仕事でキャパオーバーを訴えるのは正解。自己主張をすべき3つの理由

効率化させる
スポンサーリンク

「仕事でキャパオーバーに苦しんでいる」

「キャパオーバーを上司に訴えるのはダメ?」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼく自身、つい無理をしてしまう人間です。

仕事がしんどくても忍耐するほうが良いと思っていたし、キャパオーバーを訴えるのはダメなことだと思っていました。

 

ですが今では、キャパオーバーの時はしっかり訴えられるようになったし、無理をしてメンタルを消耗することもなくなりました。

 

そう考えられたのは、以下の3つの考え方を意識したからです。

 

  • 断れる人間のほうが効率的に仕事ができる
  • 周りを巻き込んで仕事をするチャンス
  • 仕事量の多さが把握、周知できる

 

この考え方を身に付ければ、キャパオーバーでも無理をしない仕事の仕方が実現すると思います。

結果的に仕事で病むことが減り、働くのが嫌になる気持ちをなくすことができるでしょう。

 

この記事は「キャパオーバーで苦しい」「仕事量が多すぎるけれど相談ができない」と悩んでいる人に、読んで欲しいと思います。

 

キャパオーバーを周りに訴えても全然大丈夫だし、逆に仕事をうまく回すチャンスになるかもしれません。

 

スポンサーリンク

断れる人間のほうが効率的に仕事ができる

仕事

仕事のキャパオーバーに苦しんでしまう原因のひとつとして「断れない」というのが原因として考えられます。

頼まれた仕事が断れず、知らず知らずのうちにキャパオーバーしていた、というパターンですね。

 

仕事を受けまくるのは素晴らしいです。

でも、キャパオーバーになってしまうと良い仕事ができないんですよ。

 

キャパオーバーの仕事量を抱えていると、ひとつの仕事に対して、あまり時間や集中力を割けないと思います。

その結果、仕事が雑になったりミスが入ったりするんですよね。

 

それに対して、キャパオーバーになる前に、うまく仕事を断れる人間はどうなのか?

仕事を効率良くこなせて、さらに精度の高い仕事ができるんです。

 

キャパオーバーの仕事で手一杯という人よりも、ゆとりを持って「良い仕事」ができる人のほうが評価は上がるもの。

 

仕事を断るというのも、ビジネススキルなんです。

うまく断ることによって「良い仕事」を「効率的に」行えるようにしていきましょう。

 

周りを巻き込んで仕事をするチャンス

仕事

仕事のキャパオーバーに苦しんでいるなら、周りを巻き込んで仕事をするチャンスなんです。

周りを巻き込んで仕事ができるとどうなるのか?

 

単純に、上司からの評価が上がります。

 

仕事って、自分ひとりで完結させなければいけないものじゃないんですよ。

仲間を頼ってもいいし、助けてもらっていいんです。

 

仕事で大事なのは、仕事の進め方とかプロセスじゃなくて「結果」なので。

上司からすれば、仕事をうまく終わらせてくれる部下を評価したくなるものです。

 

キャパオーバーの時こそ、周りを頼りましょう。

そしてその機会に「うまく周りを巻き込める人」という評価をもらってみてはどうですか?

 

周りに頼るのは、恥ずかしいことではなく、むしろ評価アップのチャンス。

そう思って仕事をすれば、キャパオーバーに苦しむことも自然と少なくなると思います。

 

仕事量の多さが把握、周知できる

仕事

自分の仕事量、把握できていますか?

キャパオーバーになっている時は、ただ漠然と「仕事が多い」と思っているだけかもしれません。

 

この機会に、自分が抱えている仕事のことについて把握してみましょう。

 

仕事量を把握すると、スケジュールや優先順位をつけやすくなるというメリットがあります。

キャパオーバーの時こそ、冷静に仕事の進め方を見直した方がいいんです。

 

また、どんな仕事をどれだけ抱えているかを把握することで、上司に報告もできます。

それによって、いかにキャパオーバーかをアピールすることもできるんですね。

もしかしたら、仕事を減らしてもらえるかもしれません。

本当に無理だとアピールするのは、キャパオーバーになってミスを連発してからじゃ遅いんです。

仕事をきちんとこなすためにも、上司に「いかにキャパオーバーか」を理解してもらいましょう。

 

仕事量は、しっかり把握しておくこと。

そして、どのようにしたらその仕事量から回避できるのかを考える。

 

こうすることで、キャパオーバーで潰れるのを防げます。

仕事量を戦略的に分析するためにも、キャパオーバーになりそうな際は、一度冷静に自分自身の仕事を振り返ってみましょう。

 

【まとめ】仕事でキャパオーバーを感じたら無理をしないこと

仕事

以上の3つの考え方をすれば、仕事のキャパオーバーの時に陥る悩みを減らせます。

 

  • 断れる人間のほうが効率的に仕事ができる
  • 周りを巻き込んで仕事をするチャンス
  • 仕事量の多さが把握、周知できる

 

キャパオーバーだと感じるほど仕事を頑張っているあなたは、偉いし素晴らしいです。

ですが、もう一歩進んだ働き方をするために、キャパオーバーになった時こそ、働き方について考えてみてください。

 

キャパオーバーで苦しい思いをし続けることが、正義ではありません。

 

大事なのは、処世術を身に付けること。

キャパオーバーになる前に、無理のない働き方や考え方を心がけて、良い仕事を連発できるように工してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました