体調不良で即日退職は難しい。出社日数を減らし退職日を早めることは可能

楽に生きる
スポンサーリンク

「体調不良で即日退職したい」

「仕事が嫌でもう会社に行きたくない」

 

体調不良という理由で即日退職したいという方は、この記事の内容を参考にしてください。

 

どうしても体が言うことを聞かないという場合や、気分の落ち込みが激しいと、すぐにでも退職したいと考えたりしますよね。

即日退職できるならどんなに楽か…と考えたことがある人は、多いはずです。

 

かいぞう
かいぞう

ぼくの場合は病院で診断書をもらい、その後出社することなく退職しました。うつによる体調不良です。

 

この記事を読んで頂ければ、体調不良による退職の検討は、とても危険な状態という認識をしてもらえると思います。

 

  • 心療内科を受診して診断書をもらう
  • 有給休暇を使って在籍期間を引き伸ばす
  • 退職代行サービスを使って出社日数を減らす

 

結論から言えば、体調不良で即日退職するのは難しいです。

しかし、出社日数を極力減らすことは可能。

 

最後まで読んで頂ければ「即日退職したい」「体調不良のせいで出社が困難」という悩みを解決できるかと思います。

 

スポンサーリンク

体調不良で即日退職したいのは、心のSOS

書類作成

体調に異変があるほど心が病んでいるのは、かなり心がSOSを出している状態です。

具体的な行動をして、退職までの計画を立てましょう。

 

心療内科を受診して診断書をもらう

即日退職したいと思うほどの体調不良なら、心療内科を受診しましょう。

おそらく、心が病んでしまって体調が悪いのだと思います。

 

心療内科は、心と体を診察してくれる病院です。

 

心療内科は、心理的・社会的な要因から引き起こされているからだの症状を扱う診療科です。

あべクリニック

 

体調不良が起きているけれど、その原因はストレスからきている場合は、迷わず心療内科を受診してくださいね。

即日退職したいと思うほどなら、すぐにでも心療内科に行くべきです。

 

メンタルケアや体の調子を整えるためにも、心療内科の受診をおすすめします。

 

有給休暇を使って在籍期間を引き伸ばす

即日退職をすると、いきなり無職になってしまうというリスクがあります。

職を失ってしまっては、次の日からお金や将来の心配をしてしまうので、あまりおすすめしません。

 

そのため、有給休暇を使って、できるだけ在籍期間を引き伸ばしましょう。

会社に在籍していれば、次のようなメリットがあります。

 

  • ブランク期間ができない
  • 有給消化中に転職活動ができる
  • お金の心配をすぐにしなくていい

 

これらのメリットは、自分を助けることにとても役立ちます。

少しでも在籍期間を引き伸ばし、退職までの期間を効率的に過ごしてください。

 

退職代行サービスを使って出社日数を減らす

退職代行サービスというものをご存知ですか?

即日退職したいと思うほどなら、利用を検討してみましょう。

 

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

労働問題弁護士ナビ

 

体調不良により「会社にもう行きたくない」という場合もあるかと思います。

そんな時に無理して出社しても、体調不良が悪化するだけ。

 

退職代行サービスを利用すれば、即日ではなくても短期間で辞めることは可能です。

 

退職代行サービスの無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

即日退社はできなくても出社日数は減らせる

退職

体調不良で会社を即日退職することは、少し難しいです。

しかし、出社日数を減らせることはできます。

 

ぼく自身、体調不良で休職し、そのまま出社せずに退職した経験があります。

 

心療内科で診断書をもらえば休職ができる

心療内科で診断書をもらえば、休職ができます。

病院の先生から「休職したほうが良い」と判断されれば、書類を上司に提出し、正当な手段で休職できるからです。

 

休職ということは、会社には在籍している状態。

給料は減ったり出なかったりしますが、無職の期間は減らせます。

 

休職ののちに退職しても問題はないので、体調不良を改善するという意味でも、心療内科で相談してみるようにしてください。

 

有給休暇を使えば在籍しながら次の行動が決められる

有給休暇は残っていますか?

即日退職はできなくても、有給休暇を消化しながら退職に向けて動くのも良いかと思います。

 

正当な手段なので、使わないのはもったいないです。

そしてその有給休暇中に、転職や退職後の行動を考えましょう。

 

ぼくの場合は、有給休暇中に学校入学の手続きをしたこともあったし、転職活動をしたこともあります。

制度はしっかり使って、無駄のないような期間を過ごすことをおすすめします。

 

退職代行サービスを使えば出社せずに辞められる

退職代行サービスを使えば、出社せずに辞められるかもしれません。

企業に対し、代わりに退職の相談をしてくれるからです。

もちろんあくまでも可能性の話ですが、試してみる価値はあるでしょう。

 

詳細は、退職代行サービスの会社に問い合わせてみてください。

有給休暇や休職の可能性を含めながら、法律に従って正当な手段で退職できると思います。

 

電話やメール、LINEで無料相談ができるので、効率良く退職をしたいという方は、ぜひ試してみてください。

 

退職代行サービスの無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

【まとめ】即日は難しくても対象不良での退職は可能

パソコン作業

即日退職をするのは、正直難しいです。

明日から職場に行きたくないと思っても、しばらくは出社しないといけないでしょう。

 

ですが、退職日を早めたり、出社日数を減らすことは可能です。

 

  • 心療内科を受診して診断書をもらう
  • 有給休暇を使って在籍期間を引き伸ばす
  • 退職代行サービスを使って出社日数を減らす

 

即日退職できなくても、計画的に効率良く退職に向けて行動できます。

しっかり無理のないように、退職に向けての計画を練るようにしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました