仕事を回しまくれ!デキる人として認められるなら心がけるべき3つの仕事術

男性効率化させる
スポンサーリンク

「デキる人材と思われたい」

「仕事でスキルアップしていきたい」

 

そんな風に考えるビジネスマンの人はいませんか?

 

周りからも認められる、仕事がデキる人。

先輩や上司、もしかしたら後輩など、身近にいるという人も多いかと思います。

 

ぼく自身、そんな人に囲まれていたし、羨ましがっていました。

「自分も仕事がデキると思われたい」と思い、スキルアップや仕事術を模索。

 

かいぞう
かいぞう

仕事がデキると給料も上がるし、周囲から尊敬される人になれるかも。

 

そんな風に感がながら、とにかく「がむしゃら」に頑張っていました。

でも「頑張る工夫」ができていなかったことに、ある日気が付きます。

 

「頑張る工夫」とは、一体どのような仕事なのか?

それは、以下の3つのポイントを抑えることから始めます。

 

  • 断れる人間になる。イエスマンを卒業して無駄を排除
  • 仕事が早い人間を目指す。デキる人の共通点を真似
  • 仕事を止めない。どんどん仕事を回す癖を付ける

 

この3つのポイントを抑えて仕事をすれば、周囲から「仕事がデキる人」という認識をしてもらえるでしょう。

結果的に、上司や同僚、後輩からの信頼も厚くなっていくはずです。

 

この記事は「仕事がデキる人になりたい」「そもそも仕事がデキるって何?」と考えている人に、読んで欲しい内容です。

周りに認められ、自分に自信を持った「仕事がデキる人」になるべく、頑張り方の工夫を実践していきましょう。

 

スポンサーリンク

断れる人間になる。イエスマンを卒業して無駄を排除

仕事

仕事がデキる人は、上手に仕事を断ります。

なんでも引き受ける人は「良い人」ではありますが、どんどん忙しくなって自分で自分の首を絞めてしまうこともあるでしょう。

 

仕事をなんでも引き受ける「イエスマン」を卒業して、働き方にゆとりを持たせましょう。

 

無駄を排除していくと、自分の時間が増えます。

自分の時間が増えると、仕事の精度を上げたり、新たなことに手を付けられるようになるでしょう。

 

なんでも仕事を引き受けている人は「断れる仕事はないか」一度冷静になってみてください。

 

デキる人は無駄がない。ただし断り方にも気を配ろう

仕事がデキる人は、仕事の進め方に無駄がありません。

そのため、やみくもに断っていたら、ただの融通の効かない人

 

例えば、あなたは「雑に仕事を振られた経験」はありませんか?

 

「この資料、作っておいて」など、丸投げするような仕事です。

これを「はい!」とそのまま受け入れると、ゼロから仕事を進めなければいけません。

 

なので「この資料を作るために必要なデータはありますか?」と一言返してみましょう。

もしデータがあるなら、それを貰えば良いし、なければアドバイスを貰うぐらいのことはできるはず。

 

このように、仕事をショートカットする癖を付けてみてください。

そうすることで、ただのイエスマンではない、無駄を排除した仕事ができるようになります。

 

仕事が早い人間を目指す。デキる人の共通点を真似

仕事

仕事がデキる人になるには、どうすれば良いのか?

その答えは、あなたの周りの「仕事が早い人」を観察することです。

 

観察して、仕事方法をパクり、行動していく。

 

これだけで、仕事がデキる人に近付くことができます。

肝心なのは真似をすることに、抵抗を持っていてはいけないということ。

 

良いと思った仕事術や考え方は、どんどん真似して、最短ルートで仕事がデキる人を目指していきましょう。

 

デキる人の真似をするのは最短ルート。仕事術はどんどんパクろう

仕事がデキる人を目指すなら、どうせなら最短ルートを走りましょう。

もちろん努力はコツコツすべきですが、方法を知っておくのと知らないのとでは、成長スピードが格段に変わります。

 

まずは仕事が早い人の真似をして、どんどん自己成長を加速させていきましょう。

 

例えば、仕事が早くてデキる人は、人を使うのが上手いです。

それは、上司や同僚、後輩からの信頼が厚いからこそ為せる技。

 

仕事が早くてデキる人は、普段どんな行動をして、どんな仕事ぶりをしているのか、これを観察するようにしてみてください。

 

 

仕事を止めない。どんどん仕事を回す癖を付ける

仕事

仕事がデキる人を目指すなら、仕事を止めない癖を付けましょう。

自分の持っている仕事がいつも多いと、いつも忙しくて、挙句に精度の悪い仕事をしてしまいます。

 

精度の高い仕事をするためには、仕事に余裕があるのが前提条件です。

 

回ってきた仕事やメールの返信、後回しにしていませんか?

優先順位を付けるのは大切ですが、いつまでも先延ばしにするのは得策ではありません。

 

回ってきた仕事は、片っ端から片付けていき、自分のところで仕事を止めないように工夫してみてください。

 

デキる人は手持ちの仕事が少ない。仕事が入ったらすぐに処理しよう

デキる人の共通点として、手持ちの仕事が少ないというのが挙げられます。

厳密に言えば仕事はたくさん抱えているのですが、自分のところでストップしている仕事は少ないはず。

 

自分のところで仕事を止めてしまうと、いつも追い詰められている状態になり、結果的に精度の悪い仕事しかできなくなってしまいます。

 

例えば、進行中のプロジェクト。

自分主導で進めていたとしても「相手からの回答待ち」や「承認待ち」の状態が多いのです。

つまり「自分が仕事を止めている状態の時間」が、限りなく少ないということ。

 

仕事がデキる人を目指すなら、まず精度アップを心がけること、その為に「自分のところで仕事を止めない」ように工夫しましょう。

 

 

まとめ

仕事

以上の3つのポイントを抑えておけば、仕事がデキる人にどんどん近付けると思います。

 

  • 断れる人間になる。イエスマンを卒業して無駄を排除
  • 仕事が早い人間を目指す。デキる人の共通点を真似
  • 仕事を止めない。どんどん仕事を回す癖を付ける

 

仕事がデキる人になるためには、日頃の努力が必要です。

でも「がむしゃら」に頑張っているだけでは、時間や労力がもったいない。

 

効率的に成長し、仕事がデキるようになるために、働き方を工夫してみてください。

 

毎日コツコツ頑張ることは、継続。

無駄な努力や間違った方向性は改善し、どんどん成長スピードを上げていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました