今日のうちに作っておき、下書き保存しておく。
  • 月曜の会議資料は、一週間前に作っておく。
  • 会議の議事録は、テンプレートを用意しておく。

 

などがスピード感を上げる具体策として挙げられます。

もちろん、全ての仕事を先回りすることは不可能です。

でも、可能な先回りは、できる限りやっておけば、常にスピード感のある働き方ができます。

 

先回りが習慣になれば、未来の自分を楽にさせてあげられ、周囲のスピード感についていけないと思う回数も減ります。

 

その場しのぎの仕事が減らして、業務をうまく回そう

「仕事のスピード感についていけない」のは「その場しのぎ」の仕事が多いからです。

「その場しのぎ」でなんとかなるのには、絶対に限界があるもの。

 

仕事の要領が良い人ほど、スピード感を持って、先回り思考で働いているんです。

 

「その場しのぎの仕事」を解消すれば、驚くほど業務がスムーズに回り始めます。

仕事に余裕が生まれ、簡単な作業で時間を奪われることもないし、難しい仕事に時間を使えるようになるでしょう。

 

「いつも仕事に追われている」という人ほど、先回りできる業務がないか、今一度働き方を見直してみてください。

習慣化やルーティン作業化ができれば、スピード感のある働き方ができるでしょう。

 

3. 周りと比べるのはナンセンス。自分の良さを徹底的に伸ばす

スキルアップ

「仕事のスピード感についていけない」と感じている人は、必要以上に他人と自分を比べていませんか?

周りと比べると、どうしても自分のダメな部分に目を向けがち。

 

つまり、自分の悪いところばかりを気にして、短所しか意識しなくなり、劣等感を抱いてしまいます。

もちろん、ある程度のライバル意識は必要かもしれませんが、ぼくの場合は他人を無視しました。

 

他人と自分を比べている限り、劣等感は拭えないし、いつまでも「仕事についていけない」と感じ続けてしまうでしょう。

周囲のスピード感についていけないと悩むのであれば、まずは自分自身と向き合うようにしてみましょう。

 

劣等感の正体は、他人の存在。ライバルは過去の自分に設定しよう

基本的に、他人と比べてもロクなことがありません。

特に「劣等感」を感じたり「仕事についていけない」と思っている人にとって、他人と自分を比べるのはナンセンスです。

 

比べるべきは、過去の自分です。

 

過去の自分よりも「良い判断をしている」「良い仕事をしている」と感じたら、それでOKじゃないかな、とぼくは思います。

少しでも成長を実感して「自己肯定感」を高めましょう。

 

あなたには、あなたなりの良さがあります。

短所を補うよりも、長所を伸ばすほうが精神的に楽だと思うんです。

なので、どんどん自分の良さを伸ばして「仕事についていけない」と思っている自分の気持ちを変えていきましょう。

 

スピード感を意識してしまうと、どうしても他人と自分を比べてしまいます。

ですが、まずは自分自身のスピード感を上げることだけに、集中するようにしてみてください。

 

まとめ

仕事

以上の3つのことを意識すれば「仕事のスピード感についていけない」と感じている自分を変えていくことができます。

 

  • 読書しまくって知識武装。本はコスパ最強の教材
  • とにかく仕事を先回り。早めの行動は、未来の自分を助ける
  • 周りと比べるのはナンセンス。自分の良さを徹底的に伸ばす

 

結局のところ「仕事のスピード感についていけない」と感じるのは「自信のなさ」からきています。

気持ちや働き方を少し変えることで、根本的な部分から「仕事のスピード感についていけない」と思っている自分自身を変えられるでしょう。

 

行動や気持ちを変えるには、日頃から意識していないとなかなか習慣付かないもの。

明日からで良いので、未来の自分を楽にするために、ぜひ紹介した方法を実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました