失敗ゼロへの道。チャレンジを躊躇しないマインドを手に入れる3つの考え方

前向きに生活する
スポンサーリンク

「失敗が怖くて、チャレンジを躊躇する」

「失敗して、恥をかきたくない」

 

こんな風に悩んでいる、ビジネスマンの人はいませんか?

 

失敗は成功のもと、と言いますが、誰だって失敗はしたくないもの。

できれば成功ばかりしていたい…そんな気持ちも分かります。

 

ぼく自身、失敗が頭をよぎって、チャレンジをためらっていた時期があります。

やりたいことに素直に向き合えず、成長を止めてしまっていました。

 

かいぞう
かいぞう

失敗をするのは恥ずかいし、落ち込む。できることだけやろう。

 

そんな風に、大きなチャレンジはせず、アンパイな選択を続けていました。

 

ですが今では、理想に向かってチャレンジを続けていくことができています。

 

なぜぼくが、チャレンジに躊躇しなくなり、失敗をビビらないようになったのか。

それは、以下の3つのことを意識、実践したからです。

 

  • アウトプットしまくる。小さな挑戦の回数を増やし、失敗経験に慣れる
  • 成長は「行動」と「改善」の繰り返し。失敗は極論、ほぼ存在しない
  • 恥は人目の気にしすぎだから無視。自分のことは自分で決めてOK

 

この3つのことを意識すれば、失敗を恐れずにチャレンジができるようになるでしょう。

結果として、仕事でもプライベートでも成長でき、理想的な生活スタイルを手に入れることができます。

 

この記事は「成長したいけれど、チャレンジが怖い」「失敗はメンタルをやられるので、できるだけしたくない」と悩んでいる人に、読んで欲しいと思っています。

失敗にビビらず、どんどんチャレンジできる人生のため、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

アウトプットしまくる。小さな挑戦の回数を増やし、失敗経験に慣れる

仕事

失敗が気になって挑戦できないという人は、そもそもの挑戦回数を増やす努力をしてみましょう。

大きな挑戦ではなく、小さな挑戦を増やすのがおすすめです。

 

小さな挑戦であれば、たとえ失敗したとしてもダメージは少ないはずです。

 

挑戦回数を増やすと、次第に挑戦そのものに慣れていきます。

最初は失敗を恐れていても、次第に「失敗しても大丈夫」という心境に変わっていくでしょう。

 

これが、人間としての成長に繋がります。

結果的に失敗経験に慣れ、挑戦することへの躊躇もなくなっていくはずです。

 

小さくても良いので回数をこなして、挑戦の仕方を身に付けよう

失敗を恐れている人は「そもそも挑戦の仕方がわからない」という人も多いのではないでしょうか?

回数をこなさないと、なかなか挑戦のコツは掴めないものです。

 

どんな小さなことでも構わないので、少しの挑戦を繰り返していきましょう。

 

例えば、コミュニケーションに悩んでいる人は「大きな声で挨拶をする」という挑戦をしてみてはいかがでしょうか?

「声の大きさ」や「明るいトーン」は、相手と良い関係を築く手っ取り早い方法。

もし、適当な挨拶ですませているという人は、ぜひ挑戦してみてください。

 

このような、小さな挑戦で十分です。

繰り返したり、挑戦内容を増やしながら慣れていきましょう。

 

挑戦に慣れると「失敗にビビって何もできない」という自分を変えることができます。

 

 

成長は「行動」と「改善」の繰り返し。失敗は極論、ほぼ存在しない

スーツ

極論になってしまうかもですが、失敗はほぼ存在しません。

失敗をしても「改善」を繰り返していけば、最後には成功するものです。

 

「行動」して「失敗」し「改善」をして「成功」する、これが方程式。

 

キングコングの西野さんの、有名なスピーチがあります。

 

キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式

 

「人生に失敗など存在しない」

15分ほどのスピーチですが、前半で伏線を張り、後半で回収、見事に論じられています。

 

「失敗を失敗で終わらせる」と、それは「失敗」のままです。

でも、そこから改善していくと理論上、失敗はあり得ない。

 

行動をして失敗を繰り返し、失敗を失敗と考えない考え方を身に付けてみてください。

 

過去の失敗も生きてるはず。つらい失敗経験も「糧になる」のを理解しよう

つらい経験や挫折、誰にでも訪れるものです。

これを避けるためには「何もしない」しかありません。

 

でも人間「何もしない」なんて不可能なんです。

 

毎日、普通に生きているだけで、落ち込むこともある。

でもそんなことも、時間が経てば必ず「糧になっている」はずです。

 

失敗経験は、未来の成功のため。

そのことを理解して、過去の失敗やつらい失敗経験を歓迎するようにしてみましょう。

 

 

恥は人目の気にしすぎだから無視。自分のことは自分で決めてOK

仕事

失敗を恐れている人は、他人の目を気にしすぎているのかもしれません。

恥ずかしいと思う気持ちは、誰に立ってあるので無理もないこと。

 

でも、恥をかいたからといって、そんなことかすり傷なんです。

 

確かにその時は、嫌な気持ちになるかもしれません。

でも長い目で見れば、前述したようにそれも「糧になる」と思います。

 

「失敗が恥ずかしいから挑戦をしない」というのはとてももったいないこと。

その分だけ成長するチャンスがあるので、ぜひ恥を受け入れる気持ちを持つようにしてみてください。

 

笑いたければ笑えばいい。挑戦過程で、他人の顔色を伺うのはやめよう

人の挑戦や失敗を笑う人には、笑わせておけばいいんです。

その人は、挑戦や失敗の意味を分かっていません。

 

挑戦をした分だけ経験が増えるし、失敗した分だけ成長ができます。

 

そのことが分かっていれば、失敗をした人を笑うということはなくなりますよね。

むしろ「挑戦した」「失敗した」という人のことを、羨ましがるぐらいが適当なのかな、と思います。

 

他人の顔色を伺って挑戦をしないのは、人生損をしています。

挑戦や失敗を繰り返せば、経験値が溜まって成長できるのは約束されている。

 

そう考えて、明日から他人の顔色を伺うのを、やめてみてください。

 

まとめ

仕事

以上の3つのことを理解しておけば、失敗にビビって挑戦をしない理由が減ると思います。

 

  • アウトプットしまくる。小さな挑戦の回数を増やし、失敗経験に慣れる
  • 成長は「行動」と「改善」の繰り返し。失敗は極論、ほぼ存在しない
  • 恥は人目の気にしすぎだから無視。自分のことは自分で決めてOK

 

挑戦に慣れて、行動回数を増やし、失敗を失敗と感じないこと。

こうすることで、自分自身をアップデートさせ続けることができます。

 

思い切った行動をしなくも、小さな挑戦でも構いません。

「これは自分の中で挑戦だ」と意識して、毎日、毎月、毎年何かしらの挑戦をしていってみてください。

 

日頃の意識を変えることで、失敗を失敗と思わないマインドは手に入ります。

ぜひ参考にして、明日からの自分を少しずつ変えていってみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました