毎日仕事に行きたくない。限界を迎える前に実践したい6つの対策

楽に生きる
スポンサーリンク

「仕事に行きたくない」

「毎日仕事に行くのが苦痛すぎる」

 

そんな風に、毎日のように仕事に行きたくないと思っている人はいませんか?

 

ぼくは、毎朝起きるたびに、仕事に行きたくないと思っていました。

寝る前から仕事に行きたくないと言う気持ちに、そして不眠症になり…。

挙げ句の果てにうつ病にかかり、ドクターストップがかかって退職してしまいました。

 

かいぞう
かいぞう

うつ病になってしまって、人生狂いました。仕事に行きたくないという気持ちを無視していたせいですね。

 

そんなぼくですが、今では仕事に前向きに取り組めています。

うつ病からも回復し、しっかり自分の人生を歩めるようになりました。

 

ぼくが、どのようにして仕事に行きたくない毎日を改善させたのか。

それは、以下のようなことを実践したからです。

 

  • 転職サイトに登録する
  • 心療内科を受診してみる
  • 仕事への不満を考えてみる
  • おもいきって仕事を休んでみる
  • 退職代行サービスについて調べる
  • 仕事後や週末に楽しみな予定を入れる

 

以上のことを実践すれば、仕事に行きたくない気持ちを抱えている毎日を、抜け出せると思います。

結果的に、気持ちよく働ける毎日を手に入れることができるでしょう。

 

この記事は「毎日仕事に行くのがつらい」「楽に働ける方法を模索している」という人に、読んで欲しいと思います。

仕事に行きたくない毎日を送るのは、とても人生の無駄です。

 

しっかり改善して、より良い生き方と働き方を手に入れていきましょう。

 

スポンサーリンク

仕事に行きたくないのは普通。でも毎日は異常

悩み

まず、仕事に行きたくないと思うこと自体は普通のです。

ほとんどの人は嫌々仕事に行ったり、プレッシャーを感じながら働いています。

 

ですが、毎日行きたくないと感じるのは、ちょっと異常かもしれません。

 

毎日のように行きたくない気持ちになり、そしてそれが何ヶ月も続く。

人間関係や仕事の激務で、精神がすり減っている…そのような場合は、早めに対処するほうが良いと思われます。

 

例えばぼくの場合、仕事に行きたくない毎日に耐えて耐えて…ある日突然体が言うことを聞かなくなりました。

朝、目は覚めているんですが、体が拒否反応を起こして起き上がれなくなってしまったのです。

 

それが、うつ病の始まりでした。

このような感じで、突然病気のスイッチが入ってしまうこともあります。

 

毎日仕事に行きたくないと思っている人は、これからご紹介する改善方法を、できるだけ早めに実践するようにしてみてください。

 

対策①:転職サイトに登録する

スマホ

すぐにでもできる対策として「転職サイトに登録する」のをおすすめします。

実際に、転職活動をしなくても大丈夫です。

 

ここで大事なのは、転職のアンテナを張り始めるということ。

いつでも転職できるように、準備をし始めるというわけですね。

 

どんな仕事があるのか、求人の状況はどんな感じなのか、それは転職サイトを毎日眺めることから始まります。

 

転職サイトを眺めていると落ち着く

転職サイトは、眺めるだけなら隙間時間にできます。

そして眺めていると、不思議と前向きな気持ちになれたりするものです。

 

前向きになれる理由は、以下の通りです。

 

  • 時間を有効に使えている
  • 転職情報に詳しくなれる
  • 将来の目標ができる
  • やりたい仕事に挑戦しようという気持ちになる
  • 仕事を辞める決心がつく
  • 毎日の仕事生活の現実逃避ができる

 

など、挙げ出せばキリがありません。

見るだけは無料なので、登録して毎日求人情報を見ることをおすすめします。

 

仕事に行きたくないから現実逃避をするのではなく、前向きに時間を潰していきましょう。

 

対策②:心療内科を受診してみる

ナース

毎日仕事に行きたくないというのは、もしかすると何かの精神病かもしれません。

これは大げさではなく、実際にぼくもそうだったからです。

 

毎日のように仕事に行きたくない状態が続くと、うつ病になりかねません。

 

ぼく自身も、毎日嫌な気持ちが続いていました。

仕事に行きたくない気持ちを我慢して、無理をしていたのです。

 

その結果うつ病になってしまい、結果的に長く仕事ができない状態になりました。

 

心療内科や精神科は特別な場所じゃない

毎日、憂鬱な気持ちで過ごしているのであれば、心療内科や精神科を受診しましょう。

ぼくの場合は心療内科に行ったのですが、何も特別な場所ではありません。

 

最初の一歩は緊張するかもしれませんが、慣れると普通に通えます。

 

ぼくの経験上、毎日仕事に行きたくないのは異常なことです。

その不安な気持ちは、プロに相談して、早めに対処するようにしてください。

 

特に、夜不安で眠れなかったり、四六時中気分が優れないのであればなおさらです。

 

早めに病院を受診して、話を聞いてもらったり、薬を処方してもらうようにしてください。

 

対策③:仕事への不満を考えてみる

仕事

毎日仕事に行きたくないのには、何か理由があるはずです。

例えば「朝起きるのが嫌」という理由ひとつにしても「なぜ朝起きるのが嫌なのか」の答えがあるはず。

 

  • 嫌いな上司の顔を見るのが嫌だから
  • 怒られる1日を想像してしまうから
  • 同僚と打ち解けられず気まずい思いをするから
  • なんのために働いているのかわからないから
  • 毎日の残業のせいで寝不足になっているから

 

毎日嫌だなと思うことには、必ず理由があります。

そして仕事に行きたくない気持ちを解消するためには、何をしたら良いかを考えてみましょう。

 

不満を解消するためにできることを探す

毎日、積み重なってしまっている不安や不満。

嫌な気持ちは、どうしたら解消されますか?

 

我慢にも限界があるので、早めに解決方法を探しましょう。

 

上司が嫌すぎるなら、部署移動や転職を考える。

残業をしないために、仕事効率化を図ってみる。

 

行動をしなければ、毎日の仕事に行きたくない気持ちは解消されません。

勇気と気力があるうちに、不満の正体を突き止め、しっかり対策を取るようにしてみてください。

 

対策④:おもいきって仕事を休んでみる

休む

どうしても仕事に行きたくないなら、おもいきって休んでみるのも方法のひとつ。

あまり大きい声では言えませんが、ぼくも仮病を使って休んだことはあります。

 

休むことによって、心と体の平穏を保てる場合もあるのです。

 

もちろん「仮病を使え」とおすすめするのは気が引けます。

ですが、毎日仕事に行きたくないというのは「未病」の可能性もあるのです。

 

「未病」とは、発病には至らないものの軽い症状がある状態です。

五臓六腑がつながっているという考えが根本にあり、軽いうちに異常を見つけて病気を予防するという考え方です。

日本医師会

 

要するに「今は病気ではないけれど、病気になる前の段階」ということですね。

この段階で対処するということになりますので、たまには体調不良という理由で、会社を休んでみるのもアリだと考えています。

 

対策⑤:退職代行サービスについて調べる

エージェント

仕事を辞めるのが怖い、何を言われるかわからない。

そんな人は、退職代行サービスについて調べてみてください。

 

退職をすること自体が怖くて、仕事を辞められないという人はかなりいます。

 

ぼくの友人も「毎日仕事に行きたくないから辞めたいけれど、辞めると言い出すのが怖い」と言っていました。

上司や先輩からの圧力があるので、なかなか言い出せないのでしょう。

 

退職したいという意思は固まっている…でも躊躇してしまっているなら、退職代行サービスを検討してみてください。

 

自分の力で退職できない人は多い

退職代行サービスは、近年とても流行しています。

その理由は、退職したくても自力で退職できない人が多いからですね。

 

  • 強引に会社に引き止められる
  • 職場の上司が退職を許してくれない
  • 仕事に目処が立たず途中で放り出せない
  • 退職すると伝えたら嫌がらせをされる

 

このようなことは、日本中で起こっていることです。

 

退職をするのは、個人の自由です。

なので退職できないからといって、あなた自身を責める必要はありません。

 

もしも退職代行サービスが気になるなら、ぜひ問い合わせてみてください。

無料で電話やメール、LINEで相談できるので、ハードルは低いかと思います。

 

退職代行の無料相談はコチラのサイトから。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

 

対策⑥:仕事後や週末に楽しみな予定を入れる

遊ぶ

毎日仕事には行きたくないけれど、楽しみがあると頑張れる。

このような方は、どんどん楽しい予定を入れましょう。

 

ただし無理は禁物です。

ぼくの場合は、最終的に遊びの予定も休日も、楽しめなくなるまで仕事が嫌になりました。

 

一時しのぎのために、予定を入れまくるのはアリだと思います。

ですが毎日の嫌な気持ちが残るようであれば、早めに他の方法も試しておくのが良いと思います。

 

【まとめ】毎日仕事に行きたくないなら、何か行動を

仕事

以上の6つのことを実践すれば、毎日仕事に行きたくない気持ちを紛らわせたり、なくすことができるはずです。

 

  • 転職サイトに登録する
  • 心療内科を受診してみる
  • 仕事への不満を考えてみる
  • おもいきって仕事を休んでみる
  • 退職代行サービスについて調べる
  • 仕事後や週末に楽しみな予定を入れる

 

仕事に行きたくない気持ちが毎日続くのなら、我慢には限界があります。

ぼくのようにうつ病になってしまうこともあるので、早めに行動したほうが良いです。

 

後々病気になってしまっては、後悔してしまいます。

一度うつ病になってしまったら、下手をすれば何年も仕事ができなくなってしまうでしょう。

ぼくの場合も、丸2年ほどかかりました。

 

前向きに働ける環境を手に入れるためにも、早めに行動するようにしてみてください。

毎日仕事に行きたくない気持ちを無視せず、しっかり対処していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました