周りと比べても得することはない。理想の自分になれた3つのポイント

男性人生をコントロールする
スポンサーリンク

「理想と現実にギャップがある」

「周りと比べると劣等感を感じて落ち込む」

 

そんな悩みを抱えている、ビジネスマンの人はいませんか?

 

自分の理想通りにいかなかったり、周囲の人と比べたり。

そんな自分に嫌気がさしつつ、理想に近付けたいという人は多いかと思います。

 

ぼく自身、理想の自分とは程遠い現実に、絶望していた経験があります。

しまいには、うつ病になってしまい、自己嫌悪の塊のような日々を過ごしていました。

 

かいぞう
かいぞう

なんでみんなと同じように、楽しく生きられないんだろう…。

 

こんな感じで、自暴自棄になってしまったこともありました。

 

でも今ではそんな悩みから解放され、理想の自分を追い求めながら、楽しく生活できています。

理想と現実に悩まされることもなくなり、理想通りの生活を送れていて、とても充実。

 

なぜ、ぼくが理想通りの生活ができているのか。

それは、以下の3つのポイントを意識して、生活しているからです。

 

  • 周りと比べるのをやめる。比べるのは過去の自分
  • 目標設定は限りなく小さくする。毎日クリアして達成感を味わう
  • 理想像は細かく設定する。捨てるべきは漠然とした理想

 

以上の3つのポイントを理解すれば、理想と現実のギャップに苦しむことが、限りなく減ります。

結果的に、理想を実現させ、より良い人生を歩んでいけるようになるでしょう。

 

この記事は「理想の自分を実現させたい」「劣等感を感じている自分を変えたい」とい思っている人に、読んで欲しいと思っています。

理想を叶えつつ、より良い生活を送っていくために、この記事を参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

周りと比べるのをやめる。比べるのは過去の自分

女性

あなたの理想は、どんな生活ですか?

その理想の生活、周りと比べた結果じゃありませんか?

 

周りと比べて理想を設定してしまうと、いつまでたっても理想の生活は実現しません。

 

なぜかと言うと、周りと比べるのにはキリがないからです。

ある友達には勝てても、ある友達には負ける、そんなことは人生で普通にあること。

周りを基準にしてしまうと、いつまでも自分の理想に手が届かなくなってしまいます。

 

比べるべきは、周りではなく過去の自分。

過去の自分を超えることを理想にしていれば、理想の生活に近付くことができるようになります。

 

過去の自分を超えるのは余裕。自己肯定感を高めよう

過去の自分より成長しているかどうか、一度考えてみてください。

ほぼ全ての人が、間違いなく成長しています。

 

成長していることを実感して、自己肯定感を高めましょう。

 

たとえば、少しミスをして仕事を辞めてしまったとしても、それはそれで成長しているんです。

「仕事を辞めた」「ミスをした」という経験は、過去のあなたにはない経験です。

それを経験しているだけで、過去の自分を超えていることになります。

 

周りではなく、過去の自分と向き合いましょう。

成長していることを実感し、自己肯定感を高めれば「実現可能な理想」が見えてくるはずです。

「過去の自分を少し超えた自分」を理想像に設定することで、毎日を「理想通りの生活」に変えることができます。

 

目標設定は限りなく小さくする。毎日クリアして達成感を味わう

仕事

毎日、達成感を味わっていますか?

達成感を味わい続けるのは、難しいと感じているかもしれません。

 

でもこの達成感こそ、理想の自分に近付くためのポイントです。

 

毎日、小さな目標設定をしてみてください。

朝10分早く起きる、笑顔で挨拶をする、ぐらいで大丈夫です。

そしてしっかり目標達成できたら、達成感を実感しましょう。

 

達成感を抱き続ければ、自然と幸福感を感じるのが人間です。

幸福感を味わい続けるということは、理想的な生活ではありませんか?

 

達成感は特効薬。自信を付け続ける毎日を目指そう

理想の生活を追い求めるために、厳しい制約を設ける。

多くの人は、そうしてしまいがちです。

 

でもそれでは、達成感を味わうことが難しくなります。

 

理想の生活に、達成感は必要不可欠。

追い求める理想が大きければ大きいほど、達成感を得られなくなりますよね。

 

小さな目標をどんどんクリアして、毎日達成感を味わう。

そうすることで「今日もよく頑張った!」と自分を褒めてあげられ、自信をつけることができます。

 

結果的に毎日が幸せになり、理想の生活だと実感できるようになるでしょう。

 

理想像は細かく設定する。捨てるべきは漠然とした理想

働く

理想の人物像や生活スタイルは、できるだけ細かく設定しましょう。

漠然とした理想は、自分を苦しめるだけです。

 

どんな家に住みたい、どんな仕事がしたい、妄想で良いので、できるだけ具体的に思い描きましょう。

 

次に、その具体的な理想を叶えるために、どんなことを達成していけば良いかを考えます。

とても小さな目標を設定し、順番にクリアしていきましょう。

 

例えば「仕事で出世したい」のであれば「早起きをする」などでOKです。

早起きをすることで朝の時間に余裕が生まれ、勉強や読書、早めの出社などを実現できると思いますよ。

 

なんとなく、では理想に近付けない。はっきりした目標設定をしよう

仕事で出世したいなら、なんとなく思い描くだけではいけません。

具体的な作戦を練ることで、だんだん理想に近付くことができます。

 

はっきりした目標設定をすることで、理想への道が具体的に見えてきます。

 

要するに、理想像から逆算して、今すぐにやれることを実行していけば良いのです。

前述した「早起き」の例で言うと、もう少しさかのぼって目標設定してみても良いかもしれません。

 

「早起き」をするためには「早く寝る」こと。

そして「早く寝る」ためには「夜遅くにテレビを観ない」こと。

このように、目標設定を深掘りしていってみてください。

 

理想の生活スタイルや自分像を手に入れるために、細かい目標を設定して、どんどんクリアしていきましょう。

 

まとめ

笑顔

以上の3つのことを心がけて、理想の自分像の設定や叶え方について、考えてみてください。

 

  • 周りと比べるのをやめる。比べるのは過去の自分
  • 目標設定は限りなく小さくする。毎日クリアして達成感を味わう
  • 理想像は細かく設定する。捨てるべきは漠然とした理想

 

お金をたくさん儲けたい、仕事で大きな成功を収めたい、幸せな家庭を築きたい。

それぞれの理想の生活を追い求めるのは、素晴らしい向上心だと思います。

 

でも大切なことは、他人と比べて自分の理想を設定しないようにすることです。

 

他人と比べるのではなく、自分自身の理想を追い求めること。

そうすることで気持ちは楽になるし、理想に近付くことも可能です。

 

理想の自分像や生活スタイル実現のために、少しずつ考え方や行動を変えていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました