気遣い上手は最高の武器。仕事にも恋愛にも使える万能テクニック3選

前向きに生活する
スポンサーリンク

「気が利くと言われたい」

「上手にコミュニケーションが取りたい」

 

そんな人には、気遣い上手と思われるテクニックを身に付けて欲しいと思います。

 

ぼく自身、気遣いの大事さを知ってから、仕事も恋愛もうまくいくようになっています。

とはいえ昔は、気遣いなんてまったく意識していなかったし、どうしていいか分かりませんでした。

 

かいぞう
かいぞう

気遣いってなんぞや。

 

そんな「気遣い素人」だったぼくですが、色々勉強したおかげで、今では気遣いを癖にすることができました。

今では自然に気遣いができるようになりましたが、実践したテクニックは以下の3つです。

 

  • 見返りを求めずに相手のことを考える
  • 自分よりも相手の気持ちを優先する
  • 言葉遣いに気を付ける

 

以上の3つのテクニックを癖にしていけば、周りの人があなたのことを「気遣い上手」と思ってくれるはずです。

結果的に、仕事や恋愛でのコミュニケーションも、楽になっていくと思います。

 

この記事は「気遣い上手になりたい」「気遣いが自然にできるようになりたい」と思っている人に、読んで欲しいと思います。

良い人間関係の構築のために、気遣いという最高の武器を手に入れましょう。

 

 

スポンサーリンク

見返りを求めずに相手のことを考える

たんぽぽ

気遣いが上手な人は、基本的に見返りを求めていません。

何かを相手にしてあげると、つい自分にも何かして欲しいと思ってしまいますよね。

 

気遣い上手と呼ばれるためには、圧倒的なギブから始めましょう。

まずはギブばかりして、テイクのことは考えない。

 

例えば、仕事の手伝いをしてあげるとしましょう。

そんな時は見返りは求めず、基本的に手伝いまくれば大丈夫です。

 

逆の立場で考えてみてください。

いつも仕事を悪気なく手伝ってくれて、見返りも求めていない人。

好感度が上がりますよね。

 

見返りを求めていないので、こちらも余計な気を使うことがありません。

つまり、見返りを求めていないという気遣いをしてくれているんです。

 

気遣い上手と思われるためには、相手に気を使われてはいけません。

まずは圧倒的にギブして、見返りを求めず、相手が気持ち良くなってくれることだけを考えましょう。

 

自分よりも相手の気持ちを優先する

掌

気遣い上手と思われるためには、自分より相手の気持ちを優先して行動するようにしましょう。

そうすることで「細やかな気遣いができる人」という風に思ってもらえます。

 

人間は、油断するとつい自分のことを考えて行動してしまいます。

 

もちろん、自分のことを考えるのが悪いという意味ではありません。

ですが、気遣い上手と思われるためには、相手のことを必死で考えてあげることが大事です。

 

例えば、恋愛。

好かれたいと思ったら、自己アピールよりも相手への気遣いの方が、よほど効果的です。

アピールばかりしてこられるよりも、自分の気持ちを考えてくれる人のほうが、信頼できるのは当然ですよね。

 

こんな感じで、気遣い上手と思われるためには、まずは自分のことは置いときましょう。

「相手の気持ちを必死になって考える」と、これだけで気遣い上手な性格になることができます。

 

言葉遣いに気を付ける

会話

言葉遣いって、癖になっていますよね。

気遣い上手な人は、言葉遣いにもとても気をつけています。

 

これは相手の気持ちを考えて発言をしたり、言葉ひとつの重みが分かっているからなんですよね。

 

少し難しいかもしれませんので、常に考えて実践し、癖づけていくのが大事。

一朝一夕で身に付かないので、訓練は必要でしょう。

 

例えば、すごく細かい話ですが、気遣い上手な人は「一文字」にも気を遣っています。

「ご飯は〇〇でいい」と「ご飯は〇〇がいい」を比べてみましょう。

前者の「で」だと、少し投げやりな印象を持ってしまいませんか?

そして後者の「が」のほうが、肯定的で前向きな印象を受けると思います。

 

このように、たった一文字にも気遣い上手かどうかのポイントが隠れているんですね。

会話をしていて「この人は気遣い上手だな」と思える人は、少しのニュアンスの気遣いを欠かしません。

 

発言する際は、ちょっとのことでも気遣いをして、相手を気持ちよくさせるような言葉選びをしてみましょう。

 

【まとめ】気遣いは最高のコミュニケーションツール

会話

以上の3つのテクニックや考え方を実践していけば、気遣い上手と周りから思ってくれるでしょう。

 

  • 見返りを求めずに相手のことを考える
  • 自分よりも相手の気持ちを優先する
  • 言葉遣いに気を付ける

 

気遣い上手になるためには、努力が必要です。

毎日意識していないと、なかなか身に付くものではありません。

 

ただしその分、周りの人と差を付けることも可能なんですよね。

 

もちろん、気遣いのしすぎで消耗してしまうのは本末転倒。

気遣いは、さりげなさが大事なんです、しんどそうな態度では、相手に逆に気を遣わせてしまいます。

 

無理なくさらっと気遣いができる人を目指して、少しずつ訓練をしたり、考え方を変えていってみてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました