無駄な時間がなくなる。選択肢を減らして効率アップさせた3つの方法

時計人生をコントロールする
スポンサーリンク

「時間を無駄にしている生活を変えたい」

「気がつけば無駄な時間を過ごしていて後悔する」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

ぼく自身、休日の時間が下手で、貴重な休みを無駄に使ってしまった経験があります。

自己嫌悪になりつつも、同じ生活を繰り返してしまい「改善したいけどどうすれば…?」といつも思っていました。

 

かいぞう
かいぞう

なんとなくYouTubeを見て、テレビを見て、友達と不毛なLINEをして…。あれ?やりたいことが全然できていない。

 

そんな風に、時間の使い方に悩み、上手く時間を使えない自分にモヤモヤ。

 

ですが今では、ちゃんと時間を上手く使えるようになっていて、効率良く毎日を過ごせるようになっています。

 

ぼくが、どのようにして時間の使い方を効率化させたのか。

それは、以下の3つの方法を実践したからです。

 

  • スマホの通知をオフにする。時間泥棒は、身の周りから排除
  • ニュースは知りたい情報だけ。テレビをつける習慣をやめる
  • 小さな目標設定をする。ダラダラ過ごすのは、目標がないせい

 

この3つの方法を実践すれば、時間の使い方に悩んでいるあなたも、上手に時間が使えるようになると思います。

その結果、仕事は効率良く進み、プライベートは充実させられ「やりたいこと」や「やるべきこと」をこなせるようになるでしょう。

 

この記事は「時間の無駄をなくしたい」「無駄に時間を消費する自分を変えたい」と思っている人に、特に読んで欲しいと思っています。

時は金なり。

時間の使い方をマスターして、無駄のない有意義な生活を送れるよう、工夫していきましょう。

 

スポンサーリンク

スマホの通知をオフにする。時間泥棒は、身の周りから排除

スマホ男性

時間の使い方を上手にするためには、まずスマホの通知をオフにしましょう。

「大切な連絡があるかもしれない」ということなら、LINEやメール、電話などのアプリだけ、通知をオンにしておいてください。

 

それ以外の通知は全て切っておくと、時間を泥棒されずにすみます。

 

クーポン情報やゲームアプリからの通知、役に立ちますか?

基本的に、役に立ちませんよね。

役に立たない割に、ついスマホを見てチェックしてしまうという経験、あると思います。

 

そしてそのままスマホを触り続け、いつの間にかYouTubeを見てしまう…。

これが、スマホによる時間泥棒の手口です。

 

必要なアプリ以外の通知は全て切って、スマホを触る時間そのものを減らしましょう。

 

スマホはつい見てしまう。時間を有効に使うため、見ない時間を作ろう

せっかくスマホの存在を忘れていたのに、通知がきて集中力が途切れてしまった。

そんな経験は、誰でもあると思います。

 

そして問題なのは、一度スマホを触り出してしまうと、ついYouTubeやゲームアプリを開いてしまうということです。

 

これは言うまでもなく、時間を有効に使えない原因。

集中したい、やるべきことを終わらせたい、そんな時にスマホに邪魔されると、いつの間にか時間が経ってしまいます。

 

スマホを見ていない、触っていない時間を増やすことで、かなりの時間を生み出すことができるはずです。

 

 

ニュースは知りたい情報だけ。テレビをつける習慣をやめる

テレビ

なんとなくテレビをつけて、ダラダラ過ごしてしまった経験はありませんか?

それで時間を潰してしまい、後悔した経験がある人も多いかと思います。

 

なんとなくテレビをつける習慣は、今すぐやめましょう。

 

もちろん、ストレス発散だったり、情報収集したり、リラックスするためにテレビを見るのはOKです。

でもその場合も、時間を決めたり、見たい番組だけを見るようにしてみてください。

 

1時間番組のテレビをダラダラと見続けてしまうと、知らない間にたくさんの時間を消費してしまっていますよ。

 

その1時間がもったいない。嫌な情報やいらない知識を排除しよう

テレビは、時間を奪うばかりか、心を乱す道具でもあります。

容赦なく流れる悲惨なニュースや、悲しい出来事を見ていると、ネガティブな感情になってしまうものです。

 

ネガティブな感情になってしまったら、有意義な時間を過ごすことは到底不可能ですよね。

 

テレビ番組は、本当に上手く作られています。

視聴者を飽きさせないように工夫したり、感情を離さないように作られているもの。

それに踊らされてつい見入ってしまうのは、人間として仕方がありません。

 

テレビを見ながら何かをするのは諦めて、テレビを見ないように心がけ、時間を奪われない環境を作りましょう。

 

 

小さな目標設定をする。ダラダラ過ごすのは、目標がないせい

時間

毎日、何か目標を持って生活していますか?

仕事でも私生活でも、目標があるのとないのとでは、時間の使い方が大きく変わってきます。

 

ついダラダラしてしまうのは、目標設定が曖昧だからです。

 

例えば仕事。

ひとつの資料を作成するのに「今日中」を目標にするのか「1時間」を目標にするのか。

言うまでもなく「1時間」と目標設定したほうが、時間を効率良く使えます。

 

晩ご飯の準備も同じです。

「18時までに」じゃなく「1時間で作る」ように目標設定をしましょう。

 

時間を無駄にしないために、目標設定を細くして、無駄がないよう効率良く進めていきましょう。

 

毎日クリアして達成感を得る。理想の休日の過ごし方を想像しよう

毎日目標を設定して、クリアしていく。

そうすれば、毎日達成感を得ることができます。

 

達成感を得られると、幸せな気持ちになり「時間を有意義に使った」と実感できるでしょう。

 

休日は、目標や目的がないと、ついダラダラ時間を使ってしまいます。

無駄に時間を使ってしまって後悔するぐらいなら、ダラダラからは卒業しましょう。

 

小さな目標でも良いので、達成感が得られる時間の使い方を工夫してみてください。

 

まとめ

時間

以上の3つの方法を実践すれば「時間を無駄にしたくない」という悩みを、減らすことができます。

 

  • スマホの通知をオフにする。時間泥棒は、身の周りから排除
  • ニュースは知りたい情報だけ。テレビをつける習慣をやめる
  • 小さな目標設定をする。ダラダラ過ごすのは、目標がないせい

 

時間の無駄を減らしたい、そんな悩みは「小さな変化」で解消できます。

自分の時間を有意義に使うために、生活習慣を見直してみてください。

 

使える時間が1時間でも増えれば、毎日の充実度はかなり変わってきます。

 

YouTubeやテレビを見ていると、1時間なんてあっという間ですよね。

でもその1時間で、やりたいことに向き合えるはず。

 

時間泥棒とはサヨナラして「やりたいこと」や「やるべきこと」をどんどんこなせるよう、時間の使い方を見直してみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました