これでイライラ解消に役立つ。つらい満員電車のストレスを克服できる3つの具体策

電車楽に生きる
スポンサーリンク

「毎日の満員電車にイライラする」

「会社に着く頃には、満員電車のせいでやる気が削がれている」

 

こんな悩みを抱えている、サラリーマンの人はいませんか?

 

満員電車は、誰もが消耗してしまう厄介者。

かと言って乗らない訳にもいかないし、みんなイライラしつつも我慢して満員電車に乗っています。

 

ぼく自身、満員電車に疲弊していたうちの一人。

毎日毎日、地獄のような通勤時間を過ごし、精神的な苦痛とイライラが半端なかったです。

 

かいぞう
かいぞう

スマホも本も、新聞も使えない。ただひたすら耐えるしかないのか…?

 

そんな風に悩みながら、満員電車のイライラに耐えていた時期があります。

朝から体力なんて使いたくないものなのに、満員電車のせいで、どうしても消耗してしまっていました。

 

ですが今では、満員電車対策を万全にして、精神力の消耗を減らすことができています。

 

なぜぼくが満員電車のイライラを減らせたのは、以下の3つの具体策を実践したからです。

 

  • 早く寝る習慣付けを。早起きしてラッシュ時を避ける
  • イヤホンはマストアイテム。満員電車では手を使わず耳を使う
  • 満員電車を貴重な時間に。何もせず、考えることに集中する

 

この3つを実践すれば、満員電車での消耗や、精神的苦痛を減らすのに役立てられるでしょう。

結果的に、仕事に行くこと自体のやる気ダウンが解消され、モチベーションを維持したまま出社できるようになります。

 

この記事は「満員電車で消耗する毎日を改善したい」「満員電車のイライラを軽減させたい」と思っている人に読んで欲しいと思っています。

精神的な苦痛やイライラが大きく、出社した時にはヘロヘロ…という状況を、改善していきましょう。

 

スポンサーリンク

早く寝る習慣付けを。早起きしてラッシュ時を避ける

電車

満員電車は、なぜ起こるのか?

「人口が多い」「始業が同じような時間」などが原因として考えられます。

 

その中でも「みんなが似たような時間に乗るから」というのがシンプルな理由です。

 

なので、極論で言えばみんなと同じ時間に乗らなければOK。

それを解消するために「早起き」をおすすめします。

 

早起きして電車に乗る時間を早めれば、満員電車のラッシュを避けることができ、イライラが減ります。

 

「早起き」するためには「定時で帰宅」を心がけよう

早い電車に乗るという発想は、おそらくみんなが考えていることだと思います。

でも、早起きができないからこそ、満員電車は発生してしまうのです。

 

では「早起き」するにはどうすれば良いか。

それは、前日の仕事を早く切り上げる工夫をして、定時での帰宅を目指すことです。

 

「早起き」の根本的解決は「寝る時間を早める」こと。

「寝る時間を早める」には「家に帰る時間を早くする」ことです。

 

定時ダッシュを決め、飲みにも行かず、帰ったら早めの就寝を心がける。

そうすることで、早起きができて満員電車を避けられ、毎日のイライラを減らせます。

 

イヤホンはマストアイテム。満員電車では手を使わず耳を使う

電車

満員電車って、手が使えないですよね。

スマホも読書も、制限されてしまうと思います。

 

そんな時は手を使うのは諦めて、耳を使いましょう。

 

音楽やラジオを聴いてやり過ごしている人は、多いと思います。

ですが、ぼくがおすすめするのは「オーディオブック」です。

 

簡単に言えば、本を朗読してくれるもの。

これを使えば、満員電車でも読書ができるので、つらい通勤時間を有効に活用できるようになります。

 

満員電車の時間に勉強して、自己肯定感や知識をアップさせよう

満員電車での通勤時間って、かなりつらいと思うんです。

ひたすら耐えたり、ゲームなどに逃げるのも、一種のストレス対策かもしれません。

 

でも、時間の無駄だと感じていませんか?

 

満員電車だからこそ「オーディオブック」がおすすめです。

通勤時間のうちに読書ができれば、自己肯定感も上がるし、知識も増えますよね。

 

オーディオブック」を使って、満員電車での過ごし方を、有意義にしていきましょう。

 

満員電車を貴重な時間に。何もせず、考えることに集中する

電車

満員電車に乗っているときって「きつい」「つらい」「イライラする」などの、ネガティブな感情に支配されがち。

そんな時は、何をしても解決できません。

 

なので、考えることに集中するようにしてみましょう。

 

考え込むのは何でも良いのですが、おすすめは「出社してからの仕事の進め方」です。

現実逃避しつつも、ちゃんと現実を考えること。

 

これから仕事に向かうモチベーションをアップさせるためにも、仕事について考え込むようにしてみてください。

 

意外と少ない、考え込む時間。仕事の綿密なスケジュールを練ろう

日頃、仕事のことについて考え込む時間、持てていますか?

多くの人は「出社してから考えている」と思います。

 

でも、出社して考え込むのでは、ちょっと遅い。

 

デキるビジネスマンは、始業と同時に、スムーズに仕事に取り掛かっています。

それは、出社するまでにちゃんとスケジュールを組み立てているから。

 

満員電車でも、考えることぐらいできます。

それに、仕事のことについて考え込む時間って、案外貴重。

 

「満員電車は何もできないもの」と割り切って「頭の中で考えを巡らせる…」そんな時間として使うと、少し有意義になるのではないでしょうか?

 

まとめ

電車

以上の3つの具体策を実践すれば、つらい満員電車での通勤時間を、イライラすることなく有意義に過ごすことができます。

 

  • 早く寝る習慣付けを。早起きしてラッシュ時を避ける
  • イヤホンはマストアイテム。満員電車では手を使わず耳を使う
  • 満員電車を貴重な時間に。何もせず、考えることに集中する

 

正直、満員電車に対して真剣に向き合っても「ただ耐えているだけ、イライラするだけ」では消耗してしまいます。

具体的に対策を練らないと、ぼくのように疲弊しきってしまうので注意してください。

 

満員電車の対策ができれば「仕事にやる気が出ない」「イライラしてストレスが溜まる」という気持ちも改善することができます。

 

今回は、すぐにでも実行できることをご紹介したので、明日から具体的に実践を始めてみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました