ギブアンドテイクはギブばかりじゃダメ。ウィンウィンの関係を目指そう

人間関係で悩まない
スポンサーリンク

「ギブアンドテイクって、ギブばかりでいいの?」

「ギブギブギブ…のほうがいいって聞いたけど、それで人間関係って良くなるの?」

 

そんな「ギブアンドテイクの頻度」に悩む人はいませんか?

 

ぼく自身、仕事をする上でギブアンドテイクの割合について悩んだ経験があります。

仕事もプライベートも、ギブばかりすることが正義だと思っていた時期がありました。

 

かいぞう
かいぞう

ギブばかりしていると、そのうちすごい見返りがあるだろう…!

 

そんな風に、ギブアンドテイクはギブばかりするのが基本だと考え。

ですが今では、テイクの重要性を知って、より良い人間関係を築くことができています。

 

ぼくがなぜ、ギブアンドテイクで「ギブばかり」をやめたのか。

それは、人間関係を考えた際、以下の3つの理由にたどり着いたからです。

 

  • ギブアンドテイクで目指すのは「ウィンウィン」の関係
  • ギブばかりしていると、相手に迷惑がられるかも
  • ギブよりもテイクのほうが喜ばれることもある

 

この3つのことを知れば、ギブアンドテイクはギブばかりじゃなく、テイクも大事だということが分かると思います。

結果的に、人間関係がどんどんスムーズになって、ウィンウィンの関係性が築けるようになるでしょう。

 

この記事は「ギブアンドテイクの正しい頻度が知りたい」「ギブばかりでちょっと疲れている」と考えている人に、読んで欲しいと思います。

ギブばかりの考えをちょっとだけ変えて、テイクする大切さにも目を向けてみてください。

 

スポンサーリンク

ギブアンドテイクで目指すのは「ウィンウィン」の関係

会話
会話

ギブアンドテイクで大事なのは、結果的にお互いがウィンウィンの関係になることです。

「ギブばかり」していると「それって結局自己満足なだけなんじゃ…」となる可能性があります。

 

お互いのメリットを考えて、ギブアンドテイクを意識するのが大切です。

 

例えば、ギブばかりに人と関わっていたら、申し訳ないという気持ちになりませんか?

たまには、ギブばかりされるのではなく、こちら側からも何かしてあげたいと思いますよね?

 

ギブばかりするのではなく、テイクもちゃんと意識して、双方向のギブアンドテイクを意識してみてください。

 

お互いにメリットがないと、良いコミュニケーションは成り立たない

ギブばかりをしていると、結局自己満足の世界になってしまいます。

もちろんギブするのは良いことですが、良い人間関係を築くためには「ウィンウィンの関係」になることが大切。

 

メリットを感じ合える関係性が築ければ、長く良いコミュニケーションが取れ続けるはずです。

 

Win-Win(ウィンウィン)の関係

人間関係において、私とあなたの双方に得のある良好な関係を築くことを示しています。

jMatsuzaki

 

ギブばかりだと、自分が得をしないこともあるし、相手に迷惑がられることもあります。

お互い良い関係性を築けるように、双方向のギブアンドテイクを意識してみましょう。

 

ギブばかりしていると、相手に迷惑がられるかも

会話

ギブばかりは簡単に言うと「お節介」と思われてしまう可能性があります。

相手に「ギブばかりされるのが迷惑」と思われてしまっては、ギブばかりする意味がありません。

 

ギブアンドテイクは、バランスが大切です。

 

もしかしたら、ギブばかりされる側は申し訳なく思うかもしれません。

また「自分もギブしたいのに受け取ってくれない…」と考える場合もあるでしょう。

 

ギブアンドテイクという言葉にもあるように「テイクすること」にも意識を向けてみましょう。

 

バランスの良いギブアンドテイクで、お互い気持ち良く

前述したように「ウィンウィン」が、人間関係の理想です。

その理想の関係になれるように「ギブアンドテイク」を意識しましょう。

 

「ギブばかり」の精神でいると、テイクが疎かになってしまいます。

 

「相手もギブしたいこともある」と、考えてみたことはありますか?

テイクすると、ギブする側が喜ぶかもしれないんです。

 

ギブばかりではなく、バランスの良い「ギブアンドテイク」を意識してみましょう。

 

ギブよりもテイクのほうが喜ばれることもある

会話

ギブばかりするのも良いですが、相手がギブしたがっているなら、素直にテイクしましょう。

相手に満足感を感じてもらうのも、良いコミュニケーションのコツです。

 

ギブするよりも、テイクするほうが相手に喜ばれることもあります。

 

例えば、お土産をもらったとします。

それを受け取らないのは、相手に失礼ですよね。

 

「相手がギブしたい場合もある」ということもあるし、それで気持ちいい人間関係を築ける場合もあります。

 

ギブギブギブの精神は大事だけど、テイクでも良い関係が作れる

ギブばかりしている人にありがちなのは、とにかく「ギブギブギブ…」と考えてしまうことです。

テイクすることで、相手が喜ぶ場合もあるということを、覚えておきましょう。

 

とにかく「ギブばかりしておけば大丈夫だろう」と考えている人は、要注意です。

 

極論かもしれませんが「押し付けがましい」とか「余計なお世話」と思われてしまうかもしれません。

人間同士のコミュニケーションは、バランスの良いギブアンドテイクがちょうどいいんです。

 

テイクから生まれる良いコミュニケーションもあるので「ギブばかりしないと…」と思い込まなくて大丈夫ですよ。

 

【まとめ】双方向を意識して。ギブアンドテイクはギブばかりじゃ成り立たない

会話

以上の3つのことを意識していけば「ギブばかり」よりも「テイク」に目を向けられると思います。

 

  • ギブアンドテイクで目指すのは「ウィンウィン」の関係
  • ギブばかりしていると、相手に迷惑がられるかも
  • ギブよりもテイクのほうが喜ばれることもある

 

ギブアンドテイクは、双方向のコミュニケーションです。

相手がギブしたいと思うこともあるし、結局ウィンウィンの関係になることが目的。

 

ギブばかりしようと考えている人は、たまにはテイク側に回ってみてはいかがでしょうか?

 

それで人間関係が良くなることもあるし、相手に満足感を与えることもできます。

ウィンウィンの関係を築けるように、ギブアンドテイクのコツを掴んでいきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました