お金は何に使う?使った未来が想像できれば、人生は豊かになる

モチベーションを上げる
スポンサーリンク

「お金を何に使うのが正解か分からない」

「お金の正しい使い道が知りたい」

 

こんな風に考えている人はいませんか?

 

ぼく自信、お金を何に使うのが正しいのか分かりませんでした。

衝動買いなどをした後は、罪悪感を感じてしまっていた頃もあります。

 

かいぞう
かいぞう

何にお金を使うと、将来性があるのか分からない…。

 

そんなことを考えていましたが、今では未来に繋がるお金の使い方ができるようになりました。

 

ぼくがお金を使う際には、以下のようなことを意識しています。

 

  • お金を使ったら、全て自己投資だと考える
  • お金を使った先の未来を想像して、ワクワクする
  • 何に使うのかは、絶対に自分で決めて使うべき

 

以上の3つのことを意識すれば「お金を何に使うのが正解?」という疑問を減らせます。

結果的に、正しくお金が使えるようになり、気持ちの良い人生が送れるようになるはずです。

 

この記事は「お金の使い方が分からない」「何にお金を使うのが正解が分からない」と考えている人に、読んで欲しいと思います。

お金を使うのに躊躇せず、気持ち良くお金が使えるような人生を送っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

お金を使ったら、全て自己投資だと考える

お金

何にお金を使うのが良いのか分からない人は、自己投資にお金を使いましょう。

自己投資であれば、お金を使うことに罪悪感を感じないからです。

 

自己投資と聞けば難しく考えるかもしれませんが、なんでも構いません。

 

例えば、漫画や映画でも自己投資になります。

自分の考え以外のことが知れたり、知識が増えたりしますよね、立派な自己投資です。

 

自己投資にお金を使うことによって「何にお金を使うべき?」という悩みはすぐに解決します。

 

他人にとっては無駄遣いでも、自分にとっては有意義な場合もある

どんなお金の使い方をしても、全て「自己投資」という言葉で片付けてしまえば良いですよ。

他人になんと思われようが、自分が自己投資と決めたのなら、それが正しい考え方です。

 

外食をした、タクシーに乗ったなども、自己投資です。

 

一般論として、外食よりも自炊が良いとされています。

でも、外食のほうがおいしいご飯が食べられるという人もいるはずです。

そうなれば、幸福度が高いのは外食でしょうか?自炊でしょうか?

外食のほうがおいしいのであれば、幸せなのは自炊ではなく外食ですよね。

 

この、幸せだという気持ちも自己投資です。

幸せを感じれば、やる気も出ます、明日からも頑張ろうという気持ちになるはず。

 

「外食をしてしまった…」と落ち込むよりは「良い自己投資をした!」と思い込んで、気持ち良くお金を使ったと考えるようにしましょう。

 

お金を使った先の未来を想像して、ワクワクする

お金

何にお金を使うのが良いのか分からないという人は、お金を使った先の未来を想像していますか?

明るい未来が想像できると、気持ち良くお金が使えますよ。

 

何か物を買って「明日からの生活がワクワクする」のであれば、それは正しいお金の使い方をしたということです。

 

例えば、家電製品を買ったとしましょう。

ロボット掃除機なんかが良いかもしれませんね。

これを買うことによって、あなたは明日から掃除をほとんどしなくても良くなります。

 

どうですか?ワクワクしませんか?

その時間を何に使おうか、と想像しますよね。

 

このように、お金を使った先の未来にワクワクできれば「何にお金を使うのが正しいのか?」という疑問を解消できます。

 

ストレス発散のためにお金を使うのはやめたほうが良い

何にお金を使うが正解か分からない、でもストレス発散のためにお金を使ってしまう。

そんな生活をしている人は、今すぐに改めましょう。

 

ストレス発散のために物を増やしても、それは余計なストレスを生みます。

 

例えば、先ほどのロボット掃除機。

ワクワクするのなら良いですが、掃除が好きな人にとってはどうでしょう?

結局自分で念入りに掃除をするのであれば、無駄遣いですよね。

ストレス発散のために買った物なのに、余計なストレスを生んでしまいます。

 

無駄遣いかどうかは、結局は自分の気持ち次第です。

しかしそれは「お金を使った未来にワクワクできるかどうか」を基準として、判断するようにしましょう。

 

何に使うのかは、絶対に自分で決めて使うべき

お金

お金を何に使うのが良いか分からない人は、他人の意見に流されてお金を使っていませんか?

それは幸福度が下がるので、絶対にやめておいたほうが良いです。

 

買いたい物ややりたい経験は必ず自分で決めましょう。

 

友達におすすめされたから物を買う。

SNSで話題だから、体験してみる。

これでは、自分でお金の使い方を決めていないので、失敗したら後悔してしまいます。

 

自分で決めたことなら「経験」や「自己投資」として片付けられます。

ですが、他人におすすめされた物で後悔してしまっては、納得のいくお金の使い方とはならないはずです。

 

広告に惑わされない心を持つのも大事

世の中は、たくさんの広告に溢れています。

外に出なくても、ネットやSNSの広告を見ない日はありません。

 

そんな広告に心躍って買い物をして、後悔してしまった経験はありませんか?

 

ぼくは、正直何度もあります。

なんとなくネットの広告で見た商品が気になって「自分にはそれが絶対に必要なんだ」と思い込み、買ってしまい、結局あまり使わずに後悔してしまう…。

 

もちろん、教訓にはなるし、それも良い経験なのかもしれません。

ですが、自分で悩み抜いて失敗をしたほうが、間違いなく良い教訓になるんです。

衝動的に「買わされた物」は、できるだけ減らしましょう。

 

何にお金を使うのが良いか分からなくても、自分で判断した上でお金を使うという意識を持つようにしてみてください。

 

【まとめ】明るい未来のために、正しくお金を使おう

お金

以上の3つのことを意識すれば「何にお金を使うのが正解か?」という悩みを解決できるはずです。

 

  • お金を使ったら、全て自己投資だと考える
  • お金を使った先の未来を想像して、ワクワクする
  • 何に使うのかは、絶対に自分で決めて使うべき

 

何にお金を使うのが良いのかなんて、誰かのアドバイスで決めることではないと考えています。

自分で決めることで「悩んだ経験」にもなるし「情報に惑わされない力」も養えるからです。

 

未来を想像できるお金の使い方を目指せば、何に使うのが正しいのかも自ずと見えてくるはず。

 

もし今、何にお金を使うのが良いのか分からないという人は、自分のお金の使い方と普段の生活について、今一度考え直してみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました