休みがちになるほど仕事に行きたくない。解決するための3つの対策

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「仕事に行きたくない」

「休みがちな自分に嫌気がさしている」

 

そんな悩みを持つ人はいませんか?

 

ぼくは、うつ病を経験しました。

うつ状態になってからは「仕事に行きたくない」という理由で会社を休みがちに。

 

かいぞう
かいぞう

最終的にはドクターストップがかかり休職…そして退職して無職になりました。

 

ですが今では、仕事を普通にできるようになり、休みがちだった自分を変えることに成功しました。

 

ぼくがどのようにして、仕事に行きたくない気持ちを抑えることができたのか。

それは、以下の3つの対策を実践したからです。

 

  • 本気でリフレッシュ時間を作る
  • うつ病の可能性を疑ってみる
  • 体が動くうちに退職や転職を検討する

 

以上のことを実践すれば、仕事に行きたくないせいで休みがちな生活を、きっと変えることができるでしょう。

 

この記事は「仕事に行きたくない」「会社を休みがち」という人に、読んで欲しいと思います。

仕事に行きたくないという気持ちは、我慢するだけでは対処できません。

 

しっかり対策をして、休みがちな日々から脱却を目指してください。

 

スポンサーリンク

対策①:本気でリフレッシュ時間を作る

休暇

会社に行きたくない気持ち、我慢していませんか?

休みがちとはいえ、思う存分リフレッシュできていますか?

 

もしもなんとなく休みがちなのであれば、本気でリフレッシュする時間を作りましょう。

 

ぼくは、なんとなく会社を休み、ダラダラと過ごして時間を潰していました。

でもそれでは、罪悪感が残ってしまうんです。

非生産的な時間の使い方をしてしまって自己嫌悪になったし、不毛な時間を過ごした後悔が付きまとっていました。

 

どうせ休みがちになるなのであれば、しっかり休暇を取ってリフレッシュしましょう。

 

罪悪感や時間の無駄を感じない休み方が大切

仕事に行きたくないからといって、ただ無闇に休みがちになるのは効果的ではありません。

休むなら本気で休まないと、結局仕事に行きたくない気持ちが残ってしまうからです。

 

旅行に行ったり、おもいっきり趣味を楽しんでみましょう。

 

ここで大切なのは、しっかり計画を立てることです。

行き当たりばったりで休みを過ごすのではなく「どんな過ごし方が気持ちいいか」を考えて、休日のスケジュールを作ってください。

 

仕事に行きたくない気持ちを我慢するのではなく、休日を楽しむことに全力を尽くす、ということですね。

 

対策②:うつ病の可能性を疑ってみる

ナース

仕事に行きたくなくて休みがちになるのは、うつ病の可能性があります。

大袈裟と思うかもしれませんが、ぼく自身も実際にうつ病になったので、油断しないでください。

 

うつ病は、どんな人でもなってしまう病気です。

 

仕事に行きたくないのには、必ず理由があるはず。

そしてその理由のせいで、仕事を休みがちになってしまっても無理はありません。

 

仕事に行きたくないという気持ちが強かったり、実際に休みがちなのであれば、病気を疑ってみるのも大切かと思います。

 

心療内科や精神科を受診してメンタルケアを

うつ病の可能性を探るなら、心療内科や精神科を受診してください。

早めの対処をしないと、うつ病が本格化してしまい「休みがち」ではなく「休むしかない」状態になってしまいます。

 

ぼくは、仕事に行きたくない気持ちが強くなりすぎて、うつ病を発症しました。

ストレスからうつ状態になり、最終的には、朝起き上がれなくなってしまったのです。

 

そうなってしまってからでは、うつ病を治すのもひと苦労。

うつ病は長い治療期間が必要なので、仕事に行けない日が長く続いてしまいました。

 

早めに心療内科や精神科を受診して、メンタルケアをしっかりしましょう。

仕事に行きたくない気持ちを無視せず、休みがちな自分をもっと労ってあげてください。

 

対策③:体が動くうちに退職や転職を検討する

転職計画

仕事に行きたくない状態が続いていて、休みがちになっているなら、早めに将来のことを見つめ直しましょう。

退職や転職を、検討してみてください。

 

そもそも、なぜ仕事に行きたくないと思うのでしょうか?

なぜ、休みがちになってしまっているのか、原因はわかりますか?

多くの方は、次のような理由が思い浮かぶはずです。

 

  • 上司が厳しい
  • 仕事が激務
  • 残業が多い
  • 人間関係がうまくいかない
  • 仕事が楽しくない
  • 人事が相談に乗ってくれない
  • 共感してくれる人がいない

 

など、挙げ出すとキリがありませんよね。

仕事に行きたくない理由はたくさんありますが、そのほとんどは、退職や転職をすれば解決します。

 

退職や転職は、逃げではなく前進

退職や転職をすることを「逃げ」のように考えていませんか?

真面目で責任感のあるあなたは、きっとダメなことだと考えてしまうと思います。

 

ですが仕事に行きたくないからといって、休みがちの状態が続くほうが、時間がもったいないです。

 

自分の人生に対して、責任感をもっと持ってみてください。

休みがちになるほど仕事に行きたくないのであれば、我慢しなくて良いのです。

 

転職や退職をしたほうが、人生は間違いなく有意義になりますよね。

 

退職や転職は次のステップに繋がる行動なので、もし「逃げ」のように感じているならその考えを改めてみてください。

 

ですが、退職するのにも、勇気が必要ですよね。

 

  • 職場の上司が退職を許してくれない
  • 仕事がなかなかひと区切りしない
  • 仕事が大変すぎて退職のことを考えられない

 

このような理由などで、退職ができないという人も多いです。

 

そんなあなたは「退職代行」というサービスを利用してみてください。

退職代行とは、以下のようなサービスのこと。

 

退職代行(たいしょくだいこう)とは、労働者が会社を退職したいと考えた場合に、労働者に代わって退職の処理を行ってくれるサービスです。

労働問題弁護士ナビ

 

あなたの代わりに、企業に対して退職の話をしてくれたり、手続きをしてくれます。

法律に従って話を進めてくれるので、もちろん安心安全です。

 

仕事に行きたくない気持ちは無視せず、休みがちな毎日は変えていきましょう。

 

退職したいけれどできないという方は、ぜひ一度問い合わせてみてください。

電話やメール、LINEで無料相談できるので、最初のハードルはとても低いかと思います。

 

退職代行サービスの無料相談はコチラから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

【まとめ】仕事に行きたくないなら、早めの対策を取ろう

悩み

休みがちになるほど仕事に行きたくないのであれば、この記事でご紹介した3つの対策を参考にしてみてください。

 

  • 本気でリフレッシュ時間を作る
  • うつ病の可能性を疑ってみる
  • 体が動くうちに退職や転職を検討する

 

仕事に行きたくないと思うのは、誰にでもあることです。

休みがちになってしまうのも、たまにならありえること。

 

ですが、そんな状態が長く続いているのであれば、何か対処をする必要があります。

 

ぼくの場合は、最終的にうつ病になってしまったので、手遅れを経験しました。

そうなってからでは遅いので「自分はまだ大丈夫」と思わずに行動してみてください。

 

休みがちになるほど仕事に行きたくない状態、早く抜け出す工夫をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました