仕事に行きたくないから休むのは正当防衛。休んでもいい3つの理由

人生をコントロールする
スポンサーリンク

「どうしても会社に行きたくない」

「会社に行きたくないから今日は休みたい」

 

そんな悩みを抱えている人はいませんか?

 

仕事に行きたくないから休む…というと、罪悪感を抱えるかもしれません。

ですが、罪悪感を感じなくても良いとぼくは考えていて、仕事に行きたくないな休むのもおすすめだと思っています。

 

かいぞう
かいぞう

真面目な人ほど、休むのに悪気を感じてしまうんですよね。

 

仕事に行きたくないという理由だけで休むのは、責任感がないと思われるかもしれません。

ですが、嫌々ながらの出社を続けていたり、休まずに我慢していると、仕事のストレスが大きくなってしまうかもしれません。

 

仕事に行きたくないなら休むべき理由は、以下の3つです。

 

  • 限界を迎えると強制的に休まなければいけない
  • 休むことでかえって仕事効率化になることもある
  • 心と体を休ませてリフレッシュすることも大切

 

この記事を読んで頂ければ、休むことに罪悪感を感じず、前向きに仕事を休めるようになると思います。

結果的に仕事に対する意識を低下させることなく、気持ちよく働き続けることにも繋がるでしょう。

 

この記事は「仕事に行きたくないから休みたい」「休むことに罪悪感を感じている」という人に、読んで欲しいと思います。

仕事に行きたくないから休むのは、正当防衛です。

 

しっかり休んで、無理のない仕事生活を送っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

①限界を迎えると強制的に休まなければいけない

悩む

仕事に行きたくないのに、無理やり仕事に行っていると、いつか限界を迎えます。

休むという選択肢がなければ、常に心や体をいじめている状態。

 

限界を迎える前にしっかり休まなければ、強制的に休むことになってしまいます。

 

これは「心を病んでしまう可能性がある」ということです。

実はぼく自身は、これを経験しました。

仕事に行きたくないながらも休むことができず、最終的にうつ病になり強制的に休むことになったのです。

 

心を病んでしまったら、後々の人生にも大きく影響があります。

しっかり休むことで、精神疾患の可能性を減らせ、職を失うリスクも減らせるでしょう。

 

心がきついなら心療内科や精神科で相談を

仕事に行きたくないと、常々思うのであれば、心療内科や精神科を受診しましょう。

「馴染みがないから嫌」「大袈裟」と思うかもしれませんが、その油断が命取りになる場合もあるのです。

 

しっかり専門家に診てもらうことで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

  • 相談することで、仕事に行きたくない理由がハッキリする
  • 通院のために休むのは正当な理由なので、罪悪感がない
  • 場合によって薬を処方してくれて、心が楽になる
  • 人間関係の悩みを解消する手助けをしてくれる

 

心療内科や精神科を受診することで、以上のような効果が期待できます。

いつもいつも仕事に行きたくないなら、休むついでに病院を受診してみてください。

 

②休むことでかえって仕事効率化になることもある

仕事の談笑中

仕事を休むことで、かえって仕事効率化の方法になることもあります。

職場の意識が変わることが、期待できるからです。

 

  • 部下の自主性や成長が期待できる
  • 一人欠けてもうまくいく仕組みが作られる
  • 上司から必要な人材だと再認識してくれる

 

結果的に、職場に程よい緊張感と効率化がもたらされる場合もある、ということです。

 

休むことで職場の活性化に繋がる場合も

皮肉な話かもしれませんが、あなたが休むことによって、周りの人が積極的に働くこともあります。

責任感や連帯感が生まれ、いつもよりもスピード感のある働き方を意識するようになるからです。

 

これは、ネガティブに考えるのではなく、ポジティブな変化と受け入れましょう。

 

あなたが休むことによって、あなたの良さや大切さを知らしめることにもなります。

そうなれば、あなたの社内での価値は上がり、必要な人材として再認識してくれるはずです。

 

仕事に行きたくない時は、おもいきって休む。

それで職場の活性化に繋がることもあるので、必要以上に責任感を抱えることがないようにしてみてください。

 

③心と体を休ませてリフレッシュすることも大切

悩みを抱えている

仕事に行きたくないから休むのは、リフレッシュの為に必要です。

我慢して仕事をしていては、ずっとストレスを溜め込んでしまうことになりますよね。

 

休むなら罪悪感を抱えずに、おもいっきりリフレッシュしましょう。

以下の2つなら、どちらが仕事が捗ると思いますか?

 

  • ずっと我慢して働いて、仕事に身が入らない
  • たまに休んでリフレッシュして、前向きに働く

 

確実に、後者のほうが効率良く働けると思います。

 

結果的に、仕事に対する意欲を復活させたり、やる気を回復させることにも繋がります。

 

ずっと休まずに働いている人はほとんどいない

あなたの周りに、一度も休んだことがない人はいますか?

おそらくどんな人でも、休んだことはあります。

 

それは病気なのか、予定の為なのか、それともサボりなのか、結局は本人にしか分かりません。

 

休むというのは、全員が経験することなので、あなたが「仕事に行きたくないから休む」のも仕方がないことなのです。

 

会社に対しては「仕事に行きたくないから休みます」と正直に伝える必要はありません。

適当な理由を付けて、休む連絡を入れれば良いのです。

 

しっかりリフレッシュすることを目的として、しっかり休む。

これは正当な自己防衛と仕事効率化のための手段なので、休むことに罪悪感を感じないようにしてください。

 

【まとめ】仕事に行きたくないならおもいきって休もう

悩む女性

仕事に行きたくないから休むというのは、ただ単純に気合いが足りないからではありません。

しっかり休むことで、好影響をもたらすこともできるのです。

 

  • 限界を迎えると強制的に休まなければいけない
  • 休むことでかえって仕事効率化になることもある
  • 心と体を休ませてリフレッシュすることも大切

 

休むことに、負い目を感じないでください。

仕事に行きたくないなら、しっかり心と体を休ませることも大切。

 

転職するしかない…エージェントに仕事を紹介してもらったほうが良いんじゃないか…と思うかもしれませんが、まずは休むという選択肢を選びましょう。

 

仕事に行きたくないから休むのは、正当な理由です。

しっかりメリットを感じて休むことができるよう、自分でメンタルをコントロールしていきましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました