うつ病を克服して転職する方法。成功をつかむ手順を3段階でご紹介

前向きに生活する
スポンサーリンク

「うつ病を克服して転職がしたい」

「転職すればうつ病を克服できる気がする」

 

うつ病に悩み、転職を検討している人はいませんか?

 

ぼくは、長くうつ病に苦しめられていました。

うつ病きっかけで休職し、ドクターストップがかかり退職…そして自宅療養をして転職した経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

ちゃんと働けるようになるか不安でしたが、しっかり転職準備をしたおかげで、なんとかなりました。

 

転職に焦ったこともありましたが、結果的に職場環境にも恵まれ、うつ病を克服しながら働くことができました。

その経験から、今回はぼくがどのようにして、うつ病を克服して転職を成功させたのかについて、シェアしていきたいと思います。

 

  • 病院の先生に働いても良いかを確認する
  • できそうな仕事をしっかり考える
  • 履歴書と職務経歴書を作っておく

 

大まかなステップは、以下の通りです。

 

当たり前のステップのようですが、うつ病を克服して転職するには、念入りに準備をしなければいけません。

準備をして転職をすると、後々の人生に好影響が出てくるからです。

 

この記事は「うつ病を克服して転職をしたい」「うつ病を再発させることなく、働き続けたい」と考えている人に、読んで欲しいと思います。

 

大きく一歩を踏み出す前に、着実な一歩を踏み締めていきましょう。

 

スポンサーリンク

①病院の先生に働いても良いかを確認

病院

まずは、精神科や心療内科の先生に、働いても良いかを確認しましょう。

確実に働いても良いという保証が欲しいですね。

 

実はぼく自身、先生の言うことを聞かずに転職をして、うつ病を再発させた経験があります。

 

このことがきっかけで「病院の先生の話はちゃんと聞かなければ」と思いました。

転職をしようという気持ちになっているということは、うつ病もある程度克服できていることでしょう。

 

ですが、できるだけ慎重に転職活動をすることこそ、うつ病を克服する第一歩なのです。

 

うつ病が治っているか判断するのは先生の役割

自分ではうつ病が克服できているつもりでも、病院の先生には「もう少し待ったほうが良い」と言われるかもしれません。

その判断には、素直に従うべきです。

 

うつ病は、良くなってくると活動をしたくなります。

ですがそこで調子に乗ると、またうつ状態になったり悪化してしまったりしてしまうのです。

 

ぼくは「ちょっと動けるからもう大丈夫だろう」という気持ちで、自分を信じて行動しました。

確かに行動をすることは大事ですが、先生の言うことを聞いておけば良かったと、今になって思います。

 

うつ病を克服できているかは自己診断せず、転職しても大丈夫かどうかは病院の先生にしっかり判断してもらうようにしてください。

 

②できそうな仕事をしっかり考える

勉強と仕事

転職をするなら、無闇に仕事を探しをしてはいけません。

自分にとって興味がある仕事か、長続きしそうな業務内容なのかを判断しましょう。

 

無理な就職をしてしまっては、またうつ病が再発してしまいます。

 

特に、異業種や異職種に転職しようとする場合は要注意。

勝手がわからなく苦労をしたり、想像と違う仕事内容かもしれないからです。

 

うつ病を克服したいがために「強引にとりあえず転職する」という事態は避けたいところです。

 

給料で仕事を決めない

ぼくが気を付けて欲しいと思うことは「給料で仕事を決めないこと」です。

もちろんお金は大事なのですが、うつ病を克服したいなら、給料は二の次と考えたほうが良いかもしれません。

 

たまには給料の欄を見ずに、求人広告を眺めてみてはいかがでしょうか?

 

ぼくも実際にやっていた方法なのですが、仕事内容や企業のホームページだけを見て判断するのです(もちろん最終的には給料も見ます)

そこでお金の面以外での魅力を感じるかどうか、もしくはできそうな仕事かどうかを判断してみてください。

 

結局のところ、長く働ける職場じゃなければ、うつ病を克服できません。

うつ病の克服は、ただ転職をすることではないのです。

 

うつ病を克服して転職を成功させるということは「働き続けることが大事」ということを覚えておきましょう。

 

③履歴書と職務経歴書を作っておく

書類作成

履歴書と職務経歴書は、しっかり作りこんでおきましょう。

というのも、うつ病の過去を隠すか隠さないかで、内容が変わってくるからです。

 

転職先にうつ病のことを話すかどうか、まずはしっかり方向性を考えておきましょう。

 

この方向性をしっかり決めておかなければ、後々苦労します。

うつ病を公表するかどうかは、その人次第だし状況にもよります。

 

退職理由は念入りに考える

退職の理由は、念入りに考え込んでおきましょう。

うつ病がきっかけの退職だとしても、しっかりその理由を考える必要があるからです。

 

ただ「うつ病で退職しました」と言うよりも、事情を伝えたほうが説得力があり、面接官の印象が良いでしょう。

 

例えば「長時間労働で体を壊した」と言ってみてはどうでしょうか?

うつ病という具体名は出さなくとも、理由としては通りやすいと思います。

 

正直に言うか言わないかは、あなた次第。

ですが、なぜ退職をしたのかを明確にすることで、転職の成功率は格段に上がります。

 

転職先で働けるか不安なら、就労移行支援を

相談

もしもうつ病を克服して転職を成功させるなら、体をちゃんと働ける状態にしておかなければいけません。

休職や無職の期間があったり、うつ病が治りきっていないならなおさらです。

 

そんな時に役に立つのが「就労移行支援」。

 

うつ病などの精神疾患や、障害者の就労をサポートしてくれるサービスです。

支援員やエージェントが、親身になってトレーニングしてくれるかと思います。

 

無料で資料請求できるので、まずはお試しで情報収集してみるのも良いでしょう。

 

うつ病を克服して転職するなら、下記サイトの無料資料請求を

【パーソルチャレンジ・ミラトレ】働く未来をあきらめない就労移行支援

 

【まとめ】うつ病を克服しての転職は、しっかり準備しよう

計画

今回は、うつ病を克服して転職する3ステップについてご紹介しました。

基礎的な準備をしっかり行えば、以下の目標が達成できるでしょう。

 

  • うつ病を克服する
  • 転職をする
  • 働き続ける

 

なかなかハードルが高いように思うかもしれませんが、しっかり準備をすれば大丈夫。

就労移行支援という、しっかりしたサポートもあります。

 

うつ病克服のため、転職をするという行動は素晴らしいです。

なので、絶対に成功させましょう。

 

うつ病が再発したり悪化しないように、しっかり準備するようにしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました