SNSをやめよう。楽しく働くためのコツは、意外に明日から実践可能

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「楽しく働きたい」

「楽しそうに働いている人が羨ましい」

 

なんとなく、そんな風に悩んでいるビジネスマンの人はいませんか?

 

どうせ働くなら、楽しく仕事をして稼ぎたいものですよね。

中には「お金はそこそこでもいいから、やりがいが欲しい」という人もいるのではないでしょうか?

 

ぼく自身の経験で言えば「お金よりもやりがい」という時期と「とにかくお金が欲しい」という時期がありました。

 

かいぞう
かいぞう

もちろんできることなら「楽しく働いて、たくさんお金がある生活」に憧れていましたよ^^;

 

欲しい物を全部手に入れるのは難しいのは、分かっています。

でもそれなら、ぼくは「お金」よりも「楽しく働きたい」という欲求のほうが強かったです。

というのも、経験した仕事がハードすぎたり、逆に退屈すぎたり、が多かったからなんですよね。

 

そんなぼくは「お金」と「やりがい」にある程度折り合いをつけつつ、楽しく働くために努力をしてきました。

そしてその結果、自分自身の働き方や考え方を見直すことができ、今は楽しく働くことができています。

 

どうしてぼくが、楽しく働けるようになったのか。

それは、以下の3つのことを実践したからです。

 

  • 悪い社内ルールや仕組みは「楽しくない」のもと。人間関係も改善可能
  • ワクワクしない仕事に見切りを。転職や異動も視野に入れてみる
  • SNSは自己嫌悪の元。キラキラ投稿を徹底的に無視

 

「楽しく働きたい」と思っている人は、ぜひぼくが実践したことを試してみてください。

なんとなく「楽しく働きたいなー」と思っていても、急に楽しくなるなんてことはありません。

意識や行動を変えることで、ちゃんと仕事は楽しくなります。

 

そしてその結果「仕事が楽しくない」「やりがいがない」という気持ちを減らせるでしょう。

 

この記事は「毎日楽しく働きたい」「仕事にワクワクしない」と思っている人に読んでもらいたいと思います。

「楽しく働く」を実現させるために、少しだけ考え方や行動を変えてみましょう。

 

スポンサーリンク

一般的に言われる「楽しく働くコツ」とは?

働く

ネットで「楽しく働くコツ」を検索すると、以下のような方法が出てきます。

 

・やりがいを探す

・仲のいい人を作る

・お金のために働かない

・考え方を見直す

・頑張りすぎない

ジョブール

 

正しい情報かもしれませんが、具体性が乏しく「それができれば苦労しないよ」という情報が多いです。

なので以下では「具体的にどうすれば楽しく働くことができるのか」について解説していきます。

 

悪い社内ルールや仕組みは「楽しくない」のもと。人間関係も改善可能

パソコン

楽しくない仕事を楽しくするためには、社内ルールや仕組みを変える必要があります。

 

そもそも「仕事が楽しくない」と思っている人は、人間関係に悩んでいませんか?

では、その悪い人間関係の原因は何なのでしょう?

 

これは「みんな自分のことで精一杯だから」なのではないかと思います。

そしてそれはきっと、会社の業績が悪く、社内の雰囲気が悪いせいが一番の問題なのかな、と。

 

会社の業績が良いと、社内の空気も良くなります。

そうすると、自然と人間関係も良くなっていくでしょう。

 

そのためには「社内の改革」が必要です。

「自分ひとりでは、そんな大それたことはできない」と思うかもですが、社内の改革なんて、まず一人の個人から始めるものなんですよ。

 

楽しくない原因は「人間関係」。それが悪いのは、会社のせいと理解しよう

人間関係さえ改善すれば、仕事が楽しくなります。

それは、業務自体が楽しくなくても「人と関わることが楽しくなるから」です。

 

人間関係が悪いのは「あなたのせい」ではなく「会社のせい」です。

 

ですが「会社のせい」とはいえ、あなたもその会社の一員。

であれば「少なからず責任はある」と考えてください。

 

まずは、仕事を効率化していきましょう。

そして効率化が進めば、それを周りの人に伝えたり、社内で共有するようにしてみてください。

そうすることで、少しずつ社内ルールや仕組みが変わっていきます。

 

「楽しくない仕事」を同じようにこなしていても、楽しくなりません。

少しの行動や意識改革を個人で進めて、社内の人間関係を改善し、仕組みごと改革していきましょう。

 

ワクワクしない仕事に見切りを。転職や異動も視野に入れてみる

仕事仲間

どうしても仕事が楽しくないなら、現実的に「転職」や「異動」を視野に入れてみましょう。

会社に仕事の楽しさを求めるには、限界があるからです。

 

ここで「いや、転職するまでもない…」「異動はちょっと…」と思うかどうかで、本気度が試されます。

もし、本気で「仕事を楽しみたい」と思っているなら、ちゃんと行動しましょう。

 

楽しみたいのであれば「楽しめるフィールドに移る」のが、一番手っ取り早い方法です。

 

転職や異動に本気になって、楽しい働き方を手に入れよう

厳しい言い方かもしれませんが「楽しんで仕事がしたい」と「思っているだけ」では、その思いは実現しません。

「転職」や「異動」をして、ちゃんと楽しく仕事をするチャレンジをしなければ難しいでしょう。

 

「楽しくない仕事」を我慢して続けるのと、思い切って転職にチャレンジするの、どちらを選びますか?

 

現実的に「転職」を考えられるなら、自分がやりがいを持てそうな業界や会社のリサーチを始めてください。

行動しなければ、何も始まりませんよね。

 

今のご時世、転職のハードルはかなり下がっています。

自分が楽しく働いて、やりがいのある仕事をするためには、現実的に「転職」を考えてみましょう。

 

SNSは自己嫌悪の元。キラキラ投稿を徹底的に無視

スマホ

情報収集や自己発信に有効なSNS。

TwitterやInstagramでは、意識高いキラキラ投稿が溢れています。

それを見て自己嫌悪に陥ったり、羨ましいと思う気持ち、よく分かります。

みんな楽しそうに働いていたり、オンオフを上手に使い分けているように見えますよね。

 

これを意識してしまうと、今の働き方に常に疑問を抱いてしまうことになるでしょう。

 

例えば「ちょっと楽しく働けた」と思っても、SNSを見たらもっと楽しそうに働いている人がいる…。

こうなると、自己嫌悪しか生まれませんよね。

 

そんな投稿を見ないようにするには、もう「フォローを外す」しかないと思います。

もしくは、SNSを辞める。

 

自己嫌悪に陥ると、どんなに楽しく働いていても、欲深くなってしまいます。

「楽しく働きたい」のであれば、SNSとの付き合い方をちょっと変えてみると効果アリ、かもしれません。

 

キラキラ投稿のスルーは、現代社会人の必須スキルなので身に付けよう

SNS疲れ、今やちょっとした社会現象です。

たとえフォローを外したとしても、きっとキラキラ投稿は目に入ってくるでしょう。

 

では、見てしまったらどうすれば良いのか。

これは普段から意識していないと難しいことなのですが、スルースキルを身に付けたほうが良いと思います。

 

現代人は、今やSNSなしで生活するのは難しいです。

逆に上手に使えば、良い情報をたくさん仕入れることができるでしょう。

 

情報の取捨選択をするスキルがあれば、SNSのキラキラ投稿に精神的苦痛を感じずにすみます。

セルフマネジメントが必要ですが、日頃からキラキラ投稿をスルーする意識を持ってみてください。

 

「楽しく働きたい」なら、他の人と自分を比べないこと、これが重要です。

 

「楽しく働く」について、一度深く考えてみよう

働く

なんとなくではなく、ちゃんと「楽しく働く」ということを考えてみたことはありますか?

ぼく自身もそうだったのですが、意外と深く考えたことってないと思います。

「楽しく働く」ために、理解を深めてみましょう。

 

「楽しく働く」を英語で言うと「Work happily」

英語で「楽しく働く」は「Work happily」です。

「happy」という単語が含まれていますね。

ポイントは「enjoy」じゃないところ。

 

つまり「楽しく働く」ということは「幸せに働く」という意味でもある、ということです。

 

仕事が楽しいと人生が楽しい

人生の大半を過ごすのが、仕事の時間。

その時間が楽しくないと、人生の大半を損することになります。

なので、楽しく働くのを目標にするのは、人生の満足度を高めるための必須条件。

 

どんどん「楽しく働く」を突き詰めていくことによって、人生そのものが豊かになっていきます。

 

職場を楽しくする方法を考えてみても良いかも

「楽しく働く」というと、自分主体になりがちです。

ですが、自分の気持ちだけでは、なんともならない人間関係もありますよね。

 

積極的に職場を楽しくするように働きかけることによって「楽しく働く」の実現に繋がります。

人間は、良い環境で働くと「楽しい」と思える生き物ですよ。

 

会社に行くのが楽しいと思える土台を作る

「楽しく働く」ためには、まず会社を好きになることから始めてみるのも良いです。

そもそも、行きたくない場所やつまらない所に行くののは、気が重くなるもの。

 

会社に行くのが楽しいと思えるような「何か」を探してみてください。

おいしいランチの店を探したり、社内で恋愛しようとしてみたり、お気に入りのアイテムをデスクに置いたり。

 

ちょっとした工夫で、会社に行くのが楽しいと思えるようになるかもしれませんよ。

 

「楽しく働く」という求人には目を向けない

転職で求人情報を見る際には「楽しく働く」というワードを無視しましょう。

というのも「楽しく働けるかどうか」は、人それぞれだからです。

みんなが楽しいと思っている仕事でも、あなたにとっては合わない可能性もあります。

 

「楽しく働ける」求人を探すよりも「熱心になれる仕事内容かどうか」に身を向けるようにしてみてください。

 

本で「楽しく働く」について学ぶのも良い

そもそも「楽しく働く」ってどんな働き方なのか?

それは、働いてみないと分からないし、人それぞれです。

結局経験を積まないと分からないことも多いので、そんな時は本を読んで経験をつまみ食いしましょう。

 

おすすめは、下記の本。

「働き方」に悩んでいる人や、転職を考えている人は、一読してみると良いかもです。

 

 

仕事が楽しいのはおかしい?一部の人だけ?

「仕事が楽しいと思えるのは、一部の人だけなのかも」

そう感じた経験はありませんか?

 

その疑問、半分は正解です。

確かに、苦しい思いをしながら働いている人は多いですが、一方でちゃんと楽しみながら働いている人もいます。

綺麗事のようにも聞こえますが、働くことを生きがいと感じている人もちゃんと存在します。

 

ぼく自身も、フリーランスとして「楽しく働く」を実現している人間のひとり。

意識を変えたり、働き方を変えたり、転職をする。

 

そうすれば「楽しく働く」を実現させて、人生を充実させることは十分可能です。

 

仕事を楽しくするアイデアとコツを常に考えよう

仕事を楽しくするためには、考えることを止めないのが基本です。

毎日なんとなく「楽しくならないかなー」と思って過ごしていても、何も変わりません。

 

楽しく働くためには、どんな働き方をすれば自分が満足するのか、一生懸命考えてみてください。

 

将来設計や、夢、毎日の仕事の進め方。

本気で考えれば、実現可能です。

1年後は難しくても、10年後ならなんとかなる気がしませんか?

 

ほとんどの人が40年以上働く時代です。

長い目で考えて「楽しく働く」を実現させていきましょう。

 

まとめ

仕事

紹介した3つのことを実践していけば「楽しく働きたい」という悩みを少しずつ解消することができます。

 

  • 悪い社内ルールや仕組みは「楽しくない」のもと。人間関係も改善可能
  • ワクワクしない仕事に見切りを。転職や異動も視野に入れてみる
  • SNSは自己嫌悪の元。キラキラ投稿を徹底的に無視

 

「楽しく働きたい」と思うことは「自分を変えたい」と思っている証拠だと思います。

前向きで、とても素晴らしいです。

 

その考えは、溜め込まず、ぜひ行動に移しましょう。

 

せっかく前向きに働きたいと思っているのに、行動しないのはとてももったいないこと。

できるだけ楽しく働けるように、ぜひ紹介した方法を実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました