なぜ使えば増える?お金を使いすぎた後にできる後悔の減らし方3つ

モチベーションを上げる
スポンサーリンク

「お金を使いすぎてピンチ」

「お金を使いすぎて後悔している」

 

こんな「お金を使いすぎて後悔している人」はいませんか?

 

ぼく自身、かなりの浪費家でした。

クレジットカードがあればとりあえずなんでも買える…そして引き落とし日の翌日は急に貧乏…。

 

かいぞう
かいぞう

毎月お金を使いすぎて後悔しているのに、同じ毎日を繰り返してしまう…!

 

こんな感じの日々を送っていましたが、今ではお金を使いすぎても後悔しすぎない考え方ができています。

 

ぼくがどのようにして、お金を使いすぎて後悔しなくなったのか。

それは、以下の3つの考え方を身に付けたからです。

 

  • お金は、使う人のところに回ってくる
  • 何にお金を使いすぎたか把握することが大切
  • お金を使いすぎて良くなる場合もある

 

この3つの考え方を意識していれば、お金を使いすぎての後悔が少なくなるはずです。

結果的に、不安な気持ちで毎日を過ごすことも減るでしょう。

 

この記事は「お金を使いすぎて後悔している」「毎日お金の心配をしている」という人に、読んで欲しいと思います。

少しでも、お金を使いすぎての罪悪感を減らしていきましょう。

 

スポンサーリンク

お金は、使う人のところに回ってくる

お金

お金は、使えば使うほど回ってきます。

でも、ただ使いすぎたのでは意味がありません。

 

有益な使い方をすれば、そのお金は回り回って自分のところに利益を生み出してくれます。

 

例えば、友達と遊ぶのにお金を使いすぎたとします。

「出ていくだけ」のお金のようにも感じますが、それで友達と良いコミュニケーションが取れたのなら安いものです。

または、欲しい服をたくさん買って、お金を使いすぎたとしましょう。

それで、周りの人に好印象を持ってもらったり、自分に自信がついたのなら良い投資と言えます。

 

その結果、将来的にお金が入ってくることもあるので、お金を使いすぎたと思っても「実は自己投資だった」ということもあり得るでしょう。

 

使わずに貯めていても、心が満たされないなら意味がない

お金は使わずに貯めているだけでは、心から満たされません。

もちろん、生活費やある程度の貯金は必要です。

 

ですが、ただやみくもに貯めるだけでは満足感は得られません。

 

お金を貯めるためには、当然ながら「入ってくるお金」が必要ですよね。

入ってくるお金をどうやって得るのか、それは稼ぐことです。

では、稼ぐためにはどうすればいいのか?

自己投資をして、自分のことや体験、経験にお金を使わなければいけません。

 

何もしていないのに収入だけが増えるというのは、このご時世なかなかあり得ないことでしょう。

多くの人は、自分のスキルを上げたり経験を増やすために、お金を使います。

たまには「お金を使いすぎた」と感じることもあるでしょう。

 

ですがその「お金を使いすぎた」という経験こそ「お金が入ってくるための投資」であることも頭に入れて、気持ちを楽にしていってください。

 

何にお金を使いすぎたか把握することが大切

お金

お金を使いすぎた…と感じている人の多くは、何にお金を使いすぎたのかを把握できていない場合があります。

かつてのぼくもそうでした。

ざっくり分けると「雑費」が多かったように思います。

 

何にお金を使いすぎたのかを把握すれば「意外と使いすぎではないかも?」と思えることもあります。

 

例えば、お金を使いすぎているのが移動費の場合。

タクシーに頻繁に乗る癖がついている人は、お金を使いすぎたと悩むかもしれません。

でもそれって結局「時間を買っているので、実はあまり損してない」こともあります。

 

まずは何にお金を使いすぎているのかを把握し、自分を納得させるために考え方や向き合い方を変えてみましょう。

 

使いすぎと感じたら「自己投資」に変えてしまってもOK

自己投資、していますか?

自己投資と聞くと「読書」とか「セミナー」を思い浮かべるかもしれません。

 

でも「映画」でも「ライブ」でも「飲み会」でも、自己投資と捉えることはできます。

 

お金の使いすぎは、全て自己投資に変えることができるのです。

例えば、映画。

なかなか得られないような経験を、擬似体験できますよね。

 

またはライブ。

高揚感や快感を得て、気持ちを上げられますよね。

 

このように、どんなにお金を使いすぎてしまっても、全て「自己投資に変える」ことができます。

この考え方を身に付けていれば、お金を使いすぎて悩む心配はなくなるでしょう。

 

お金を使いすぎて良くなる場合もある

お金

お金を使いすぎると、自己嫌悪に陥りますよね。

でも、心配はありません。

 

使いすぎてみないと、得られない経験もあるものです。

 

例えば、ちょっと無理をして旅行に行ったとします。

お金を使いすぎたかな?と心配になるかもしれませんが、その経験はなかなか得られないもののはず。

 

実際にお金を使いすぎていたとしても、自分を成長させるために使ったと思えば、気が晴れるのではないでしょうか。

 

お金を使いすぎないと見られない景色も

お金を使いすぎないと見られない景色というのは、確かに存在します。

使わなければ得られない経験、ですね。

 

この経験というのは変えがたいもので、人生を豊かにしてくれます。

 

例えば、趣味にお金を使いすぎたと感じることもあるでしょう。

でも、お金を使わなければ、趣味のレベルをアップさせられませんよね。

趣味のレベルが上がれば、交友関係が広がるのも期待できるし、うまくいけば副業にしたりお金を稼げるようになるかもしれません。

 

長い人生なので、お金を使いすぎてしまっても、それでしか見られない景色を覗いてみるのも良いと思います。

 

【まとめ】お金を使いすぎての罪悪感は減らせる

お金

以上の3つのことを意識すると「お金を使いすぎた…どうしよう…」という罪悪感を減らせると思います。

 

  • お金は、使う人のところに回ってくる
  • 何にお金を使いすぎたか把握することが大切
  • お金を使いすぎて良くなる場合もある

 

お金はとても大事なので、使いすぎると不安に感じてしまうこともあるでしょう。

ですが、使わないと入ってこないお金もあるし、使えば必ず何かの役に立っています。

 

お金を使いすぎての罪悪感は、ただ悩んでいるだけでは解決されません。

 

どうせ使ってしまったのなら考え方を変えて、余計な悩みを増やさないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました