これで適度な距離感を保てる。職場の人間関係を気にしない7つの考え方

人間関係で悩まない
スポンサーリンク

「職場の人間関係を気にしない考え方が知りたい」

「どうしても職場の人間関係がきつい」

 

こんな悩みを抱えている、サラリーマンの人はいませんか?

 

ぼく自身、職場の人間関係に消耗して、毎日を苦痛に感じていた人間のひとりです。

コミュニケーションは、社会人として大事。

でも、人それぞれの個性がある中で、そう簡単にはいかないものです。

 

かいぞう
かいぞう

気にしないようにしようと思っても、なかなか自分の意識を変えられない…。

 

そんな風に悩んでいましたが、今では職場の人間関係を気にしない考え方を身に付けられています。

 

ぼくが、どうやって職場の人間関係を気にしないようにできたのか。

それは、以下の7つの考え方を意識して、毎日の行動に反映させていったからです。

 

  1. 職場の人間関係には深入りしない
  2. 職場の人間関係は割り切る
  3. ドライでもいい
  4. めんどくさいなら関わらない
  5. 孤立が嫌なら愛想だけでOK
  6. 無理しない程度を見極める
  7. 「疲れた」「ストレスを感じる」なら無理しない

 

少しずつでも良いので、実践したり考え方を変えてみていってください。

結果的に、人間関係に悩みすぎず気にしない考え方を身につけることができると思います。

 

この記事は「職場の人間関係を気にしないようにしたい」「人間関係を気にせずに働きたい」と考えている人に読んで欲しいと思います。

 

職場で悩んでいるという人は、人間関係を気にしない考え方を身に付けてみてください。

 

 

スポンサーリンク

1. 職場の人間関係には深入りしない。噂話や悪口は絶対にNG

仕事

職場の人間関係を気にしないためには、噂話や悪口に乗らないことが絶対条件です。

というのも、そこから生まれるのは、ドロドロした人間関係だから。

 

ハマってしまえば、気にしないほうが難しくなってしまいます。

 

噂話や悪口は、手っ取り早いコミュニケーション方法のひとつ。

でも、深入りしすぎてしまうと、自分が悪者になってしまう可能性があります。

 

そうなってしまっては、人間関係を気にしない職場とは程遠い環境になってしまうでしょう。

 

悪口や噂話は気にしない。すっと立ち去るのがベター

では、職場の人が悪口や噂話をしている場所に遭遇してしまったら?

そんな時は、すっと立ち去るようにしましょう。

 

無理に話に入る必要はありません、その場から離れましょう。

 

もしも話しかけられて、意見を求められてしまっても、濁してください。

否定や肯定をすると、意見を言ったことになってしまいます。

そうなってしまっては、人間関係を気にしないようにするのは難しいですよね。

 

できるだけ関わらないように、噂話や悪口の話題には入り込まないようにしてください。

 

2. 職場の人間関係は割り切る。あくまでも、仕事は仕事

仕事

職場の人間関係を気にしないためには、できるだけ割り切った関係を築くことが大切。

深い関係になってしまうと、どうしても人間関係を意識してしまいます。

 

少し寂しいような気もしますが、仕事は仕事と割り切るようにしましょう。

 

ただし、数人であれば仲良くしても問題ないと思います。

むしろ、円滑な人間関係を築くためには、そのような人も大切にしておくべきです。

 

でも、全員と仲良くする必要はありません。

できるだけ職場の人間関係を気にしないために、仲良くする人は絞りましょう。

 

仕事中は仲良くしてもいい。ただしプライベートは気を付けて

仕事をする者同士、職場でコミュニケーションは取らないといけません。

人間関係が穏やかなほうが、仕事はスムーズに進みますからね。

 

ですが、プライベートで関わるのはできるだけ避けましょう。

 

というのも、仕事は仕事だからです。

仕事で仲良くできているからといって、プライベートでも意見が合うとは限りません。

 

職場の人間関係を気にしないために「仕事は仕事」プライベートはプライベート」と割り切ってください。

 

3. ドライでもいい。人間関係で悩みたくないなら冷たいぐらいで丁度

仕事

必要以上に、愛想を振りまいていませんか?

それでは、人間関係に疲れてしまいます。

仕事なので、多少ドライでも大丈夫です、無理やり愛想を振りまく必要はありません。

 

人間関係を気にしないためには、多少ドライなほうが丁度いい場合もあります。

 

例えば、どんな人にも愛想が良い人。

人当たりは良いかもしれませんが、それで疲れてしまっては意味がありません。

 

普段愛想を振る舞って人間関係に悩んでいる人は、相手からの目を気にしないような振る舞いを心がけてみてください。

 

冷たい態度を取るのではなく、真面目な態度を心がける

「ドライ」とか「冷たい」というと、極端に人付き合いが悪い人を思い浮かべるかもしれません。

でも、そこまでする必要はないんです。

 

仕事に真面目で、人間関係は気にしないという態度を取ればOKです。

 

愛想を振りまくのも、職場のコミュニケーションという意味では大事かもしれません。

ですが、それで消耗してしまっては、人間関係を気にしないのは遠い夢。

 

仕事に真面目な態度を取って「人間関係は多少ドライ」というキャラを作ってみると楽になりますよ。

 

4. めんどくさいなら関わらない。それは本来の仕事じゃない

仕事

職場の人間関係に悩んでいて、めんどくさいと感じている。

それは、本来の仕事じゃありません。

 

厳しい言い方をするならば、仕事に対して本気で取り組んでいないということになります。

 

例えば、馴れ合いの人間関係に悩んで仕事に支障をきたしたり、どうしても人間関係を気にしてしまったり。

それは、本来の仕事内容ではないはずです。

 

「人間関係は気にしない、それよりも目の前の仕事に集中する」この考え方を貫いてみましょう。

 

人間関係は気にしない、仕事を優先しよう

人間関係を気にしないために、仕事に打ち込んでみてください。

仕事に打ち込めばどうなるか?

きっと上司から良い評価をもらえます。

 

そうなれば、人間関係で悩むことも減り、気にしない思考法が身に付くでしょう。

 

というのも、人間関係を気にしないとはいえ、上司からの評価を気にしないわけにはいかないんですよね。

職場の上司から良い評価をもらうためには、仕事に打ち込むのが一番です。

 

人間関係を気にしないようにすると、自然と仕事にも集中できるようになるので、一石二鳥です。

 

5. 孤立が嫌なら愛想だけでOK。上辺の付き合いでも十分

仕事

人間関係を気にしないとはいえ、孤立してしまうのは嫌ですよね。

なので、最低限の愛想だけは振りまいておきましょう。

 

具体的には「挨拶をする」「ハキハキ喋る」「しかめっ面をしない」などで良いと思います。

 

上辺の付き合い…というと、少し冷たいように聞こえるかもしれません。

ですが、職場の人間関係って、意外とそんなものだったりします。

 

深く関わりすぎると気にしない訳にはいかないので、適度な距離で嫌われないようにするのがコツです。

 

笑顔や元気は基本。最低限のコミュニケーションとマナーは大切

愛想を振りまくのではなく、社会人としての基本と考えるようにしましょう。

挨拶や笑顔は、職場の人間関係を良くします。

 

みんながそれを気遣っていれば、人間関係の悪さも気にならなくなると思います。

 

例えば、人間関係を気にしないからといって、適当な態度で過ごしていると嫌われてしまいます。

たとえ嫌われても平気と思う人でも、仕事をする上では不都合がありますよね。

 

人間関係を気にしないために、最低限のマナーには気を付けるようにしてみてください。

 

6. 無理しない程度で。最低限のコミュニケーションは取ろう

仕事

最低限のコミュニケーションは、必ず取るようにしてください。

職場の人間関係を、わざわざ悪くする必要はありません。

 

ただし、むしろ無理のない範囲で大丈夫です。

 

例えば、人間関係やコミュニケーションを重視するあまり、心身を消耗してしまっては本末転倒。

自分が無理のない範囲で、最低限のコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

そうすることで人間関係を気にしない程度の、良い距離感が掴めるのだと思います。

 

同僚に話しかけてスッキリするなら、そうすればいい

人間関係を気にしないためには、どうしても人との関わり自体を減らしてしまいます。

ですが、あまり気にしすぎてしまうと、逆にストレスが溜まってしまうもの。

 

仕事のストレス発散や息抜きのために、適度な人間関係は必要だと思います。

 

嫌なことや面倒な仕事があったとき、誰にも相談できないのはつらいですよね。

その程度のことは仕事では当たり前、人間関係に悪影響はないでしょう。

 

無理のない範囲で適度な距離感を保ちつつ、ストレスを溜めない人間関係を目指していきましょう。

 

7. 「疲れた」「ストレスを感じる」なら無理しない。心の健康が第一優先

仕事

「人間関係に疲れた」「人間関係にストレスを感じる」

それなら、勇気を出して人間関係の距離を置いてみてください。

 

自分の中で嫌だなと思っていることは、放っておくと後々強いダメージになってしまいます。

 

人間関係を気にしないとはいっても、心の中で思っているだけではただの我慢です。

我慢は長続きしないし、心の健康を害してしまいます。

 

人間関係を気にしないために、本当に無理な人間関係からは逃げ出す選択肢もあって良いと思います。

 

人間関係で病む人は多い。気にしないためには、勇気を出して逃げよう

転職や異動を検討する大きな理由のひとつとして「人間関係」が挙げられます。

それほど、人間関係が影響するものは大きいのです。

 

気にしないように振る舞っていても、いずれ気にせざるを得なくなることもあるでしょう。

 

そのために、転職や異動を考えるのは良いと思います。

気にしないようにしようとしても、どうにもならない。

それなら、積極的に行動して、別の道を歩む努力をしてみましょう。

 

どうしても人間関係を気にしないことができないなら、転職や異動を検討してみてください。

 

【まとめ】職場の人間関係は気にしない。無理のない程度を見極めよう

仕事

 以上の7つの考え方を実践して、人間関係を気にしない思考法をマスターしてみてください。

 

  • 職場の人間関係には深入りしない
  • 職場の人間関係は割り切る
  • ドライでもいい
  • めんどくさいなら関わらない
  • 孤立が嫌なら愛想だけでOK
  • 無理しない程度を見極める
  • 「疲れた」「ストレスを感じる」なら無理しない

 

職場の人間関係は、気にしすぎてしまうと底無し沼にハマってしまう可能性があります。

でも、人間関係自体は変わらないかもしれませんが、自分の気持ちは変えることができますよ。

 

人間関係を気にしない考え方を身に付けて、ストレスを減らす働き方をしてみませんか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました