他人が羨ましい。そんな悩みを誇りに変えた3つの考え方

人間関係で悩まない
スポンサーリンク

「他人が羨ましい」

「劣等感を感じて生きている」

 

そんな悩みを持っている人はいませんか?

 

ぼく自身、他人が羨ましいと感じていつも劣等感を感じていました。

なかなか自分のことを認められず、自信も持てない日々…。

 

かいぞう
かいぞう

友達の近況を聞いてると「自分はダメだな」なんて自己嫌悪に…。

 

そんなぼくでしたが、考え方を帰ることによって「他人が羨ましい」という気持ちと上手く付き合えるようになりました。

 

どうやって、他人が羨ましいと感じる自分と折り合いを付けたのか。

それは、以下の3つの考え方を身に付けたからです。

 

  • 努力できる才能を自覚する。成長意欲が高い証拠
  • 未来予想図を作って、自分の未来を楽しみにする
  • 過去の自分をライバル設定。他人軸で生きない

 

以上の3つの考え方を意識すれば、他人が羨ましいというネガティブな気持ちを、ポジティブに変えられます。

結果的に、マイナスな感情をプラスに変えられるので、人生が楽になっていくでしょう。

 

この記事は「他人が羨ましい」「他人が羨ましいせいで自己嫌悪になる」などと悩んでいる人に読んで欲しいです。

自分の気持ちに「正直になりつつも、前向きになれる」ように、生き方の参考にしてもらえればと思います。

 

スポンサーリンク

1. 努力できる才能を自覚する。成長意欲が高い証拠

男性

他人が羨ましいと思っている人は「他人は自分にないものを持っているから」羨ましいと感じていませんか?

でもそれって、とても大切な感情ですよ。

 

その気持ちは、成長意欲が高い証拠です。

 

例えば、その羨ましいという気持ちを原動力にして、頑張ってみませんか?

他人が欲しい物を持っているなら、仕事を頑張ってお金を稼ぐ。

自分にはないスキルを他人が持っているなら、そのスキルを盗むか学ぶ。

 

このようにして、裏ましい気持ちをガソリンにして、日々の自分の生活を良くしていきましょう。

 

悔しいと思えるのは大事。「羨ましい」をガソリンにして突き進む

「悔しい」とか「羨ましい」という気持ちは、立派な感情です。

他人に対して羨ましいという気持ちがあるからこそ、頑張れる。

 

羨ましいと感じることに、自己嫌悪になる必要はありません。

 

要は捉えようの問題で、羨ましいと自覚しているなら、その気持ちをガソリンにすれば良いんです。

頑張ろうと思う気持ちに変えられれば、後は自分との戦い。

 

あなたは、羨ましい気持ちで自分を奮い立たせつつ、努力を重ねていける才能を持っています。

 

2. 未来予想図を作って、自分の未来を楽しみにする

男性

あなたが思い描く未来は、どんな未来ですか?

具体的にノートに書いたり、SNSに投稿したことはありますか?

 

他人が羨ましいと思うなら、まずは自分の未来を羨ましいと感じてみませんか?

 

例えば、幸せな結婚生活を送っている未来。

お金を稼いで、好きなことを楽しんでいる未来。

 

こんな人を想像して、自分の未来に対して「羨ましい」と思うようにしてみましょう。

 

SNSに書くのもアリ。楽しい未来を想像させる有言実行を

当然ですが、楽しい未来はただ想像しているだけでは実現しません。

ひとつひとつ、問題や課題をクリアしていかなければいけませんよね。

 

その第一歩として、TwitterやInstagramなどのSNSに、自分の未来を投稿するのをおすすめします。

 

そして、そこまでの努力の過程も投稿していきましょう。

これで、未来予想図が完成するし、有言実行に近づいていきます。

 

「他人を羨ましい」と思う気持ちよりも強く「未来の自分を羨ましい」と思うようにしてみませんか?

 

3. 過去の自分をライバル設定。他人軸で生きない

男性

他人が羨ましいと思う人は、他人軸で生きています。

これは「他人の価値観の中に自分を閉じ込めている」という意味です。

 

他人軸ではなく、自分軸で物事を考えるようにしましょう。

 

他人が何を考えているのか、何を所有しているのか。

そうではなく、自分が何を考えているのか、何を所有して、どう使っているのか。

 

これを意識することで、他人が羨ましいという気持ちが減り、自分の物差しで物事を判別できるようになります。

 

3年前の自分と比べると、成長を実感できるかも

自分軸で物事を考えるためには、3年前の自分と今の自分を比べてみると良いです。

過去の自分と比べると、必ず何かしら成長しているはずです。

 

どんな小さなことでも良いので、自分の成長を発見しましょう。

 

例えば、料理のレパートリーが増えたとか、仕事のスキルが身に付いたとかで大丈夫です。

ちゃんと過去の自分からの成長を実感することで、自分軸で生きられるようになります。

 

自分軸で生きられるようになれば、他人が羨ましいという感覚が減り、前向きな考え方を身に付けられるようになります。

 

【まとめ】人を羨ましいと思わない人になろう

友達

以上の3つの考え方を意識していけば、他人が羨ましいと思う気持ちと折り合いが付けられるはずです。

 

  • 努力できる才能を自覚する。成長意欲が高い証拠
  • 未来予想図を作って、自分の未来を楽しみにする
  • 過去の自分をライバル設定。他人軸で生きない

 

他人が羨ましいと思うのは、人間なので仕方がありません。

大事なのは、その気持ちと向き合って、どう付き合っていくか。

 

自分の気持ちに正直になりつつも、必要以上に他人を羨ましいと思わないように、コントロールしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました