吐き気と涙は要注意。仕事に行きたくないサインは見逃し厳禁

楽に生きる
スポンサーリンク

「仕事に行きたくないせいで吐き気がする」

「涙が出るほど仕事に行きたくない」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼくは、元うつ病患者です。

上司からパワハラを受けたり、人間関係に苦労していました。

そのせいで吐き気があったり、涙が出るほど仕事に行きたくない思いをしています。

 

かいぞう
かいぞう

涙や吐き気のせいで、いつも体調不良のような感じでした…。

 

うつ病になるまで我慢してしまった経験は、もちろん良い思い出ではありません。

なので、もし今仕事に行きたくないせいで涙が出たり、吐き気がるという人は、早めに対処をすることをおすすめします。

 

この記事では、涙が出たり吐き気がある時の対処法について、まとめました。

 

  • 吐き気や涙が出る理由
  • 吐き気や涙をなくすための対策

 

最後まで読んで頂ければ、仕事に行きたくない気持ちを減らせ、涙や吐き気に悩む心配も減ると思います。

今、吐き気や涙が出る症状に悩んでいる人は、それを軽視しないでください。

 

「仕事に行きたくないと涙が出る」「吐き気があるほど仕事に行きたくない」

 

そんな人は、早めの対処を心がけ、無理のない生活を取り戻してください。

 

スポンサーリンク

吐き気や涙が出る症状は放っておくと危険

悩み

仕事に行きたくない思いが強すぎて、吐き気や涙が出るのは、かなり危険な状態です。

仕事が忙しい時期などなら、仕方がないかもしれません。

 

ですが、定期的に吐き気の症状があったり、涙が出るのであれば、決して甘く見ずにすぐにでも対処をするようにしてください。

 

これは、ぼくの体験談から言えることです。

 

ぼくは仕事に行きたくない自分を「甘えてるだけ」と誤魔化していました。

吐き気は日常的にあったし、理由もわからず涙が出たこともあります。

 

ですが、そんな日を過ごしているうちに、朝起き上がることができなくなってしまいました。

そして後日心療内科へ行き「うつ病」と診断されたのです。

そのままドクターストップがかかり仕事を休職、そして退職を余儀なくされました。

 

うつ病が本格化してしまったら、社会復帰をするのも大変です。

長い闘病生活や苦しい時期が待っているし、すぐには良くなってくれません。

 

本格的にうつ病になってしまう前に、吐き気や涙が出る症状を改善する行動を取りましょう。

 

仕事に行きたくない理由を理解する4つの方法

書き出す女性

仕事に行きたくないのであれば、まずは理由を知ることから始めてください。

涙が出る、吐き気があるというのは、何かハッキリした原因があるはず。

 

しっかり原因を突き止めておくことで、今後の生活や働き方は変わってくるかと思います。

 

①仕事のストレスの原因を紙に書き出してみる

悩みは、心の中に溜め込むのは良くありません。

紙に書き出して、悩みを「見えるように」していきましょう。

 

  • 人間関係
  • 上司との関係
  • 激務
  • パワハラ
  • 仕事のプレッシャー

 

など、様々なことが書き出せると思います。

そこから深堀りし、なぜ涙が出るほど苦しみ、吐き気があるぐらい頑張っているのかを理解してください。

 

紙に書いて悩みを客観的に見ることで、対策や心の持ち方がわかることもあります。

 

②楽しみにしていることがあるか思い出す

仕事に行きたくないというのは、私生活が物足りないからという可能性もあります。

プライベートの楽しみ、ありますか?

 

楽しみがなければ「なんのために働いているのか」「生きる意味がわからない」とネガティブになってしまうこともあります。

 

プライベートが満足していないせいで、涙や吐き気が出てくる場合もあるのです。

この場合、転職や退職をしたとしても、ストレスの原因を断ち切ったとは言えません。

 

私生活でのストレスが、仕事に行きたくない気持ちに拍車をかけていることもあります。

 

③規則正しい生活ができているかを振り返る

生活は、規則正しいですか?

睡眠不足が続くと、慢性的な吐き気に悩むことになります。

また、気持ちが不安定にもなるので、自然と涙が出ることもあるでしょう。

 

仕事に行きたくない気持ちは、不規則な生活のせいかもしれません。

 

規則正しい生活ができていないと、体も不調になるし、メンタルも安定しません。

涙や吐き気は、不健康な証拠の可能性もあるでしょう。

 

しっかり睡眠時間を取り、気分転換を多めに取る生活を心がけてみてください。

 

④働き方や考え方で自分自身を苦しめていないか確認する

涙が出るまで頑張り、吐き気に耐えている方は、真面目で頑張りやさんが多いです。

働き方や考え方が完璧主義だったり、自分に厳しいと、自分自身を苦しめてしまうでしょう。

 

もう少し自分を許してあげても、良いかもしれませんね。

 

吐き気の理由は、プレッシャーをかけすぎている可能性があります。

また涙の理由は、自分に対しての優しさが足りていない場合が考えられるでしょう。

 

もう少し、自分に甘くしてあげても良いと思います。

少しぐらい完璧じゃなくても大丈夫と、自分自身に言い聞かせてあげてください。

 

吐き気や涙が出る症状がある時の5つの対策

悩みがある女性

吐き気や涙が止まらない、仕事に行けないなら、これからご紹介する対策の計画を練ってください。

日常的に悩んでいるなら、積極的に行動しなければいけません。

 

放っておくと後々の人生に響くので、早めの対処をおすすめします。

 

①心療内科や精神科を受診する

涙や吐き気に悩んでいるなら、絶対に病院を受診しましょう。

ストレスが原因と考えられるなら、心療内科や精神科に行ってみてください。

 

放っておくとどんどんストレスを溜め込んでしまいます。

 

ぼくの場合は、ストレスを我慢しすぎてうつ病になりました。

もっと早い段階で、心療内科に行っておけば良かったと後悔しています。

 

「仕事に行きたくないから、病院に行く」というのは、馴染みがないかもしれません。

ですが、本当にうつ病などの病気の可能性もあるのです。

 

涙や吐き気は立派な身体症状なので、病院に行って相談するようにしてください。

 

②有給休暇をできるだけ取る

忙しい日々を過ごし、そのせいで涙や吐き気があるなら。

有給休暇を取って、おもいっきりリフレッシュしてください。

 

「リフレッシュなんて、甘えてられない」と、自分に厳しい人なら考えるかもしれません。

 

ですが、しっかり働くためにも、リフレッシュは必要なのです。

涙や吐き気があるならなおさら、心は限界に達しています。

 

すぐにでもおもいっきりリフレッシュできる計画を立て、しっかり心を休ませるようにしていきましょう。

 

③休職をして体と心を休める

もしも、仕事に行きたくないどころか「もう行けない」と考えているなら。

「休職をする」という選択肢を考えてみましょう。

 

一度仕事から離れてみることで、心が休まることもあります。

 

涙が出たり吐き気があるのは、かなり心が追い詰められています。

そんな状態で働き続けると、本格的に病んでしまうことになるでしょう。

 

休職して一度会社から離れてみると、吐き気や涙は抑えられるかと思います。

 

④転職サイトに登録して情報収集

涙や吐き気に悩んでいる方は、転職サイトに登録していますか?

もし悩んでいるなら、早めに登録しておきましょう。

 

ぼくの場合、転職情報を見ている時は心が落ち着いていました。

 

求人を見ていると「逃げ道はあるんだな」と感じられたからです。

涙や吐き気は、逃げ道がない不安からきているかもしれません。

 

また「ミイダス」という転職アプリもおすすめ。

自分の市場価値が分かるアプリなので、登録しておくと転職情報を仕入れることができます。

 

ミイダスは無料で登録できますので、下記のリンクから登録しておきましょう。

企業から直接オファーが届くこともあるので、ひとまずインストールしておいても良いかと思います。

 

転職アプリ「ミイダス」の無料登録はコチラから。

面接確約!転職するならMIIDAS(ミイダス)!

 

⑤症状がひどい場合は早めの退職を

もしも吐き気がどうしようもなく、涙が止まらない、仕事に行きたくないのなら。

早めに退職をしましょう。

 

仕事のことや引継ぎのことなど、考えるのもやめたほうが良いです。

それほどしんどい思いをしているなら、うつ病の可能性も高くなっています。

 

もしも上司からのプレッシャーや職場の圧力で、すぐに退職できないなら「退職代行ササービス」で相談しても良いと思います。

 

それほど、あなたの体は危険な状態。

無理に仕事を続けて潰れてしまっては、この先何年も治療に時間を使うことになります。

 

涙や吐き気がひどいようなのであれば、体と心を守るために行動しましょう。

 

退職代行の無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

【まとめ】吐き気や涙は心と体のSOS

悩みがある女性

今回は、涙や吐き気で仕事に行きたくない理由や対処法についてご紹介しました。

結論、吐き気や涙は、心と体のSOSです。

 

仕事に行きたくない気持ちは、我慢していると大変なことになります。

 

うつ病は、一度なってしまうと、回復までに時間がかかります。

少しの吐き気や涙だからといって、油断しないようにしてください。

 

しっかり理由を知り、対策を練って、仕事に行きたくない気持ちを落ち着かせていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました