うつ病での転職成功。失敗したくないなら気を付けたい4つのポイント

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「うつ病になったから転職がしたい」

「転職してうつ病を治したい」

 

そんな風に、今うつ病で転職を検討している人はいませんか?

 

ぼく自身、うつ状態になったことをきっかけに、転職をしました。

ですが転職先でうつ病が本格化してしまい、ドクターストップがかかってしまったという苦い経験があります。

 

かいぞう
かいぞう

転職してうつ病を回復させるつもりだったのに…。

 

ですが、今ではうつ病が回復して、日常生活も社会生活も普通に送れています。

結果的に転職は失敗となりましたが、なんとか新しい仕事でメンタルを立て直すことができました。

 

そんな経験から、今回は「うつ病で転職をする際のポイント」についてご紹介していきます。

 

  • 転職成功のポイント
  • 転職をする際の注意点

 

この記事は「うつ病が悪化する前に、今の状況から逃げ出したい」「転職して楽になる方法が知りたい」と考えている人に、読んで欲しいと思います。

 

うつ病での転職は可能ですが、しっかりポイントや注意点を理解して、次の行動を取るようにしてみてください。

 

スポンサーリンク

転職成功ポイント①:転職をする前に休職をする

休む男性

まずひとつめの転職成功ポイントは「転職をする前に休職をする」ということです。

今、うつ病に悩んでいる人は「転職しなければこの先どうにもならない」と考えていませんか?

 

転職をせずとも、休職してゆっくりすることで、うつ病を回復させることはできます。

 

休職ができるのであれば、ぜひ利用してください。

ゆっくり過ごすことで、心や体を休ませられるし、冷静な考えもまとまると思います。

 

転職をするだけが、うつ病を回復させる手段ではないのです。

 

いきなり退職をするのはリスクが大きい

転職のため、いきなり退職をするのはリスクが高いです。

職を失ってしまうと焦るし、良い転職先が見つからなければ、間違いなく病みます。

 

焦ったり病んだりしてしまうと、当然うつ病治療にも良くありませんよね。

 

できれば休職をして、できるだけ会社に籍を置いている期間を長くしましょう。

無職と休職では、精神的なゆとりが全然違います。

 

うつ病を回復させるためには、大きなリスクを取る必要はありません。

 

休職期間中に転職活動をしても問題なし

休職期間中に転職活動をしても、何も問題はありません。

正当な時間の使い方なので、誰にも文句は言われないでしょう。

 

休職期間中は、今後のために有効に使うことができます。

 

もちろん、うつ病の療養のために使っても大丈夫。

そして求人を見て良い会社があったら、転職活動をしても良いのです。

 

休職期間を上手に使うことで、職を失うというリスクを犯すことなく、しっかり転職活動ができるでしょう。

転職成功ポイント②:病院の先生に相談をする

病院の先生

転職を成功させるためには、自分ひとりで頑張らなくても良いのです。

精神科や心療内科の先生に、うつ病の相談をしながら今後の働き方を相談してみてください。

 

そもそも働ける状態なのかどうか、そこはプロに判断してもらいましょう。

 

もしもうつ病がひどくて働けない状態なら、無理して転職をするのは危険です。

大人しく療養しておかなければ、後々大変なことになってしまいます。

 

転職活動をする前に、働けるかどうかを先生に判断してもらい、ワンクッション置いてください。

 

仕事をしたほうが治る場合もある

うつ病なのであれば、大人しく仕事はせず療養したほうが良いと考えるかもしれません。

ですが実際には、働いたほうがうつ病が治っていくという場合もあるのです。

 

ぼく自身は、心療内科の先生から「働いたほうが良い」と言われたことがあります。

 

それは、やはりお金の問題です。

お金がない状態だと焦ってしまうし、精神衛生上良くないからですね。

 

休むことも大切ですが、お金もやっぱり大事。

そのあたりの判断も、病院の先生ならうまくしてくれると思います。

 

うつ病になると冷静な判断が難しい

うつ病になると、冷静な判断が難しくなります。

「転職しないといけない…」と思い込んでしまうのです。

 

そこで病院の先生から、第三者の目線で冷静な判断をしてもらいましょう。

 

自分の判断で物事を決めるというのは、とても難しいものです。

うつ病じゃなくても難しいので、無理もありません。

 

冷静な判断をしてもらって、転職や退職休職をするなど、今後の身の振り方を決定していきましょう。

 

転職成功ポイント③:部署異動を検討する

部署移動

もしも部署異動でうつ病が改善されそうなら、それでも良いと思います。

無理に転職を進めるよりも、リスクは低いでしょう。

 

やはり同じ会社なので、部署異動だと気が楽かと思います。

 

実はぼくの場合は、部署異動を拒否して後悔しました。

どうしても冷静な判断ができず、転職を選んでしまったのです。

 

ぼくと同じ経験をしないためにも、部署異もひとつの選択肢にしておいてください。

 

人間関係の悩みは改善されやすい

部署異動をすることで、人間関係は一新されますよね。

なので、上司や先輩からのパワハラに悩んでいる人にとっては、解消の糸口になるかと思います。

 

ですが、やはり同社内ということはマイナスポイントです。

 

小さな会社や、関わりが多い部署同士であれば、どうしても嫌な人と顔を合わせてしまいます。

そうなれば、うつ病の回復にも役立たないかもしれません。

 

人間関係から逃れられそうな気もしますが、状況によっては良い方向に向かわないこともあるので注意しましょう。

 

仕事内容に不満がある場合も有効

仕事内容がハードだったり、プレッシャーが強い場合。

この場合にも、部署異動は有効です。

 

負担が少なそうな部署に異動させてもらえれば、メンタルは自然と安定するでしょう。

 

注意点としては、部署異動をしても、楽な働き方ができるかどうかは働いてみないとわからないという点ですね。

ただその点で言えば転職も同じことなので、部署異動のほうが気は楽かと思います。

 

仕事内容に不満があるのであれば、転職ではなく部署異動を検討しても良いかなと思います。

 

転職成功ポイント④:就労移行支援サービスを利用する

仕事の相談

おすすめのサービスなのですが「就労移行支援」というものがあります。

うつ病患者や障害者の方に対し、働くための支援をしてくれるサービスのことです。

 

具体的にどのようなことをしてくれるのかは、以下の通りです。

 

  • 苦手分野のトレーニングができる
  • 転職の対策や活動を支援してもらえる
  • 長く働けるための支援をしてくれる

 

利用料も、ほとんどの人は無料で大丈夫。

ビジネススキルや対人コミュニケーションのケア、転職情報がもらえるので、転職や転職後にも有利なスキルが身に付くと思います。

 

資料は無料で請求できますので、ぜひ利用してみることをおすすめします。

 

就労移行支援の無料資料請求はコチラのサイトから。

働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ・ミラトレ】

 

うつ病で転職をする時の注意点5つ

仕事

うつ病で転職をする時には、以下の注意点に気を付けてください。

気を付けることによって、うつ病とうまく付き合いながら、仕事を継続できると思います。

 

①病気のことを隠さない

転職先に病歴のことを隠さない、これが大切です。

もちろん人や状況にもよりますが、ぼく個人的にはオープンにして就職するほうが良いと考えています。

 

うつ病の過去を話すことによって、仕事をセーブすることができます。

 

理解のある企業なら、仕事量や内容を調整してくれるかもしれませんね。

調子が悪い時に相談できるのも、メリットでしょう。

 

転職を成功させて楽な働き方をするためには、うつ病を隠さないほうが良いのかなと考えています。

 

ただしもちろん、うつ病を公表するデメリットもあります。

このあたりは、以下の記事で詳しく解説しています。

 

 

②給料を重視しすぎない

転職を成功させるには、給料はあまり気にしないほうが良いと思います。

給料って、やっぱり多いほうが魅力的ですよね。

でも、給料が良い仕事はハードなことが多いので、うつ病が悪化したり再発したりする可能性があります。

 

そうなると、例え転職は成功したとしても、結局病んでしまってまた転職してしまうかもしれません。

 

転職を繰り返すことになれば、転職成功とは言えないですよね。

仕事に定着し、長く働き続けることが大切ですから。

 

給料は安くても、魅力的で自分に合いそうな仕事を探す、これが転職成功のポイントだと思います。

 

③楽そうな仕事を探す

ひとことで「楽そう」と言っても、何をもって「楽」と感じるかは人それぞれ。

なので、自分にとって楽な仕事を考えてみましょう。

 

人と関わるほうが好きなのに、一般的に「楽」と言われている事務職を選んでも、うつ病は良くなってくれません。

 

自分にとって、どんな働き方が一番楽なのか。

しっかり自問自答することが大切です。

 

これをおろそかにしてしまうと、また転職を繰り返すことになったり、うつ病が悪化してしまう可能性があります。

 

④焦って転職先を決めない

転職を成功させるなら、絶対に焦ってはいけません。

「早く転職を成功しないと…」という焦りは、冷静さを欠いてしまいます。

 

ぼく自身、転職を焦ってしまい、まったく興味がないし、知識もない分野の会社に転職をしてしまいました。

その結果うつ病が本格化したし、後々さらに苦労してしまったのです。

 

そうならないためにも、絶対に焦らないことが大切。

もし冷静に判断できないのなら、友達や家族に、客観的に判断してもらうようにしてください。

 

焦る気持ちはわかりますが、転職を成功させるためには、できるだけ冷静になることが大切です。

 

⑤できれば異業種や異職種は避ける

転職をする際、できれば異業種や異職種は避けたほうが良いと思います。

全くの未経験から転職すると、ゼロからのスタートになるからですね。

 

ゼロから仕事を覚えないといけないのは、かなりの負担。

うつ病を回復させるためには、できるだけ負担のかからない働き方を目指したいものですよね。

 

ですが、心機一転ゼロからスタートしたほうが、メンタル的には良い場合もあります。

なので、絶対に異業種や異職種がダメということはありません。

 

このあたりは、今の仕事内容のストレスを探りながら、慎重に判断することが大切だと思います。

 

【まとめ】うつ病でも転職はできる。ただし冷静な行動を

仕事

うつ病でも、転職は成功できます。

後悔なく成功させるために、今回ご紹介した転職成功のポイントや注意点を気にするようにしてみてください。

 

ぼくは転職で、失敗も成功もしました。

失敗した時は落ち込んだし、うつ病が悪化してしまった経験もあります。

 

ですが転職が成功した時は、自分らしく働けて心は安定したし、自信を取り戻せてうつ病が回復していきました。

 

うつ病じゃなくても、転職は難しいものです。

だからこそ、冷静に焦らないように転職活動を行い、成功を掴み取ってくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました