悩んでいると悪化する。うつ病で退職をする際の3つの辞め方

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「うつ病になったから退職したい」

「うつ状態が続いていてこれ以上会社にいたくない」

 

うつ病になってしまい、退職する際の辞め方を悩んでいる方は、この記事を参考にしてください。

 

うつ病になってしまったら、退職がよぎりますよね。

ぼく自身もうつ病になり、退職をした経験があるのですが、辞め方には苦労しました。

 

かいぞう
かいぞう

無駄に責任感が強すぎて、辞めるに辞めれなかったんです。

 

結論から言えば、うつ病になってしまったら、働き方仕事との向き合いそれに環境を変えなければいけません。

これまでと同じように働いていても、うつ病は悪化してしまうからです。

 

では、どのような辞め方をすれば良いのか。

きれいな辞め方をして退職後も不自由がないように、以下の方法を参考にしてください。

 

  • 心療内科や精神科で診断書をもらい上司に相談
  • 休職制度や有給休暇を確認して在籍を長くする
  • 退職代行サービスを利用してスムーズに辞める

 

うつ病での退職は、きっと不本意なことでしょう。

ですが、退職はうつ病の治療のために必要な対策のひとつです。

 

この記事は「仕事の辞め方が知りたい」「うつ病になったれど退職が難しい」と悩んでいる方に、読んで欲しいと思います。

 

うつ病が本格化しているなら、しっかりケアしましょう。

無理をしても体も心も良くなりませんので、体調優先で退職を検討してください。

 

スポンサーリンク

①心療内科や精神科で診断書をもらい上司に相談

退職の相談

うつ病で退職するのなら、心療内科や精神科で、診断書をもらいましょう。

数千円かかりますが、これで「うつ病という証明」になります。

 

そしてその診断書を持って、職場の上司に相談してください。

 

後は上司に退職したい理由を伝え、退職の手続きをおこないましょう。

うつ病になった辞め方としては、王道パターンです。

 

後腐れなく辞めるためには、ちゃんとした手順を踏むことが大切です。

 

診断書への記載事項を病院の先生と相談する

診断書には、メンタルヘルスを専門とした先生による症状の記載があります。

「仕事が続けられない」という内容のことを、心療内科や精神科の先生に書いてもらってください。

 

ただし、辞めるべきかどうかを判断するのは、病院の先生がチェックしてから。

 

そのため「会社を退職するほどではない」と判断されることもあります。

これは先生が意地悪なのではなく、冷静に判断してくれている証拠でもあるのです。

 

  • 退職しなければ良くならないなら「退職が必要」と記載してくれる
  • 退職して逆に精神不安定になりそうなら、退職を勧められない
  • 軽度のうつ病なら、退職を無理に勧めることはない
  • 辞め方を探しているだけなら、退職を勧めることはない

 

いろんなパターンが考えられるので、先生の指示を仰いでくださいね。

うつ病になると、ほとんどの人は冷静な判断ができなくなってしまいます。

 

診断書に思い通りのことを書いてくれないかもしれませんが、冷静に将来を見据えるためにも、しっかり相談に乗ってもらうようにしましょう。

 

②休職制度や有給休暇を確認して在籍を長くする

相談する女性

仕事の辞め方を探すのを第一優先にしてしまい、肝心なことを忘れる場合があります。

それは、休職制度や有給休暇の存在です。

 

当然ですが、退職したら翌日から「無職」になります。

 

無職になってしまったら、また職を探さなければいけません。

できれば、無職のまま転職を行うことはおすすめしません。

焦ってしまうし、お金の心配も付きまとうからです。

 

まずは会社に休職制度があるのか、また有給休暇はどれほど残っているのかを調べたり、人事に問い合わせてみたりしてください。

 

うつ病で無職になると、後々とても苦しい思いをする

うつ病になると、仕事の辞め方を考えたり、退職しなければいけないと考えがち。

ですが、いきなり無職になると、退職後にとても苦労します。

 

  • お金の心配が増える
  • 仕事をしていないので自信がなくなる
  • 自己肯定感が低くなる
  • 転職先を焦って探してしまう
  • ブランク(空白)期間ができてしまう

 

このような事態は、会社に在籍していれば問題になることはありません。

不安な気持ちが大きくなると、うつ病回復の邪魔にもなってしまうし、うつ病が悪化してしまうかもしれません。

 

休職ができたり、有給消化できそうなら、会社に在籍しながら転職活動を行いましょう。

 

③退職代行サービスを利用してスムーズに辞める

相談する女性

どうしても自分で辞め方がわからないなら、退職代行サービスがおすすめです。

法律に従って、プロがあなたの代わりに、退職の手続きをしてくれます。

 

例えば以下のような方は、退職代行サービスを使ったほうが良いでしょう。

 

  • うつ病がひどく、会社に行けない
  • 上司の顔を見るのも嫌なほど、ストレスがある
  • 上司や会社からの圧力で辞めるに辞めれない
  • そもそも辞め方がわからない
  • 仕事のプレッシャーから、早く逃げたい

 

退職代行サービスは、近年利用する方が増えています。

どうしても辞め方がわからないという方や、スムーズに退職する方法がわからないという方が増えているからです。

 

ですが、自分が退職代行を使うほどなのかどうか、その判断は難しいと思います。

なのでまずは、電話やメール、LINEで相談をしましょう。

 

無料で気軽に相談できるので、ぜひ一度問い合わせてみてください。

 

退職代行サービスの無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

【まとめ】悩んだら退職を検討しても良いけれど

悩む

今回は、うつ病になった際の退職の仕方、仕事の辞め方についてご紹介しました。

 

  • 心療内科や精神科で診断書をもらい上司に相談
  • 休職制度や有給休暇を確認して在籍を長くする
  • 退職代行サービスを利用してスムーズに辞める

 

退職をするということは、一大決心です。

うつ病を治すためには必要なステップ…と思うかもしれませんが、退職後に苦労する場合もあります。

 

ぜひ、冷静な判断を心がけてくださいね。

そのために、病院の先生や上司、退職代行サービスの人としっかり話し合いましょう。

 

辞めれば全て解決するわけではありません。

いろんな可能性を探った上で、しかるべき判断をするようにしてくださいね。

コメント

  1. キクチマユミ より:

    今、休職期間中です。でも、様々な音、しょっちゅう変わる指示のある会社事務所内で働くことは、ADHDでHSPなので、ちょっと考えられません。
    転職するとしても、医師に就労不可状態と言われていて、また、転職するとしても、自分のやりたいことと合致する求人はほとんどないです。
    まだ、あと半年は休職できますが、その後が、どうなるか…。もうそろそろ会社と話をするべきかどうか、ちょっと迷いどころにきています。
    休職期間終了後、障害者手帳の申請をすべきなのか、もう少し医師と話し合う必要はありそうです。

タイトルとURLをコピーしました