すぐに休憩でOK。続かない集中力を改善し効率化を実現させた3つの仕事術

男性人生をコントロールする
スポンサーリンク

「集中力が続かないから、仕事が捗らない」

「集中力を持続させて、効率良く仕事を進めたい」

 

こんな悩みを持つ、ビジネスマンの人はいませんか?

 

良い仕事をするためには、高い集中力が必要不可欠。

逆に集中力が散漫だったら、仕事に向き合うことすら困難だったりします。

 

ぼく自身も、続かない集中力に悩まされていました。

もっと集中力があれば、良い仕事ができるのに…と悩む日々。

 

かいぞう
かいぞう

集中力がないせいで良い仕事ができない。ミスも多い…。

 

そんな風に悩む日々でしたが、今では集中力を持続させる方法を身に付け、続かない集中力を改善することができています。

 

ぼくが、どうやって集中力を身に付けたのか。

それは、以下の3つの仕事術を取り入れたからです。

 

  • スマホの通知をオフにする。気が散るものはできるだけ遮断
  • やることや優先事項の整理。ToDoリストを徹底活用
  • こまめに休憩をする。15分ごとに休んでも、やりすぎじゃない

 

この3つの仕事術を実践すれば、集中力を持続させることに役立てられます。

結果的に、仕事をこなせる量が増え、つまらないミスを減らし、効率よく働けるようになると思います。

 

この記事は「集中力が続かないのが悩み」「仕事でもっと成果を出したい」と悩んでいる人にこそ、読んで欲しいと思っています。

続かない集中力を改善させ、精度や効率の良い仕事術を身に付けて活躍していきましょう。

 

スポンサーリンク

スマホの通知をオフにする。気が散るものはできるだけ遮断

男性

あなたは、スマホの通知をオフにしていますか?

通知をオフにするだけで、続かない集中力を改善することができます。

 

せっかく集中していたのに「スマホの通知が鳴ったせいで、気が散った」という経験は多くの人が経験しているかと思います。

 

スマホの通知って、誰かから連絡があったり、お得情報が流れてきて嬉しいんです。

嬉しいからこそ、スマホに気が取られてしまう。

 

喜ぶ気持ちは分かりますが、集中力にとっては大敵なので、今すぐスマホの通知をオフにしましょう。

 

スマホは時間と集中力の泥棒。外的要因は全て排除しよう

スマホは、集中力の大敵です。

時間も集中力も泥棒されてしまうので、仕事の邪魔でしかありません。

 

続かない集中力は、外的要因を排除するだけで、意外と簡単に改善することができます。

 

緊急の連絡に備えて、電話以外の通知は全てオフにしておきましょう。

恋人や友達からの連絡は嬉しいですが、それで集中力が途切れてしまうのは、とてももったいない。

 

今すぐに「通知という名の泥棒」と縁を切って、集中力を途切れさせない工夫をしてみてください。

 

やることや優先事項の整理。ToDoリストを徹底活用

仕事

やることが多く忙しかったり、優先事項が整理できていないと、何から手を付けて良いのかわからなくなってしまいます。

そんな時は決まって、集中力が散漫になってしまうもの。

 

それを解決させるために「ToDoリスト」を活用するようにしてみてください。

 

ToDoリストを活用するメリットは、以下の通り。

 

  • やることが可視化されるので、整理できる
  • 優先事項を目で見て確認できる
  • 仕事のやり忘れが減る
  • 予定を組み立てやすい

 

ざっと挙げてみましたが、もっとあると思います。

仕事のことはもちろん「醤油を買っておく」などのプライベートな予定を、一緒に入れておいても良いでしょう。

 

やるべきことは「覚えておかずに、書き出して、一旦忘れる」ぐらいのほうが良いかと思います。

 

やることは覚えておかなくてOK。書き出して一旦忘れよう

やるべきことは、ToDoリストに書き出して一旦忘れましょう。

忘れることで、目の前のことに集中できるようになります。

 

何か作業をしているときに、やるべきことを覚えておことすると、集中力が乱れてしまいますよね。

 

Aという仕事をしないといけないけれど、Bのことも考えておかないといけない…。

この思考だと、Aの仕事に集中できずに、結果ミスが増えたり効率が悪くなったりします。

 

ToDoリストは簡易的なものでも大丈夫なので、ぜひアプリやエクセルを使って、活用してみてください。

 

こまめに休憩をする。15分ごとに休んでも、やりすぎじゃない

仕事

こまめな休憩は、長時間の集中に必須です。

ひと仕事終えないと休憩しない、という人も多いのではないでしょうか?

 

でも休憩は、15分ごとなどの短いスパンで取るようにしてみてください。

 

疲れ切ってから休憩すると、もう一度頑張るための気力が湧かなかったりします。

長時間休憩しないと、もう一度集中するのが困難になるからです。

 

こまめな休憩は、結果的に長時間の集中を生むことになるので、効率化や精度アップが期待できます。

 

休むと効率アップ。疲れる前に小休止する癖を身に付けよう

集中している状態で休憩を挟むのは、ちょっともったいないような気がしますよね。

1時間ぐらい作業できそうなのに、15分で休憩をするのは早過ぎると思うかもしれません。

 

でも、それぐらいの短いスパンで休憩を入れたほうが、結果的に長く集中できます。

 

1日1時間だけの作業なら、ぶっ続けでできるので良いでしょう。

でも、仕事となると出勤時間は、だいたい8時間。

ランチの時間は休憩だとしても、午前と午後それぞれで、長時間の集中力が求められます。

 

それを乗り切るために、こまめな休憩を取り入れてみてください。

もちろん、がっつり休憩を取るのは難しいと思うので、以下のような方法を試してみましょう。

 

  • トイレに立つ
  • ストレッチをする
  • 目薬をさす
  • 1分ぐらい目を閉じる
  • 深呼吸する

 

この程度なら、近くに上司がいても許されると思います。

続かない集中力に対抗するために、こまめな休憩を挟んで効率化を目指していきましょう。

 

まとめ

仕事

以上の3つの仕事術を取り入れれば、続かない集中力を改善することができると思います。

 

  • スマホの通知をオフにする。気が散るものはできるだけ遮断
  • やることや優先事項の整理。ToDoリストを徹底活用
  • こまめに休憩をする。15分ごとに休んでも、やりすぎじゃない

 

すぐにでもできることなので、ぜひ毎日の生活に取り入れてみてください。

集中力は気合いではないので、改善するのは可能ですよ。

 

集中力は鍛えるのではなく、日頃のライフハックや仕事術でアップさせることができます。

 

集中力がない状態で仕事をこなしていると、ミスが増えたり効率が悪かったりします。

そもそもやる気も起きなかったりするので、集中力はあるに越したことはありません。

 

今日の仕事から実践可能だと思いますので、集中力に悩んでいる人は、ぜひ試してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました