明日からの意識改革。安い給料でもモチベーションを保てる3つの心構え

モチベーションを上げる
スポンサーリンク

「給料が安いせいで、モチベーションが維持できない」

「転職するほどではないけれど、安い給料に不満」

 

そんな「安い給料のせいでモチベーションが上がらない」という、サラリーマンの人はいませんか?

 

働く人々にとって、現実問題としての「給料」はとても大事。

「給料」が安いと、モチベーションの維持が難しいと思います。

 

ぼく自身、安い給料に嫌気がさし、モチベーションが上がらなかった経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

どうせいくら頑張っても、給料は安いまま。それならテキトーに仕事しちゃおうかな…。

 

ですが、ある意識を持てば、安い給料への不満に折り合いを付け、仕事へのモチベーションを維持できるように。

 

その意識とは、以下の3つです。

 

  • 仕事の進め方を見直す。上司に気に入られて、給料をアップさせる
  • 会社の体制を変えるぐらいの気持ちで。年功序列をひっくり返せ
  • 節約の意識や支出の見直しを。生活を変えると即効性アリ

 

この3つの意識を、仕事や生活に取り入れてみましょう。

 

安い給料に対して、ただ悩んでいたり愚痴をこぼすだけなのは、時間の無駄。

どうせなら、安い給料を逆にモチベーションアップに利用し、仕事や生活の質をアップさせませんか?

 

この記事は「安い給料に悩んでいる」「モチベーションの上げ方がわからない」と思っている人に読んでもらいたいと思います。

安い給料を上げたいなら、コツコツと努力を積み重ねる行動を、モチベーション高く心がけていきましょう。

 

スポンサーリンク

仕事の進め方を見直す。上司に気に入られて、給料をアップ

仕事

今のままスキルアップをせず仕事をして、働き方やルーティンを変えずに。

厳しいようですが、それでは安い給料のままです。

モチベーションも、上がらないでしょう。

 

なぜ安い給料のままでモチベーションも上がらないのかと言うと、上司からの評価が低いままだからです。

 

下手をすれば「いつまでたっても成長しない」と給料が下がる場合もあります。

安い給料を上げる一番の方法は、上司からの評価アップです。

 

上司からの評価を上げるためには、仕事方法の見直しが一番確実かつ、手っ取り早い方法です。

 

「やる気ない」は言い訳。即効性アリの改善方法を実行しよう

上司からの評価を上げるためには、業務効率化が手が出しやすいでしょう。

業務効率化とは言っても、難しく考える必要はありません。

 

  • 毎日のスケジューリングに無駄がないか
  • タイピングは他の人に比べて遅くないか
  • 電話が鳴ったら、誰よりも早く取っているか

 

などが、日頃からできる業務改善の一例です。

 

「限界がある…」と思っていても、意外とまだまだ効率化の余地があるもの。

上司からの評価を上げるために、今一度、業務効率化について考えてみましょう。

 

会社の体制を変えるぐらいの気持ちで。年功序列をひっくり返せ

仕事

年功序列の会社で、毎日頑張っているけれど、給料を早く上げたい。

そんな人には「本気で会社の体制を変えるぐらいの意気込み」で、働くのをおすすめします。

 

ただしこれには、長い年月が必要でしょう。

長く続いた会社の体制を変えるのは、一筋縄ではいきません。

 

そのため、この方法は「長く同じ会社で働きたい」と考えている人に向いています。

 

辞める気がないなら、制度を変えるぐらいの意気込みで臨もう

会社の体制をひっくり返すのは、正直言ってとても難しいです。

 

でも、昔はどんな会社も年功序列が普通でした。

それが今では、多くの会社が年功序列を辞めていっています。

 

会社のルールや体制は、変化するのが当たり前の時代です。

 

昨今は、新しい働き方を導入する企業も増えてきました。

もしも今の会社に腰を据えて、本気で働くつもりなのであれば…。

 

安い給料にモチベーションを下げたままよりも、年功序列をひっくり返すぐらい、頑張ってみるのも良いかと思います。

 

節約の意識や支出の見直しを。生活を変えると即効性アリ

仕事

「安い給料にモチベーションが上がらない」という不満は「生活が苦しい」「もっとゆとりを持ちたい」という気持ちの裏返しだと思います。

 

ということは「給料を上げる」よりも、節約をしたり、支出を見直すのが手っ取り早い場合があります。

 

生活を変えるのは、ちょっと体力や精神力が必要。

 

でも、給料を上げるために頑張ったり、安い給料を我慢するよりは「楽」ですよ。

 

ダイレクトに関係する生活水準の見直し。削れるところは削ろう

生活水準を見直すと、すぐにお金に反映されます。

人によっては、給料を上げるのに躍起になるよりも向いているかもしれません。

 

例えば、5000円給料を上げようと思ったときの労力。

何をどれだけ頑張れば良いのか、検討がつきにくいですよね。

 

でも、毎月5000円節約をしたり、支出を抑えようとすると、意外とうまくいきそうな気がしませんか?

 

入ってくるお金よりも、出ていくお金に目を向ける。

これで「給料が上がらない」という悩みを、間接的に解決できます。

 

モチベーションを下げない。給料や収入を底上げする4つの具体策

仕事

給料が安いと、どうしてもモチベーションが上がらないもの。

ですが、モチベーションが低いと、働くこと自体が面倒になってしまい、悪循環です。

 

安い給料でモチベーションを下げないために、給料や収入を底上げする具体策を練っていきましょう。

 

ぼく自身、安い給料に悩まされていた時は、行動を止めませんでした。

具体的に行動することで、働くモチベーションを高く維持することができます。

 

安い給料に嘆くだけでなく、実際に行動をすることで、モチベーションの高い生活をしていきましょう。

 

会社に給料アップの交渉をする

会社への給料アップ交渉は、従業員の正統な手段です。

勇気がいつことですが、上司に相談してみるのも、ひとつの方法だと思います。

 

ただしこの時、ただ給料を上げてくれと主張するだけでは、わがまま社員と認定されてしまうかもしれません。

 

安い給料をアップさせるために、仕事に対するモチベーションの高さをアピールしたり。

あるいは、今後のキャリアプランを熱弁してみたり。

 

「高いモチベーションはあるが、その分給料を上げて欲しい」というスタンスで交渉するのが大切です。

 

安すぎる給料で生活できないなら、転職を検討する

もしも安い給料で「生活が苦しい」のであれば、転職を検討しましょう。

無理に我慢して働いていると、モチベーションの低下どころか、過度なストレスを感じてしまいます。

 

生活に苦しむほどの給料の安さは、我慢する必要はありません。

 

安い給料で我慢して働く、そんなモチベーションは、長く続かないでしょう。

すぐにでも転職サイトに登録して転職市場の動向をチェックし、次の行動を検討してみてください。

 

給料が安いと言う人は、資格取得やスキルアップを目指す

給料が安いのであれば、個人のレベルアップを図りましょう。

具体的には、資格取得や、スキルアップを目指すのをおすすめします。

 

安い給料は、嘆いているだけでは解消されません。

 

個人でもっている資格やスキルは、現在の職場だけでなく、転職市場でも重宝されます。

自分の価値を高めるため、モチベーション高く行動していきましょう。

 

中小企業でもOK。副業をして収入を底上げする

会社からの安い給料はどうしようもない、そんな状況であれば、副業をしましょう。

これからの時代は、まず間違いなく副業が必須となります。

 

いっそのこと会社には給料アップを期待せず、副業をして個人で稼ぎましょう。

 

自宅で作業したいなら、パソコン1台でできる副業は「ランサーズ」や「クラウドワークス」で探せます。

時間に余裕がある人は、アルバイトをしてみても良いでしょう。

 

会社からの安い給料だけに依存せず、しっかりと個人で稼ぐのも、これからの時代を生き抜くコツです。

 

まとめ

イライラ

以上の3つのことを意識すれば「給料が上がらない」という悩みの解決に役立つと思います。

 

  • 仕事の進め方を見直す。上司に気に入られて、給料をアップさせる
  • 会社の体制を変えるぐらいの気持ちで。年功序列をひっくり返せ
  • 節約の意識や支出の見直しを。生活を変えると即効性アリ

 

とはいえ給料は、すぐには上がりません。

明日から実践したとしても、実際に給料が上がるのは来年、という会社が多いでしょう。(節約や支出見直しは即効性アリですが)

 

でも、毎日のコツコツが、いつか報われるはず。

むしろ、頑張っていないと、これからの給料アップは見込めません。

 

明日からの努力、そして継続。

それがきっと「給料が上がらない」悩みを解決する糸口になるはずなので、ちょっとずつ行動に移していきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました