任せるスキルを磨こう。仕事が忙しすぎる毎日を脱した3つの具体策

効率化させる
スポンサーリンク

「仕事が忙しすぎる」

「忙しすぎるせいで、仕事の精度に影響が出ている」

 

そんな風に悩んでいるサラリーマンの人はいませんか?

 

仕事が忙しいのは、悪いことではありません。

ですが、忙しすぎると精神的にも体力的にも参ってしまいます。

さらには、仕事の精度も下がっていき、効率良く働けなくなってしまいますよね。

 

ぼく自身、仕事が忙しすぎるせいで、逆に適当に働いてしまった経験があります。

忙しすぎるから目の前のタスクをこなすのに精一杯、精度を気にする余裕がなくなっていました。

 

かいぞう
かいぞう

つまらないミスが増えたり、やり忘れた仕事が出てきたり、もうボロボロ…。

 

そんな風に悩んでいる時期があり、なんとか改善したいと思い、いろいろ仕事術を試してみることに。

 

その結果、今では忙しすぎる働き方を回避することに成功し、ゆとりを持って、目の前の仕事に向き合えるようになりました。

ゆとりが出ると、仕事はどんどん効率化し、精度も上がり、つまらないミスもなくなります。

 

では、どうやってぼくが忙しすぎる働き方を解消できたのか。

それは、以下の3つのことを実践したからです。

 

  • 自分にしかできない仕事を減らす。他人に任せるスキルを養おう
  • スケジュールを見直し。上司と共有して余裕のなさをアピールしよう
  • なんでも引き受ける自分を正す。少しの頑固さは、未来の自分を救う

 

この3つのことを意識すれば、つまらないミスに悩むこともなく、仕事に忙殺される毎日を楽にすることができます。

結果的に上司からの評価も上がり、昇進や昇給にも繋がっていくでしょう。

 

この記事は「仕事が忙しすぎてつらい」「つまらないミスが増えて自己嫌悪になっている」という人にこそ、読んで欲しいと思っています。

 

忙しすぎる毎日を解消して、良いサイクルで仕事ができるように、ぜひ実践してみてください。

 

スポンサーリンク

1. 自分にしかできない仕事を減らす。他人に任せるスキルを養おう

仕事

「仕事が難しい」「手順がややこしい」など、そんな仕事は、少なからずあると思います。

その仕事は、あなたにしかできないと「勘違い」していませんか?

 

忙しすぎる毎日を変えるためのコツは、他人に仕事を任せること。

 

取り掛かっている仕事で、他人に任せられそうな仕事はないでしょうか?

仕事を放棄するのではなく、他人に仕事を任せるのは、ひとつの「スキル」なんですよ。

 

もちろん、ただ仕事を丸投げするのではありません。

ちゃんとマニュアルを作って、どうやってその仕事をするのかを、しっかりまとめておきましょう。

 

そうすることで、あなたの仕事は「誰でもできる仕事」になり、忙しすぎるあなた自身の負担を減らすことができます。

 

「自分じゃないとできない」はエゴ。「誰でもできる仕事」へと落とし込む

「自分にしかできない仕事」というのは、極論で言えばあり得ません。

どんな仕事でも、しっかりマニュアルが整備されていたり、仕組み化されていれば「誰でもできる仕事」になります。

 

もちろん「重要な決済」など責任がある仕事に関しては、この限りではありません。

ですが、基本的に「難しい仕事」でも「誰にでもできる仕事」に変えることができます。

 

「替えの効かない人材」になるのは大切。

ですが、難しい仕事をこなし続ける忙しすぎる人が「替えの効かない人材」ではありません。

 

「難しい仕事」を「簡単な仕事に落とし込む」ことができる人こそ「替えの効かない人材」です。

 

「誰にでもできる仕事」へ落とし込めれば、忙しすぎる毎日は劇的に変化していくでしょう。

 

2. スケジュールを見直し。上司と共有して余裕のなさをアピールしよう

仕事

忙しすぎる毎日を変えるためには、タイムスケジュールを見直してみるのが基本です。

ですが、見直すだけでは効率化に限度があります。

 

つまるところ、人員を増やさなければ、忙しすぎる毎日は根本から解決することはできません。

 

そのための具体策として、あなたのタイムスケジュールを見直し、それを上司と共有しましょう。

上司と共有して「これ以上の効率化は無理で、人手がどうしても足りない」と感じてもらってください。

 

そうすることで、上司は人員の補充を検討してくれるでしょう。

 

人員を補充してもらうためには「忙しすぎる」「つらそうに働いている」というアピールだけでは難しいです。

 

いかに「人手が足りていないか」「これだけ効率化しているのに手が回らないか」を主張してこそ、やっと上司は人員の補充を検討してくれます。

 

事務作業などの無駄な時間を削減。上司の理解を得て、人手不足を解消

会社としては、人件費は削減したいものです。

そのため、社員がただ忙しすぎるだけでは、人材の補充を検討しないでしょう。

 

人員の補充は、会社にとってとても慎重になる施策のひとつ。

 

「忙しすぎるから人を雇ってくれ!」と言ったところで、補充は見込めません。

まずは自分のタイムスケジュールを見直し、最大限の効率化を目指す。

それでも忙しすぎる現状を変えることができないなら、そのタイムスケジュールを上司と共有しましょう。

 

上司に「人材を補充するべき理由」を突きつけて、忙しすぎる毎日の根本的解決を目指してみてください。

 

3. なんでも引き受ける自分を正す。少しの頑固さは、未来の自分を救う

パソコン

振られた仕事、なんでもOKしていませんか?

確かに「なんでも快く引き受けてくれる人」は評判が上がります。

でも、それで自分の首を締めてしまって忙しすぎる日々を過ごすのでは、元も子もありません。

 

忙しすぎる毎日を送った挙句、仕事の精度が下がってしまっては、結果的にあなたの評価が下がることになってしまいます。

 

ちょっとだけで良いので、頑固になってみませんか?

仕事の安請負いをやめて、本当に自分じゃないとできない仕事なのか検討してみる。

 

それをするだけで、仕事の負担は随分と減り、忙しすぎる毎日を回避できます。

なんでも「良い子」になって仕事を受けて、結果的に忙しすぎる毎日を送るなら、少し頑固になることも検討してみましょう。

 

ミスも減らせる。「No」と言えるのもスキルを身につけよう

仕事を頼まれて、了解するのは誰にでもできることです。

「No」と言えるのは、一種のスキルなので、身に付けておくと便利ですよ。

 

ただし、ただ「No」と言うだけでは、人間関係が悪化してしまいます。

 

「なぜ自分がやらないといけないのか」「本当に自分じゃないといけない仕事なのか」を確認して、その上で「Yes」か「No」を判断しましょう。

 

簡単に仕事を請け負うのではなく、ちゃんと吟味して仕事を受ける。

これを徹底化することで、忙しすぎる毎日のタムスケジュールや、ケアレスミスを、見直すことができます。

 

【まとめ】忙しすぎる仕事環境は変えられる

忙しい

以上の3つを、具体的に実践してみて、忙しすぎる毎日を卒業しましょう。

 

  • 自分にしかできない仕事を減らす。他人に任せるスキルを養おう
  • スケジュールを見直し。上司と共有して余裕のなさをアピールしよう
  • なんでも引き受ける自分を正す。少しの頑固さは、未来の自分を救う

 

仕事に追われる毎日というのは、調子が良いときは快感を覚えるものです。

でも、うまくいかないときや忙しすぎるが続くと、とことん歯車が噛み合いません。

 

少しの時間的余裕を持つことで、精神的に楽になり、結果的に「仕事の精度」や「上司からの評価」のアップに繋がります。

 

「仕事が忙しすぎる、毎日つらい思いをしている」という人こそ、具体的に毎日を「楽にするため」に行動してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました