眠いから仕事に行きたくない。明日から改善できる3つの具体策

楽に生きる
スポンサーリンク

「眠いから仕事に行きたくない」

「睡眠不足のような気がして仕事に行く気が出ない」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼく自身、眠るのがとても苦手です。

そのせいで毎朝眠い目をこすりつつ、無理やり仕事に行っていました。

 

かいぞう
かいぞう

みんな頑張ってるのに、自分だけ眠いから仕事に行きたくないと思うなんて情けない…。

 

毎朝苦しい思いをしていたので、いろいろ調べて朝の眠気対策をするようにしました。

その結果、今ではしっかり朝目覚めることができ、仕事にもすぐに取り掛かることができるようになっています。

 

ぼくがどのようにして、朝に強い人間になれたのか。

それは、以下の3つのことを日頃から意識しているからです。

 

  • 早寝の習慣を付ける
  • 朝イチで太陽光を浴びる
  • 仕事に行きたくない理由を探る

 

詳しくは以下で解説します。

この3つの行動のおかげで、朝に弱い自分と決別できました。

 

この記事は「眠いせいで仕事に行きたくない」と悩んでいる人に、読んで欲しいと思います。

 

眠いから仕事に行きたくないというのは「甘え」ではありません。

睡眠障害やストレス、うつ病が原因で眠いと感じ、仕事に行きたくないと思うこともあります。

 

しっかり改善して、眠気に悩む朝とサヨナラしましょう。

 

スポンサーリンク

①早寝の習慣を付ける

眠い女性

朝眠いのは、睡眠時間が適切ではないからです。

一般的には「8時間が良い」とされていますが、実際には人によって様々。

 

自分の適切な睡眠時間を把握するためにも、早く寝る習慣を付けましょう。

 

とはいえ、早く寝るというのは現代人にとって難しいと思います。

なので、以下のことを意識して、生活するようにしてください。

 

  1. 残業にならないように効率的に働く
  2. 仕事後はまっすぐ帰宅する
  3. 帰宅後の家事は必要最低限
  4. ゆっくりお風呂に浸ってリラックス
  5. テレビやスマホはあまり見ない
  6. いつもより早めに布団に入る

 

早く寝るという目標、仕事中から意識してみましょう。

ただ単純に早く寝ようと思っているだけでは、ついついダラダラしてしまいますよね。

 

「早寝をする」というゴールから逆算して、様々な行動を変えていくことが大切です。

 

睡眠の質が悪いなら通院も検討してみる

ぼく自身、なかなか寝付けなくて苦労していました。

どうしても睡眠の質が改善されないのであれば、心療内科に行って薬を処方してもらうのも良いかと思います。

 

現代人の多くの人は、睡眠に関する不満を抱えて生活しているのです。

 

出典:PRESIDENT Online

 

「薬に頼ると抜け出せないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

「睡眠改善のために薬を飲む」という考え方をしてくださいね。

 

眠剤を飲んで生活習慣を整え、早く寝られるようになったら薬の量を減らす、ということもできます。

お医者さんに相談して、処方や減薬の相談もできるはず。

 

ひとりで睡眠改善ができそうにないなら、心療内科に行って相談をしてみましょう。

 

②朝イチで太陽光を浴びる

太陽の光

ずっと眠い状態が続くのは、体内時計がリセットされていないからかもしれません。

朝イチで太陽の光を浴びれば、1日の始まりのスイッチを入れられます。

 

例えば、日光が当たるベランダがあるなら、少し外の空気に触れながら日光浴をしてみてください。

もっと欲を言えば、靴を履いて少し散歩してみるのがおすすめです。

 

ぼくは毎朝、起きたらすぐに散歩するようにし、体内時計のリセットと、1日の始まりを実感するようにしています。

 

15分程度の散歩で眠気は改善できる

15分程度の短時間で良いので、軽く歩いてみてください。

きっと、自然な形で眠気が取れるはずです。

 

また太陽光を浴びることで分泌する「セロトニン」という物質は、ストレスの緩和の手助けをしてくれます。

 

セロトニンは、精神の安定や安心感や平常心、頭の回転をよくして直観力を上げるなど、脳を活発に働かせる鍵となる脳内物質です。

医療法人社団 平成医会

 

セロトニンの分泌には日光を浴びることが欠かせません。運動に関しては、一定のリズムで行なう運動がセロトニンの分泌を高めてくれます。リラックスして、朝、毎日15分程度のウォーキングを楽しむといった方法がよいでしょう。

はつらつ健康ナビ

 

仕事に行きたくないのは、眠いという理由だけではなく、ストレスにも原因があるかもしれません。

晴れた日などは、起きたら外に出る習慣を付けて、眠い体をゆっくり起こしてあげましょう。

 

③仕事に行きたくない理由を探る

パソコン作業

ストレスを感じ続けていると、眠い状態が続く場合があります。

仕事に行きたくないと感じるのは、そもそも仕事や人間関係のせいではありませんか?

 

もしかすると、眠いと感じているのは、ストレスから身を守るための自己防衛のサインかもしれません。

 

このような場合は、しっかりと原因を究明することが大切。

転職や退職、部署異動などを検討したり、仕事効率化を目指す必要があります。

 

根本的に解決しなければ、大きなストレスになってしまうかもしれないので、注意してください。

 

転職アプリに登録して根本的解決を目指す

仕事でのストレスは、眠気に大きく影響します。

仕事に行きたくない気持ちのせいで、まだ眠いと感じてしまうこともあるでしょう。

 

例えば、デートの日は、眠いから行きたくないとは思わないですよね?

楽しみにしている予定なら、多少の睡眠不足でも気にならないはず。

 

仕事のストレスが取り除けないのであれば、転職を具体的に検討してください。

とはいえ、いきなり退職をしたりしなくても大丈夫です。 

まずは、転職アプリに登録して、市場の様子見をしていきましょう。

 

  • 仕事がうまくいかない
  • 転職をして心機一転したい
  • 職場の人間関係が苦手
  • 上司からパワハラを受けている

 

このよう状態なら、要注意です。

転職アプリは「ミイダス」がおすすめ。

市場価値を測ってくれ、スカウトなども届くツールです。

 

無料で登録、利用できるので、ぜひ登録して転職に備えてもらえたらと思います。

 

転職アプリ「ミイダス」の無料登録はコチラから。

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

 

【まとめ】眠いと仕事に行きたくない気持ちが増すので、要改善

退屈

眠い目をなんとか誤魔化しながら、仕事に行きたくないと思いながら出社する。

そんな生活、改善してみませんか?

 

  • 早寝の習慣を付ける
  • 朝イチで太陽光を浴びる
  • 仕事に行きたくない理由を探る

 

仕事に行きたくないのは、たまになら誰にでもあります。

眠い朝も、時にはあるでしょう。

 

ですが、慢性的に眠い、仕事に行きたくないなら、改善をしなければいけません。

 

そのまま放っておくと、うつ病などの病気になることも考えられます。

しっかり対処して生活習慣を正し、眠いのを我慢しない生活を送っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました