ガンガン伸びる。意識高いマインドで自己成長を加速させた3つの仕事術

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「成長速度を加速させたい」

「最短で効率良く成長する方法はない?」

 

こんな風に考える、ビジネスマンの人はいませんか?

 

仕事を意識高く頑張るあなたは、自己成長をいつも意識していると思います。

向上心が素晴らしく、きっとそれを考えているうちは、成長が止まることはないでしょう。

 

ぼく自身、自己成長を続け、加速させるために余念がありませんでした。

でも、どうやったら効率良く成長できるのか、悩んだ経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

目に見えないからこそ、努力の方向性が合っているのか気になる…。

 

こんな風に、成長しているかどうか不安になることもしばしば。

 

でも今では、成長するためのステップを理解し、日々成長を実感することができています。

 

なぜ、ぼくが成長を実感できるようになったのか?

それは、以下の3つのポイントを抑えて、仕事を進めていったからです。

 

  • すぐにパスをする。自分のところで仕事を止めないスピード感を
  • 読書量を増やす。先人たちの経験や知恵で、成長をショートカット
  • 相手も気持ち良く働かせる。生み出すべきは、良い仕事のサイクル

 

この3つを実践していけば、成長を実感しながらしっかり前に進めるようになります。

結果的に、上司や同僚、後輩からも良い評価を得られ、良いポジションを獲得できるようになるでしょう。

 

この記事は「成長速度を上げたい」「効率良く確実に、自己成長をしていきたい」と考えている人に、読んで欲しい内容です。

「成長したい」という気持ちを願望で終わらせないために、しっかり努力の方向性を決めて行動していきましょう。

 

スポンサーリンク

すぐにパスをする。自分のところで仕事を止めないスピード感を

仕事

仕事を自分のところで止めていませんか?

きたメール、気付いたらすぐに返信していますか?

 

自分のところで仕事を止めていたら、スピード感が生まれません。

 

成長するためには、スピード感を高めることが条件。

スピード感を上げて仕事をすると、自然に良い仕事ができたり、ゆとりを持って精度の高い仕事ができるようになります。

 

舞い込んできた仕事は早く処理して仕上げ、誰かにパスをする癖を身に付けましょう。

 

作業効率とゆとりを生む。とにかく仕事を回しまくろう

スピード感を意識すると、仕事が雑になってしまうかもしれません。

なので、丁寧な仕事をすることは、常に意識しておきましょう。

 

精度の高い仕事を、効率良く回すことによって、精神的なゆとりが生まれます。

 

とはいえ、全部の仕事をフルスピードで順番に片付けていくのは効率が悪いです。

ちゃんと優先順位を付けて、効率良く解決していき、できるだけ手持ちの時間を減らすことが目的。

 

作業効率と精度を上げ、自分のところで仕事を止めない工夫をしていきましょう。

結果的に、会社全体の仕事もうまく回るようになっていくと思います。

 

 

読書量を増やす。先人たちの経験や知恵で、成長をショートカット

仕事

読書の習慣はありますか?

もし読書の習慣がないという人は、どんどん本を読みましょう。

 

読書は、先人たちの経験や知恵が詰まっているので、手っ取り早く知識を吸収できる習慣です。

 

日常的に本を読んでいる人と、読んでいない人。

知識レベルに差があるのは、明らかですよね。

 

本を読むのが苦手…という人こそ、読書習慣を身に付けて、自己成長に繋げるべきだと思います。

 

インプットは正義。楽に経験値を貯めるために、読書習慣をつけよう

読書はしんどい…そう考える人も多いでしょう。

活字に慣れていなかったり、うまく時間が取れないという人は、そう考えてしまうかもしれません。

 

でも、本の著者と同じ経験をしようと思ったら、もっと労力と時間がかかってしまいます。

 

本の著者は、様々な経験をし、リサーチし、考え、本を執筆しています。

その手間をショートカットして、読むだけで成長できる…これほど効率の良い成長方法はありません。

 

読書が苦手という人も、1日のうち30分でも良いので習慣化を目指してみてください。

 

 

相手も気持ち良く働かせる。生み出すべきは、良い仕事のサイクル

仕事

成長をしようと思ったら、自分ひとりの力で頑張るのは効率が悪いです。

相手にも気持ち良く働いてもらう努力をすれば、良い仕事のサイクルが生まれます。

 

相手に気持ち良く働いてもらうために、あなたは常に「良い仕事」をする意識を付けましょう。

 

生み出すべきは「良い仕事のサイクル」です。

あなたが「良い仕事」をして相手も「良い仕事」を返してくれる。

これが、理想的な働き方。

 

いつも「良い仕事」をしようと考えていれば、自然と自己成長にも繋がっていくでしょう。

 

良い仕事をして、良い仕事を返してもらう。社内の好循環を生み出そう

あなたが「良い仕事」を続けていれば、どんどん好循環が生まれます。

その結果、社内全体のレベルアップに繋がり、会社としても成長していけるでしょう。

 

このように、個人発信でも「社内の好循環」を生み出すことは可能です。

 

あたなの「良い仕事」は、パスされたほうも嬉しく思うはず。

こうなれば、あなた自身の評価アップにも繋がるので、一石二鳥です。

 

社内の好循環を目指して、良い仕事を続け、自分の成長や評価アップを加速させていきましょう。

 

 

まとめ

仕事

以上の3つの点を抑えておけば、成長を止めることなく、むしろ加速させることが可能です。

 

  • すぐにパスをする。自分のところで仕事を止めないスピード感を
  • 読書量を増やす。先人たちの経験や知恵で、成長をショートカット
  • 相手も気持ち良く働かせる。生み出すべきは、良い仕事のサイクル

 

成長を加速させるのは、難しいことかもしれません。

でも意識することで、実際に加速させることは可能だし、周りを変えることもできます。

 

あなたの成長は、会社や周囲の人を成長させることにも繋がるので、あなた自身は「貴重な人材」として活躍できるでしょう。

 

どんどん、成長していきましょう。

そのために、小さな作業効率アップや毎日の意識改革、明日から実践していってください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました