転職先に対してうつ病をどう説明する?隠す?それとも申告する?

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「うつ病って、転職先に言ったほうがいい?」

「うつ病の過去は恥ずかしいから、できれば隠したい」

 

うつ病で転職をする時、こんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼく自身、うつ病の過去を話すか話さないかで悩んでしまった経験があります。

そして、うつ病を隠して転職したことも、公表したこともあるし、またばれてしまったことも。

 

かいぞう
かいぞう

過去は変えられないので仕方がないんですが、公表するのって勇気がいるんですよね…。

 

そんなぼくですが、今はうつ病のことを素直に話し、仕事も順調にできています。

なので今回の記事では、うつ病を抱えている方が、転職先にどう説明したら良いかについてまとめました。

この記事で分かることは、以下の通りです。

 

  • うつ病をクローズで転職する際のポイント
  • 転職でうつ病の過去を隠すメリットとデメリット
  • 転職先にうつ病の申告をおすすめする理由
  • うつ病をオープンにしたほうが良い理由
  • 転職でうつ病がばれる理由とリスク

 

この記事は「転職先にどう説明していいかわからない」「うつ病を隠すべきかどうか悩んでいる」という人に、読んで欲しいと思います。

デリケートで難しい問題ですが、ぼくの経験を役立てて頂ければ幸いです。

 

スポンサーリンク

うつ病をクローズして転職するなら知っておきたいこと

仕事

うつ病をクローズ(隠して)転職するなら、知っておきたいことがあります。

それは、以下のポイント。

 

  • クローズ就労するメリット
  • クローズ就労するデメリット
  • クローズ就労する際のポイント
  • 転職先の会社を選ぶ基準
  • クローズしたまま働き続けるポイント
  • 結局クローズがいい?オープンがいい?

 

うつ病は隠したいと思っていても、オープンにしたほうが良い場合もあります。

詳しい内容については、以下の記事を確認してみてください。

 

 

転職先にうつ病を隠すメリットとデメリット

パソコンと植物

転職先にうつ病を隠すと、メリットとデメリットがあります。

知っているのと知らないのとでは、今後の人生を大きく左右するでしょう。

うつ病を隠すか隠さないか、判断するためのポイントを知っておきましょう。

 

  • うつ病の過去を隠す際の注意点
  • うつ病の過去を隠すメリットとデメリット
  • 結局隠したほうがいいか、隠さないほうがいいか
  • うつ病を隠さずに転職を進める方法

 

うつ病の過去と、どのようにして付き合っていくのか、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

転職先にうつ病を申告したほうが良い理由

仕事

転職先には、あえてうつ病を申告したほうが良い理由もあります。

ぼく自身、うつ病を申告して、働きやすさを手に入れたことがありました。

 

  • うつ病の過去を申告するメリットとデメリット
  • うつ病を申告して転職をする際のポイント
  • 過去よりも、今とこれからをアピールすることが大切

 

詳しい内容については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

うつ病をオープンにして転職したほうが良い理由

デスク環境

ぼくは、うつ病の過去をオープンにして転職をした経験があります。

その経験から、うつ病をオープンにして転職したほうが良い理由についてまとめました。

 

  • 楽に働けた
  • 治療が継続できた
  • 再発の可能性を減らせた

 

もちろん状況にもよりますが、うつ病をオープンにするメリットも知っておくと良いでしょう。

詳しい内容については、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

転職先でうつ病がばれる理由とリスク

同僚とパソコン

うつ病を隠して転職先で働いていたとしても、うつ病の過去がばれてしまう可能性もあります。

もちろん、良いことではありませんので、あらかじめ注意が必要です。

 

  • 転職でうつ病がばれる理由
  • うつ病がばれるとどうなるのか

 

下記の記事で、詳しく説明しています。

うつ病を隠したことを後悔しないように、しっかり気を付けておいてください。

 

 

【まとめ】できればうつ病は公表して転職したほうがいい

パソコン作業

今回は、転職先にうつ病の過去を隠すか、隠さないかというポイントに焦点をあてた記事をまとめました。

一概にどちらが良いかは、人や状況によっても変わってきます。

 

ぼく自身は、うつ病を隠したことも、オープンにしたことも、ばれた経験もあります。

その結果、うつ病をオープンにして時が、一番働きやすかったです。

 

そんな経験から、今回の記事を書きました。

ご自身の状況に合わせて、判断することは大切です。

 

ですが、うつ病をオープンにすれば、生きやすさや働きやすさを手に入れられるのも事実。

じっくり考えて、今後の働き方や生き方を模索するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました