無理なくバリバリ。意識高すぎて鬱になった自分を楽にした3つの仕事術

前向きに生活する
スポンサーリンク

「仕事を頑張りたいけれど、つらくて鬱になりそう」

「いつも何かに追われてて、生活に余裕がない」

 

そんな風に悩んでいる、ビジネスマンの人はいませんか?

 

仕事やプライベートは、充実しているほうが楽しいものです。

でも、忙しすぎると自分を追い込んでしまうし、程よい加減を見つけるのって結構難しい。

特に「意識高く頑張ろう」と思っている人は、このような悩みを抱えることが多いのではないでしょうか?

 

ぼく自身、昔はいわゆる「意識高い系」でした。

仕事では「出世したいし、お金もたくさんもらいたい」プライベートでは「どんどん遊びの予定を入れたいし、忙しく過ごしたい」という考え。

 

でも、そんな自分に疲れてしまい、挙げ句の果てに「うつ病」になってしまいました。

 

かいぞう
かいぞう

とにかくがむしゃらに頑張る。それが正義だと思っていたけれど、体と心を壊してしまいました。

 

スマホの電源を切って外部との関わりをシャットアウトしたり、1日中ベッドで過ごす日々。

それまでの自分とは正反対の、とてもネガティブな自分が完成してしまいました。

 

ですが今では、考え方や働き方を改めて、自分らしく働くことができるようになり、無理のない生活を送れるようになっています。

 

なぜ、ぼくが無理のない生活を取り戻すことができたのか。

それは、以下の3つの仕事術を実践したからです。

 

  • 休むことに本気を。仕事を引きずらない休日の実現こそ、最大の仕事効率化
  • 失敗を恐れない。100個チャレンジして99個失敗しても、1個成功すればOK
  • 完璧主義は消耗する。楽な働き方や遊び方を意識して、精神衛生を保つ

 

この3つのことを実践すれば、仕事やプライベートで、無理のない生活を送ることができるようになります。

結果的に、仕事に対する考えが楽になり、無理のないプライベートを過ごせるようになるでしょう。

 

この記事は「意識高い系の自分に疲れた」「充実させたいけれど、体と心がついていかない」と悩んでいる人に、読んで欲しいと思います。

意識が高いのは良いことですが、消耗して疲れてしまわないように、参考にしてもらえたらと思います。

 

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

 

スポンサーリンク

休むことに本気を。仕事を引きずらない休日の実現こそ、最大の仕事効率化

仕事

仕事に真面目に取り組みたい、もっと頑張りたい人は、いろいろな仕事効率化を試していると思います。

では、休日はどのように過ごしていますか?

 

もしあなたが、休日も仕事のことを考えているのであれば、今すぐに仕事のことを忘れましょう。

 

休日まで仕事のことを考えていると、単純に疲れてしまいます。

疲れてしまうとどうなるのか?

仕事の日にまで悪影響を及ぼしてしまいます。

 

「仕事効率化の鍵は、休日の過ごし方にある」と言っても過言ではありません。

ちゃんと「休むときは休む」ように意識すると、仕事の日もバリバリ働けるようになります。

 

真面目に仕事を頑張れるなら、休日も真面目になれるはず。本気で遊ぼう

仕事に真面目なあなたは、とても素晴らしいです。

その真面目さ、せっかくなので休日の過ごし方にも応用させましょう。

 

何事にも真面目に取り組んでいるなら、仕事を忘れて休んだり遊んだりすることにも、真面目になれるはずです。

 

仕事のことを考えてモヤモヤ過ごす休日、疲れてしまいますよね。

しっかり休んだという感覚も、少ないのではないかと思います。

 

休むこと、遊ぶこと、働くこと。

全部に対して、真面目に取り組んで、オンオフのある生活を目指してみませんか?

 

気分転換は大事だし、休日を良い感じで過ごせると、仕事でも本来の力を発揮できるようになりますよ。

 

 

失敗を恐れない。100個チャレンジして99個失敗しても、1個成功すればOK

仕事

多くの人が「失敗なんてしたくない」と思っていると思います。

でも、残念ながら失敗のない人生なんてないんです。

 

失敗は避けられないけれど、その代わり成功の回数を増やすことはできます。

 

成功の回数を増やすにはどうすれば良いのか?

それは、チャレンジの回数を増やすことです。

 

そもそもの母数を増やせば、必然的に成功回数は上がります。

もちろんその分、失敗回数も増えてしまいますが、チャレンジや失敗は回数を重ねると、だんだん慣れてくるものなんです。

 

100回チャレンジして、99回失敗しても、1回成功すればOK。

どんなに成功している人でも、数えきれないほどの失敗を経験しているものです。

 

チャレンジ経験は慣れる。アウトプットを習慣化して、成功回数を増やそう

何かで成功を収めようとすれば、必ずチャレンジしないといけないですよね。

そしてそれには、少しの勇気が必要だったりしますが、安心してください。

 

チャレンジ経験や失敗経験は、ある程度の回数をこなすと慣れてきます。

 

では、慣れるとどうなるのか?

どんどんチャレンジできるので、必然的に成功回数を増やすことができます。

 

チャレンジや失敗のない人生なんて、あり得ません。

実際にチャレンジや失敗に慣れてくると、その言葉が嘘ではないことに気が付けます。

 

「失敗は成功の元」なので、どんどんチャレンジし、慣れて、アウトプットの回数自体を増やせるようにしてみてください。

 

 

完璧主義は消耗する。楽な働き方や遊び方を意識して、精神衛生を保つ

仕事

意識が高すぎてつらい思いをしている。

そんな人は、完璧主義で自分自身を苦しめているのかもしれません。

 

完璧主義は、今すぐにやめましょう。

 

もちろん、完璧主義は悪いことではなく、むしろ良いことです。

でも、それでつらい思いをしてしまうのなら、今すぐに考えを改めるべきです。

 

手を抜いて、楽に生きることで、仕事やプライベートが充実することもあります。

何事も完璧にこなすのが正義と考えている人は、少しだけ考えをずらすようにしてみてください。

 

心の安定は全ての資本。楽することへの罪悪感を捨てよう

完璧主義の人は「楽をする」「手を抜く」ことへ罪悪感を抱くかもしれません。

でも、大丈夫です。

それは、全てをより良い状態に持っていくための準備に繋がります。

 

仕事やプライベートを充実させるために「あえて手を抜く」と考えると、少し考えが楽になりませんか?

 

そもそも、完璧な人間なんて存在しません。

完璧な自分を「演じよう」とするから、どんどん自分を追い込んで疲れてしまうのです。

 

ぼく自身も、何事も完璧を目指そうと思って頑張り、消耗しきってしまいました。

そんな時に「楽に生きられるように努力する」ため、完璧主義を止めてみたところ、効果を感じられた経験があります。

 

無理に完璧主義を貫こうとすると、自己肯定感よりもしんどい思いが勝ってしまいます。

完璧すぎる人間よりも、少し抜けている人のほうが、愛嬌もありますし、少し考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

笑顔

以上の3つの点を踏まえて働いたり、プライベートを過ごしていれば「意識が高くても楽に」生活できるようになります。

 

  • 休むことに本気を。仕事を引きずらない休日の実現こそ、最大の仕事効率化
  • 失敗を恐れない。100個チャレンジして99個失敗しても、1個成功すればOK
  • 完璧主義は消耗する。楽な働き方や遊び方を意識して、精神衛生を保つ

 

意識が高い人は、仕事もプライベートもとても充実しています。

でも、その充実を維持するために頑張りすぎると、消耗してしまうこともあるでしょう。

 

ガス欠を起こさないようにするために、心の持ちようや行動を、少し変えてみてください。

 

無理のない生活を続ける。

それが、精神的にも肉体的にも安定し、長く幸せでいられるコツです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました