週末で帳消しにしよう。仕事で早く帰れないストレスを解消できる3つのこと

楽に生きる
スポンサーリンク

「早く家に帰って、ストレスを解消したい」

「毎日仕事で、早く帰れないのがストレス」

 

そんな悩みを抱えている、サラリーマンの人はいませんか?

 

もし仮に仕事が好きだったとしても、早く家に帰れないのはストレスになります。

早く帰れないのを、すでに「諦めてしまっている」「仕事には付き物のストレス」と考えている人もいるのではないでしょうか?

 

ぼく自身、朝早くから出社して、残業でなかなか帰れない経験をしてきました。

そのたびに「明日こそ早く帰りたい」「ストレスでしかない」と悩んだことも。

 

かいぞう
かいぞう

時には終電で帰ることも…。ただ寝に帰るだけの家なんて、むなしい…。

 

早く帰れないストレスは、慣れるものではありません。

麻痺させていると、どんどん精神的に参ってしまいます。

 

そんな経験をしてきたぼくですが、今では上手にストレスを解消することができています。

もちろん、ただ単純に早く帰るだけで、ストレスを解消したのではありません。

 

そのストレス解消の方法とは、以下の3つです。

 

  • 週末の予定が命。家族や恋人の顔が見れないなら、休みの予定をしっかりと
  • 短時間の趣味を見つけよう。まとまった時間じゃなくても趣味はできる
  • 完璧に仕事を終わらせる。早く帰っても文句の言われない働き方を

 

この3つのことを実践して、早く帰れないストレスを和らげてください。

 

ストレスが減ると、仕事でも家庭でも、機嫌良く過ごせるようになるでしょう。

「早く帰りたい」という気持ちは、具体的に行動しないと「帰れないのを我慢しているだけ」になってしまいます。

 

この記事は「早く帰りたいけれど帰れない」「早く帰れないせいでストレスが溜まっている」という人に読んでもらいたいと思います。

ストレス解消のために、この記事の方法を実践してみましょう。

 

スポンサーリンク

そもそもなぜ仕事で早く帰れないのか?

時計

そもそも、なぜ仕事で早く帰れないのでしょうか?

ネットで調査したところ、以下のような回答が多かったです。

 

  • お客さんや取引先との連絡のため
  • 残業=頑張っているという文化のせい
  • 残業=当たり前の会社体質のせい
  • スケジュール管理が甘い
  • 上司や同僚が残業している

 

思い当たる節はありますか?

仕事で早く帰れないストレスは、たくさんの人が抱えています。

それでもいまだに、早く帰れない現状を変えられない人が多いです。

 

「定時で帰れないのがおかしい」という考えが、社員にない

会社によっては、ほぼ全社員が残業している場合もあるでしょう。

そんな会社で働いていると「定時で帰れないのが普通」の感覚になってしまう場合があります。

 

そのような場合は、そもそも早く帰れないストレスが、麻痺しているとも考えられます。

 

「仕事放棄できない」「終わらないけど帰る」ことができない

仕事に真面目な人ほど、仕事が残っていると早く帰るのを諦めてしまいます。

「当たり前だ」という意見も多いかとは思いますが、そもそもそれでは「定時」とは何なのか…・

 

「仕事が残っていたら帰れない」という文化、なくなって欲しいですよね。

 

残業しないと終わらない仕事量のせい

早く帰れないのにストレスを感じている人の多くは、定時内で終わらないほどの仕事を抱えている場合が多いです。

そもそもの仕事量が多いと、帰りたくても帰れないのが普通になってしまいますよね。

 

上司から急に仕事を振られることもあれば、明日までに仕上げないといけない仕事もあります。

そんな状態であれば「早く帰りたい」という気持ちは我慢するしかないのかもしれません。

 

1. 週末の予定が命。家族や恋人の顔が見れないなら、休みの予定をしっかりと

家族

会社から早く帰れないと、家族と過ごす時間が減ります。

結婚していない人なら、恋人と連絡を取ったりデートする時間がなかったり。

 

大切な人と過ごす時間がなければストレスになるし、相手も同じようにストレスを抱えてしまいます。

 

例えば会社から早く帰れて、家族とゆっくり過ごせると、家庭内の雰囲気が良くなります。

そして家庭内の雰囲気が良くなれば、自然とストレスは減っていくものです。

 

なので、どうしても早く帰れないなら、せめて週末の予定を立てておきませんか?

 

普段は早く帰れないけれど、週末は必ず遊びに行くと決める。

それだけで、家庭内の雰囲気が良くなったり、恋人との良い関係を維持できたりします。

 

早く帰れないと家の雰囲気が悪くなる。ストレスの原因を解消しよう

「早く帰れない」こと自体も、もちろんストレスです。

でも、副作用のストレスとして「家にいる時間が短い」「一緒に過ごす時間が少ない」というのも発生します。

 

「早く帰れば解決」というのは、極論にすぎません。

中には、絶対に早く帰れないという人もいますからね。

 

そんな人こそ、週末の予定には全力を尽くしましょう。

週末が充実していると、平日に早く帰れないストレスを解消でき、家族や恋人のストレスも減ります。

 

「早く帰れない」というストレスに目を向けるばかりではなく、全体的に「なぜストレスになっているのか」を考えると、解決に向かっていけますよ。

 

2. 短時間の趣味を見つけよう。まとまった時間じゃなくても趣味はできる

読書

「早く帰りたいのに帰れない」のに原因を感じる理由はなんでしょうか?

「趣味」や「やりたいこと」に、時間を割けないからではありませんか?

 

例えば「映画を見るのが趣味」の人は、最低でも2時間ぐらいのまとまった時間が欲しいですよね。

でも、早く帰れない人にとって、帰宅後の2時間ってなかなか捻出できないと思うのです。

 

なので「短時間でできる趣味」を始めてみることをおすすめします。

 

30分でも1時間でも、細切れの時間でも構いません。

それぐらいの時間でできる趣味があれば、早く帰れないなりに帰宅後の時間を有意義に使えるし、結果的にストレスが減ります。

 

おすすめは読書。時間をかけてこそ趣味、という意識を拭おう

短時間でできる趣味として、おすすめしたいのは「読書」です。

ビジネス書や自己啓発系だと疲れてしまうと思うので、小説なんかが良いでしょう。

もちろん「漫画」でもOK。

 

「読書」なら細切れでも、短時間でも、ちゃんと成り立つ趣味になります。

 

そして、まとまった時間が必要な趣味ややりたいことは、週末までお預けにしておく。

「やりたいことができないというストレス」から、目を離してみてください。

 

プライベートな時間が足りないと思っている人にこそ、短時間でできる趣味はおすすめです。

 

3. 完璧に仕事を終わらせる。早く帰っても文句の言われない働き方を

仕事

「早く帰れない」という悩みを根本的に解決するには、やはり「早く帰る」ことに尽きます。

そのために、早く帰っても文句が言われない働き方を目指しましょう。

 

完璧に仕事を終わらせ、次の日の準備をしておけば、早く帰れるようになります。

 

早く帰れない雰囲気の職場って、まだまだあると思います。

でも、そんな会社であなたができることは「我慢して残業すること」ではありません。

 

誰がなんと言おうと、早く帰っても文句のない働き方をする。

 

これが、一番根本的なストレス解消方法です。

 

誰がなんと言おうと定時で帰る。頑固なほど業務を効率化しよう

上司や先輩が残業しているから、早く帰れない。

こんな会社に勤めている人も、多いと思います。

 

厳しい言い方をしますが、その上司や先輩は、ダラダラ働いているのではないかと思います。

 

社員全員が定時に帰るように働いている会社では、誰もダラダラ働いていません。

それはサボっているからではなく、みんなが最大限の効率化を目指して働いているからです。

 

「早く帰れない」と思ってストレスを感じているなら、あなたがその会社で定時に帰る第一人者になってみませんか?

 

仕事を完璧に終わらせ、早く帰っても問題ない状況を作り出す。

こうすることで、上司も先輩も意識が変わるかもしれないし、結果的に会社からも「良い働き方だ」と認めてくれるようになります。

 

会社も、残業代を出さなくて良いようになりますしね。

 

まとめ

遊び

以上の3つのことを実践すれば「早く帰れない」というストレスを減らせます。

 

  • 週末の予定が命。家族や恋人の顔が見れないなら、休みの予定をしっかりと
  • 短時間の趣味を見つけよう。まとまった時間じゃなくても趣味はでき
  • 完璧に仕事を終わらせる。早く帰っても文句の言われない働き方を

 

「早く帰れない」と思っているのに、何も行動していなければ状況は改善されません。

「帰りたいのに帰れない」「ストレスを発散する時間がない」という悩みは、具体的に行動を変えれば解消可能です。

 

ご紹介した方法は、すぐにでも実践可能。

明日からでも行動してみて「早く帰れない」というストレスを、どんどん減らしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました